毎日のお風呂に欠かせないシャンプー。
ドラッグストアなどに行くとさまざまな種類が売られているので、どのシャンプーを選べばいいか迷ってしまいますよね。
そこでどのシャンプーが良いかネットで調べると…「市販のシャンプーは危ない!」という情報が大量に出てきて、思わずゾッとした人も多いのではないでしょうか?
しかし、本当に市販の安いシャンプーは危険なのでしょうか?今回はその点について詳しく調べてみました!

「市販の安いシャンプーは悪」は間違い!?ネットのニセ情報に騙されないで!

フェイクニュースのイメージ

お悩み女子
「お店で売ってる安物のシャンプーは危険!」ってよくネットで見るけど本当?
いままでずっとお店のシャンプーを使ってたからすごく心配・・・

先生
確かに良いシャンプーについて検索すると、必ずといっていいほど市販の安いシャンプーがいかに悪いか、という情報が見られますね。
では、まずは安いシャンプーがなぜ悪いのかをまとめてみましょう。

【おさらい】市販の安いシャンプーが悪い理由まとめ

  1. 洗浄力の強すぎる高級アルコール成分が、髪を守る最低限の皮脂を取り除く!
  2. 市販の安いシャンプーの主な成分はラウレス硫酸・ラウリル硫酸。この二つの成分は刺激が強く、髪や頭皮に悪影響!
  3. 成分が台所用洗剤と同じ。市販のシャンプーで髪を洗うのは台所用洗剤で洗っているのと一緒!
  4. ラウレス硫酸・ラウリル硫酸のシャンプーは、髪にタンパク質変性を起こすため、髪がパサパサになる!
  5. 配合されているシリコンが髪を重くし、髪のボリュームがなくなる!
  6. 市販の安いシャンプーはアルカリ性。キューティクルにダメージを与え、髪が痛みやすい!
  7. シャンプーはすべて石油由来の合成界面活性剤。肌に浸透し、体に悪影響を与える!

お悩み女子
台所用洗剤と同じだったなんて最悪・・・これからは市販のシャンプーなんて絶対使わない・・・

先生
ちょっとまってください!市販の安いシャンプーがそんなにひどい成分なら、もっとたくさんの人に被害が出ているはずです!
こうした危険をあおるネット情報は、すぐ信じてはいけません!

髪に悪い理由は本当?一つ一つを調べてみました!

洗浄力の強すぎる高級アルコール成分が、髪を守る最低限の皮脂を取り除く!

結論
そもそも「皮脂を取りすぎても問題はない」

頭皮から分泌される皮脂は、頭皮や髪を保護する役割があります。
皮脂は大量に分泌されると臭いや髪のベタつきが現れますが、少なすぎても問題。髪のキューティクルがダメージを受け、髪がパサつく原因となるのです。

先生
…と、ここまではよく聞く「安い市販シャンプーが悪い!」という話ですよね。
ところが、この皮脂は頭皮が健康な状態であれば、たとえシャンプーで根こそぎ取り除いたとしても、すぐに分泌されます。

もちろん、皮脂が再び分泌されるまで、髪や頭皮へのダメージが気になるでしょうが、そんな時のためにコンディショナーやトリートメントがあるのです。
シャンプーだけで済ませる人も少ないでしょうから、皮脂が取り除かれることに神経質になることもないでしょう。
ただ、体質的に皮脂が少ない乾燥肌タイプの人や、洗浄力の高い成分にかぶれやすい敏感肌の人は問題となるため、そういった人はさらに低刺激のシャンプーを使いましょう。

市販の安いシャンプーの主な成分はラウレス硫酸・ラウリル硫酸。この二つの成分は刺激が強く、髪や頭皮に悪影響!

