• 2017年10月17日 育毛剤
    リニューアルされたイクオスの効果は?口コミや評価をリサーチ!
  • 2017年10月17日 抜け毛防止
    フィンジアの評価と評判って実際どうなの? 浸透して効果を発揮
  • 2017年10月17日 抜け毛防止
    リアップの気になる評判とは?価格や評価から分かる本当の効果
  • 2017年10月17日 抜け毛防止
    チャップアップの真実~口コミや評判を徹底リサーチ~
  • 生え際をチェックする男性
    2017年9月6日 おすすめシャンプー
    13代目スカルプDの口コミや評判はいかに? ~薄毛予防のお供に~
  • 頭
    2017年9月6日 シャンプーの口コミ・評判
    効果なしって本当なの?スカルプDを正しく使って薄毛改善
  • シャンプーする男性
    2017年9月6日 頭皮をケアする方法
    頭皮に良いシャンプーはアミノ酸系!
  • くしに絡まる抜け毛
    2017年8月22日 抜け毛防止
    頭皮に刺激を与えた後の対策~抜け毛を防止するために知るべきこと~
シャンプーする男性

洗浄力の違いによる頭皮トラブル

あなたの髪と頭皮に合わせたヘアケアを。自分の頭皮と髪のタイプにあったヘアケアを使う必要があります。

女性用育毛剤ならスカルプエッセンス | 予防医学のアンファーストア

頭皮にはタイプがある!?

人の頭皮はいくつかのタイプに分かれていて、性質にあった洗浄力のシャンプーを使わないと頭皮トラブルを巻き起こしてしまうことがあります。 たとえば、シャンプーを利用していて下記のような経験はありませんでしょうか。

 

  • シャンプーした直後でも髪の毛がベタつく
  • シャンプーをした直後は綺麗だが、一日たつとベタついてくる

 

こうした症状が起きている場合、今使っているシャンプーが合っていない可能性が高いです。 具体的にどういった問題があるか、どういったシャンプーを使えばいいかを見てみましょう。

シャンプー直後でベタ付く場合

シャンプー直後でも髪がベタついてしまう場合は、シャンプーで皮脂を余分に落として、皮脂の分泌が過剰になってしまっている状態になります。 改善のためには、洗浄力がもう少し穏やかなシャンプーを選ぶようにしましょう。

シャンプー直後は綺麗でも1日たつとベタつく場合

シャンプー後から1日中ベタついてしまう場合は、シャンプーの洗浄力が弱くて汚れが落としきれていない状態になります。 改善のためには、洗浄力がもう少し強いシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

では、次の項目では頭皮に良いシャンプーとはどういったものかをもう少し具体的に紹介していきます。

アミノ酸シャンプーが頭皮に良いといわれる理由

多くの場合は、ドラッグストアやスーパーで販売されているシャンプーを普段からも利用していることでしょう。 こうした一般的なシャンプーは「高級アルコールシャンプー」というシャンプーで、泡立ちがよく洗浄力が強いものになっています。 このシャンプーで先に挙げたような1日たつとベタつくという症状が出ている場合は、頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを利用してみましょう。 アミノ酸シャンプーはアミノ酸系の界面活性剤が使用されているシャンプーで、低刺激で必要以上に皮脂を落としすぎないのが特徴です。 保湿性があって頭皮が乾燥してしまうのを防いでくれるため、アミノ酸シャンプーは頭皮に良いシャンプーともいわれています。 頭皮は乾燥することによってかゆみや乾燥性フケ(乾燥していて、細かくさらさらしたフケ)といった症状が出てしまいますので、こうした症状に悩んでいる人にもアミノ酸シャンプーはおすすめです。

頭皮の状態で使い分け!アミノ酸シャンプーの種類

アミノ酸シャンプーにも種類がある

一口にアミノ酸シャンプーといっても、アミノ酸シャンプーにも複数の種類があります。 メチルアラニン系、ココイル系、ベタイン系の三種類に分かれていて、それぞれ特色があります。

メチルアラニン系

一般的に頭皮に優しいために洗浄力も抑えがちになるアミノ酸シャンプーですが、その中で洗浄力も高い成分が「ラウロイルメチルアラニンNa」です。 ただ、その分成分価格が高いために他のアミノ酸成分(ココイル系やベタイン系)が追加されて販売されているものが多いです。 また、「ラウロイルアスパラギン酸」という成分が「ラウロイルメチルアラニンNa」に近い性質をもっているため、このラウロイルアスパラギン酸が代わりに使われることがあります。