【結論】
現在では安い市販シャンプーも低刺激の成分を使用している。

「市販のシャンプーは悪い!」という情報のほとんどは、この2つの洗浄成分がいかに髪に悪いかということを指摘しています。 しかし実際には、

  • ラウリル硫酸…皮膚への毒性はないが、肌への刺激が問題視された。現在ではほとんどのシャンプーに配合されていない
  • ラウレス硫酸…名前は似ているが、ラウリル硫酸よりも低刺激。現在多くのシャンプーに使われている

ということで、最近では主に刺激の低いラウレス硫酸系が使用されています。
さらに、大手メーカー側も肌への刺激を抑えるために工夫をしています。
「ラウレス硫酸アンモニウム」などのように、アンモニウムを加えて分子量を増やし、肌への浸透力を低くすることで、刺激をさらに低下させているのです。

先生
もちろん、1番肌への刺激が弱いアミノ酸シャンプーに比べれば、刺激があるともいえます。
肌が弱い人や、頭皮に炎症がある人、アレルギーを持っている人であれば、低刺激のアミノ酸系シャンプーがおすすめですね。

成分が台所用洗剤とほぼ同じ。市販のシャンプーで髪を洗うのは台所用洗剤で洗っているのと一緒!

【結論】
「成分が台所用洗剤と同じ」という理屈がそもそも間違っています!

台所用洗剤の成分には、シャンプーにも含まれている「ラウレス硫酸」系洗剤が含まれています。
シャンプーの有害性を訴えるサイトでは、このことから「安い市販のシャンプーは台所用洗剤と同じ」ということを論じていますが、はっきりいってこれは「暴論」といえます。 この理屈が間違っている理由は3つ。

  1. 洗剤とシャンプーでは、配合されている「ラウレス硫酸ナトリウム」の量が違う
  2. 洗剤にはがんこな汚れを落とすため、肌に刺激を与える成分が多く含まれている
  3. シャンプーは肌への刺激を抑えるため、さまざまな成分が配合されている

台所用洗剤は油汚れを落とすため、成分中に含まれるラウレス硫酸ナトリウムの量も、シャンプーに比べて多く配合されています。
また、台所用洗剤は洗浄力を高めるためにLASなどの強力な洗浄剤が含まれている場合や、洗い上がりを良くするためにキレート剤や酵素、漂白剤なども含まれていることがあります。

先生
もちろん、台所用洗剤も手荒れを防ぐため、肌に影響を与えないようさまざまな工夫をしています。
しかし、しつこい油汚れを手軽に落とせるよう、非常に強力な洗浄力を持っているので、シャンプーには適していません。

対してシャンプーは、同じラウレス硫酸ナトリウムを含んでいるものの、頭皮に影響が出ないようメーカーが配合量を10~15%程度に調整しています。
シャンプーを使用する時は髪が濡れた状態なので、ラウレス硫酸はさらに希釈され、およそ数%程度にまで濃度が低下されると思われます。
さらに、シャンプーの成分中にもラウレス硫酸の刺激を抑える成分が含まれているので、洗浄力を保ちながらも頭皮への刺激は可能な限り抑えているのです。

ラウレス硫酸・ラウリル硫酸のシャンプーは、髪にタンパク質変性を起こすため、髪がパサパサになる!

【結論】
髪が健康的な状態なら、タンパク質が変性することはない!

髪の毛の主成分は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質。
これはサイの角やハリネズミの針の主成分であり、非常に強固な構造をしているのが特徴です。
現在シャンプーの主成分であるラウレス硫酸に、この硬いケラチンを変性させるほどの力はないため、使用したとしても髪が傷んでしまうことは「まず」ありません。

先生
「まず」とただし書きしたのは、ラウレス硫酸系シャンプーには多少なりとも刺激があるからです。
たとえばパーマやヘアカラー、縮毛矯正などの影響で、そもそも髪が極端に弱っていれば、ラウレス硫酸によるダメージを受ける可能性があります。

結論にも書いてあるとおり、髪が健康的な状態なら問題はありませんが、そもそも髪が弱っている場合、人によっては問題となる可能性があるわけです。

配合されているシリコンが髪を重くし、髪のボリュームがなくなる!

【結論】
シリコンは髪を薄くコーティングするだけなので、髪が重くなることはまずない!

「シリコンは頭皮の毛穴に詰まる」という話は有名ですが、シャンプーについて詳しく調べた人ならそれがデタラメだということはご存知のはず。
しかし、「使うことで髪のボリュームが落ちる」という話は信じている人も多いのではないでしょうか?
シリコンオイルは髪をコーティングするため、一見すると正しいように思えます。
ところが、シリコンオイルはすすぎ洗いをすることで、余分な量が洗い流されます。残ったオイルは髪を薄くコーティングするだけなので、髪を重くすることはないのです。

先生
ただし、シャンプーをよくすすぎ洗いしなかった場合、シリコンなどの成分がたくさん残り、髪のボリュームがダウンする場合があります。

シャンプーの成分が残っていると、頭皮への刺激も強くなるため、頭皮が刺激を抑えるためにたくさんの皮脂を分泌。
その結果髪がオイリーになり、髪が重くなることも考えられますね。

市販の安いシャンプーはアルカリ性。キューティクルにダメージを与え、髪が痛みやすい!

【結論】
ほとんどのシャンプーはpH7~8の中性から弱アルカリ性。髪に強いダメージを与えるとは考えにくい!

理科の実験などでよく耳にしたpH。
皮脂や油性の汚れは酸性なので、これを除去するためにアルカリ性の石鹸がよく使用されます。
高いアルカリ性の石鹸で髪を洗えば、髪のキューティクルが開いてしまい、髪が傷みやすくなります。
なので、石鹸のような強いアルカリ性のものは髪にとって悪影響を及ぼすのです。

お悩み女子
でも、結局シャンプーってアルカリ性なんでしょ?なら石鹸と同じように髪にも悪いんじゃないの?

先生
同じではありません!石鹸はおよそpH10前後に対して、市販されているシャンプーの多くはpH7~8のほぼ「中性」なんです!
おまけにシャンプーは使用するときに水で薄まりますし、すぐにすすぎ洗いしますから、髪への影響は「ほぼない」と考えられます。

もちろん、弱アルカリ性のシャンプーのみで髪を洗えば、多少のきしみやゴワゴワは現れます。 そこで活用できるのが「コンディショナー」なのです。
コンディショナーは弱酸性で作られているため、アルカリ性に偏った髪をすぐに元の弱酸性に戻してくれます。
また、市販のシャンプーには弱酸性の製品も売られているので、pHが気になる人はそういった商品を買ってもよいかもしれませんね。

シャンプーはすべて石油由来の合成界面活性剤。肌に浸透し、体に悪影響を与える!

【結論】
そもそも、「石鹸」以外の洗浄剤はすべて「合成界面活性剤」です。
また、シャンプーの成分が肌から体の中に入り込むことはありえません!

天然由来の成分の良さをアピールするため、市販の安いシャンプーを「合成界面活性剤だから悪い」と論じて、さも体に悪い化学成分のようなイメージを植え付けるサイトも多いです。
しかし、そもそも合成界面活性剤とは、石鹸以外の界面活性剤すべてを指す言葉なのです。
そう、「天然由来の成分」をアピールする石鹸系シャンプーやアミノ酸系シャンプーも、「石油由来の市販シャンプー」同様の合成界面活性剤。
言葉のイメージに振り回されてはいけません。

お悩み女子
でも、石油から作られるなんてやな感じだし…

先生
石油だって天然由来の成分ですよ? 天然のヤシの油脂を原料にした商品と、なにか違いはありますか?