ココイル系

ココイル系アミノ酸は成分の名称に「ココイル」とついているために分かりやすくなっています。 非常に多くの種類がありますが、基本的には泡立ちが少なく、感触もさっぱりしているのが特徴的です。ただ、界面活性剤が含まれている場合は、 泡立ちや洗い上がりがそうならないこともありますので注意が必要です。 頭皮に優しい分、洗浄効果も低めになっています。

ベタイン系

ベタイン系もココイル系と同じように、成分の最初に「ベタイン」とついているために分かりやすいです。 頭皮への効果や洗浄力についてはココイル系とほとんど一緒になりますが、洗い上がりについてはココイル系と違い、しっとりした感触になります。

 

このような違いがありますので、アミノ酸シャンプーを選ぶ時はメチルアラニン系+ココイルやベタイン系といったように成分が組み合わせられているものを選ぶようにしましょう。

要注意!アミノ酸配合シャンプー

アミノ酸シャンプーを選ぶにおいて、注意しなければいけないことが1つあります。 それは「アミノ酸配合シャンプーとの違いを見分けなければいけない」ということです。

 

アミノ酸配合シャンプーはアミノ酸シャンプーと違い、普通のシャンプーにアミノ酸の洗浄剤を少しだけ加えたものになっています。一般的な高級アルコール系シャンプーの成分がほとんどになっていますので、間違えないようにしましょう。 高級アルコール系のシャンプーに含まれている「スルホン酸」「ラウリル酸」「ラウレス酸」といった成分が入っていないか成分表をチェックすると分かりやすいです。

頭皮の状態から選ぶシャンプー

シャンプーの画像

髪のベタつきの原因と解消方法。 髪にツヤを取り戻すオイリーヘア対策は?

 

頭皮のトラブルごとに、どういったシャンプーを使った方がいいかをまとめてみました。 頭皮トラブルで悩んでいる人は悩み改善のためにシャンプーの変更を検討してみましょう。

湿ったフケの場合

フケが湿っている場合は、過剰な洗浄力や洗浄力不足による皮脂の過剰分泌の可能性が高いです。ココイル系、ベタイン系、メチルアラニン系が含まれているアミノ酸シャンプーを選ぶといいでしょう。

乾燥フケの場合

乾燥気味のフケが出る場合は、同様に頭皮も乾燥している状態になります。 シアバターやホホバオイル、馬油などの油性の保湿成分が含まれているアミノ酸シャンプーが最適です。

かゆみの場合

かゆみについては皮脂汚れや頭皮の乾燥のせいで痒みがでていることも多いですが、雑菌やカビが繁殖してしまっていることもあります。頭皮が乾燥しているかどうかでシャンプーを選びながら、あわせて抗菌剤が配合されているものを利用するようにしましょう。

ニオイ対策の場合

抗菌作用のあるアミノ酸シャンプーやベタイン系のシャンプーを使うといいでしょう。 あわせて、シャンプーの仕方や髪の洗い方・乾かし方を見直す必要があります。

アミノ酸シャンプーの中から自分にあったものを選ぼう

アミノ酸シャンプーは頭皮への刺激が少なく、必要以上に皮脂を落としすぎないのが特徴です。 保湿効果もあって頭皮の乾燥を防いでくれるので、頭皮の予防・状態を改善させるために最適なシャンプーといえます。 ただ、アミノ酸シャンプーには複数の種類があるので、アミノ酸シャンプーに含まれている成分を確認しながら、頭皮の状態によってシャンプー選びをするようにしましょう。 適切なシャンプー選びは、頭皮の予防・状態を改善させるための一番の近道です。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮をケアする方法】の関連記事
  • リニューアルされたイクオスの効果は?口コミや評価をリサーチ!
  • フィンジアの評価と評判って実際どうなの? 浸透して効果を発揮
  • 生え際をチェックする男性
    13代目スカルプDの口コミや評判はいかに? ~薄毛予防のお供に~
  • 頭
    効果なしって本当なの?スカルプDを正しく使って薄毛改善
  • シャンプーする男性
    頭皮に良いシャンプーはアミノ酸系!
  • くしに絡まる抜け毛
    頭皮に刺激を与えた後の対策~抜け毛を防止するために知るべきこと~
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。