お悩み女子
うっ…

さらに、「肌に浸透して体に悪影響を与える」というのも無理があります。
これはいわゆる「経皮毒」と呼ばれる考えに基づいており、肌から化学成分が吸収されることの悪影響を論じています。
しかし、どのような成分であれ、肌の角質層から下へ浸透されることはありません。
そもそも、どんな成分でも肌から吸収されるというのであれば、異物が体の中に侵入したことで発症する「アレルギー」が起こりまくりますし、病原菌やウイルスも肌から体内へ入り放題。とてもまともに生活することはできません。
基本的に、水と同じかそれよりも小さい分子量のものしか肌は通過しません。
「安いシャンプーを使っていたことで、羊水からシャンプーの臭いが…」なんて話は、完全に都市伝説といえますね。

お悩み女子
ふ~ん、市販の安いシャンプーを使っても特に問題ないんだね。
なら、今まで通り安いシャンプーを使っててもいいのかな?

先生
きちんとした企業が作ったシャンプーなら問題はないでしょう。
しかし、人によって肌や髪質に違いがある以上、市販のシャンプーが合わないという人もいるかもしれません。

お悩み女子
う~ん、今まで使ってたシャンプーに刺激とか、髪の傷みとかはなかったけど…
香りとかは微妙だったし、もっと髪をツヤツヤにできるシャンプーがあれば欲しいかな?

先生
それなら、他のシャンプーを探してみても良いかもしれませんね! 自分に合った、こだわりのシャンプーを探してみましょう!

ネットでコスパが良いとされるシャンプー5選!

シャンプーの良いイメージ

お悩み女子
ネットで売られているシャンプーって数が多いし、何を選べばいいのか正直わかんないんだよね…

先生
商品ごとに特徴があるので、解消したいお悩みやこだわりたい香りなどから選ぶといいかもしれません。
ただ、ネットで買うとなると価格が気になるところ。
そこで今回は、コスパが良いとされるシャンプーの中から、髪のさまざまなお悩みに対応できるものを選んでみました!

 髪の悩みを改善するにはどんなシャンプーを選ぶ?

くせ毛
梅雨の時期など、湿気の多い日になるとセットがしにくくなるくせ毛。
広がりやうねりを抑えるため、ヘアアイロンなどを頻繁に使用する人も多く、そのせいで髪が痛みやすい… そんなくせ毛の原因は、毛穴の向きが他の人と違っているから。頭皮のたるみや詰まりが起こると、毛穴の向きは変わりやすくなります。
そんなくせ毛におすすめのシャンプーは、頭皮ケアを目的としたシャンプー。
頭皮の環境を良くすることで、毛穴の向きが改善されやすくなります。
ツヤのないパサパサ髪
10代くらいのころは誰でも「天使の輪」ができるくらいツヤツヤだった人も、ヘアカラーのダメージや年齢による影響で、徐々にツヤを失ってしまいます。
髪にツヤがなくなってしまった最大の原因は、「髪の乾燥」。
そんなツヤのないパサパサ髪におすすめなのが、洗浄力の低いアミノ酸系シャンプーです。
また、シャンプーの中には保湿成分が含まれているものもあるため、そういった商品を選んでもよいでしょう。
枝毛・切れ毛
毛先が2股や3股に割れてしまったり、途中から切れてしまう枝毛や切れ毛。
髪のセットもしづらくなるため、うんざりしている人も多いはず。
枝毛や切れ毛への対処は、美容室などで毛先を切ってもらうのが1番です。
しかし、そもそもの原因から解消しなければ、いくら切ってもらってもきりがありません。
枝毛や切れ毛の原因は、ツヤのない髪同様に髪の乾燥。
なので、美容室でカットしてもらうと同時に、シャンプーを低刺激・保湿成分配合のものに換えることをおすすめします。
髪にボリュームがない・猫っ毛
髪が細くて猫っ毛な人は、ゆるふわなパーマがかかりやすいため、憧れる女性も多いはず。
しかし、この猫っ毛な髪質の人は、年をとって髪にボリュームがなくなると、とたんにぺちゃんこな状態になりやすいのです。
こういった髪のボリュームに悩む人には、髪にハリやコシを与えてくれるシャンプーがおすすめ。
また、低刺激のアミノ酸系シャンプーも、髪や頭皮へのダメージを抑え、ぺちゃんこな髪の予防や改善が期待できます。
頭皮のにおい・フケ
頭の臭いやフケに悩む女性は意外と多いもの。
どちらも人から不潔に見られやすいので、深刻に考えている人も少なくありません。
こうした頭皮のにおいやフケの原因は、人よりたくさんの皮脂が分泌される体質にあるかもしれません。
皮脂の洗浄力が高く、さらに保湿効果も得られるシャンプーを選ぶとよいでしょう。
また、注意してほしいのが、マラセチア菌が原因の「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」。
フケや臭いと同時に、強いかゆみがある場合、この皮膚炎を発症している可能性があります。
脂漏性皮膚炎の場合、皮膚科での治療が1番です。また、予防や改善のため、脂漏性皮膚炎を予防する医薬部外品のシャンプーを選ぶこともおすすめします。

くせ毛におすすめのシャンプー

クイーンズバスルーム

クイーンズバスルーム商品画像 http://queensbathroom.jp/contents/tryal_set/index.html?cats_sid=1.1.90.PONMu5ge28775292

【価格】

¥ 2,300(ヘアソープ+トリートメント+アメイジングシャインのお試しセットの場合¥ 1,300)

【内容量】

500ml(お試しセットの場合、10ml)

【1日1プッシュ(3ml)した場合のコスパ】

内容量:約166日分
1回あたりの値段/約13円
1ヵ月分のコスト/約390円

【特徴】

  • 保湿成分配合により、髪の摩擦によるダメージ抑制!
  • ヒアルロン酸・リピジュア・ひまわり油など、髪と頭皮を潤す成分を複数配合!
  • 頭皮への保湿ケア効果により、頭皮のたるみによるくせ毛が改善しやすくなる!

【口コミ】

  • くせ毛のせいで髪のセットがしにくかったんですが、このシャンプーを使ってから、髪のうねりが戻りにくくなりました!(28歳女性)
  • 使ってから1ヵ月です。まだ多少髪がハネることがありますが、かなり落ち着きましたね。さっとブラッシングするだけでまとまるから、朝も慌てずにセットできます♪(34歳女性)

ツヤのないパサパサ髪におすすめのシャンプー

守り髪 美髪ベースメイクシャンプー

守り髪公式画像 https://www.mamorigami.co.jp/

【価格】

¥ 2,800

【内容量】

400ml

【1日1プッシュ(3ml)した場合のコスパ】

内容量:約133日分
1回あたりの値段/約21円
1ヵ月分のコスト/約630円

【特徴】

  • ヘアカラーやパーマで傷ついた髪を、「ナノリペアー™CMC」が浸透補修!
  • ヒアロベール®が髪に吸着し、髪の乾燥を抑制&表面をなめらかに保ちます。
  • オレイン酸とビタミンEが豊富なアルガンオイル配合。髪に自然なツヤと栄養を与えてくれます。

【口コミ】

  • 髪への保湿・補修成分が豊富に配合されているので買ってみました。髪がかなり傷んでいたのが悩みでしたが、最近ではツヤツヤになり、5歳くらい若返った気持ちです。(38歳女性)
  • アロマ系のローズの香りがいい感じ!毎日髪を洗うたびに癒やされます(26歳女性)

枝毛・切れ毛におすすめのシャンプー

アスロング

アスロング公式画像 https://goo.gl/vhWZ1X

【価格】

¥ 3,980(シャンプー+トリートメントの価格)

【内容量】

200ml(トリートメント:170g)

【1日1プッシュ(3ml)した場合のコスパ】

内容量:約66日分
1回あたりの値段/約30円(シャンプーの価格は2,000に定義)
1ヵ月分のコスト/約900円

【特徴】

  • 髪の成長と美しさを補う「キャピシル」を配合!
  • ベビーコラーゲン配合により、髪や頭皮を洗いながら潤してくれる!
  • 専用のトリートメントはアボガド・アルガンオイルとリンゴ果実エキスを配合。洗い上がった髪の保湿&ダメージ補修もバッチリ!

【口コミ】

  • ちょっと量は少ないですが、洗い上がった感じが他のシャンプーとは全く違います!髪もかなりツヤツヤしてきて、かなり良いシャンプーです!(23歳女性)
  • このシャンプーを使ってから、髪の指通りもよく、見た目もツヤツヤに。ずっと使い続けたいシャンプー(37歳女性)

髪にボリュームがない・猫っ毛におすすめのシャンプー

haru 黒髪スカルプ・プロ

haruスカルプシャンプー画像 https://goo.gl/EqunnJ

【価格】

¥ 3,600(定期購入なら、¥ 2,880)

【内容量】

400ml

【1日1プッシュ(3ml)した場合のコスパ】

内容量:約199日分
1回あたりの値段/約27円
1ヵ月分のコスト/約810円

【特徴】

  • 髪や頭皮のエイジングケアに働きかける「キャピシル」を始め、22種類のエイジングケア成分を配合。年齢によるボリューム低下や髪のベタつきを改善!
  • 海水や海藻由来のミネラルを特別に配合。頭皮環境を整え、若々しいつややかな黒髪が得やすくなる!
  • 天然ヤシ由来の洗浄成分により、頭皮に蓄積した髪のスタイリング剤などの汚れをしっかり洗浄!

【口コミ】

  • 無添加のオーガニック系シャンプーを探していた時に、このシャンプーを見つけました。泡立ちもよく、コンディショナー不要で洗えるのが嬉しいですね(42歳女性)
  • 30代になり、髪のツヤのなさや傷みが目立つようになりました。そこでこのシャンプーを使い続けたところ、徐々に髪の調子も良くなりました!髪に悩んでいる人は一度使ってみて!(31歳女性)

頭皮のにおい・フケにおすすめのシャンプー

スカルプD ボーテ

スカルプDボーテ公式画像 https://goo.gl/EqunnJ

【価格】

¥ 3,900(定期購入なら¥ 3,315)

【内容量】

350ml

【1日1プッシュ(3ml)した場合のコスパ】

内容量:約116日分
1回あたりの値段/約33円
1ヵ月分のコスト/約990円

【特徴】

  • 脂性タイプ・乾燥タイプ・混合タイプと、個人の頭皮のタイプに合わせたシャンプーが選べる!
  • 頭皮に負担の少ないアミノ酸系シャンプー!しかも濃密弾力泡によって洗い上がりもさっぱり!
  • 国産大豆3種から抽出した「ソイセラム」により、頭皮や髪をしっとり保湿!

【口コミ】

  • わたしは頭皮がオイリーなので、臭いやフケがコンプレックスでした。スカルプDボーテはわたしのようなオイリータイプにも対応しているので、使い続けてから臭いやフケもなくなりました!(25歳女性)
  • 頭皮ケアのために買いましたが、洗い上がりも良いですね!髪のきしみも感じにくく、翌朝の髪もぺたんこになりません。かなりお気に入りです(33歳女性)

【コスパ最強】おすすめシャンプーナンバー1はこれだ!

OKサインの女性

haru 黒髪スカルプ・ケア
haru黒髪シャンプー画像2
【1位に推した理由】
価格面だけでいえば、「クイーンズバスルーム」や「守り髪」の方が安かったです。
しかし、この2つのシャンプーは専用のトリートメントも使用しなければならないため、「トリートメントいらずで洗える」とされるharu 黒髪スカルプケアが最もコスパが良いと判断しました!
価格以外にも、配合されている成分が非常に優秀です。 きれいな黒髪になるために欠かせない成分「ヘマチン」を配合しているからです。
昨今は「黒髪ブーム」で、女優さんのような艷やかな黒髪に憧れる人も多いはず。ヘマチンは、髪の色素であるメラニンに働きかける成分なので、使用することで黒髪がさらにきれいに映えやすくなります。
また、オリーブやオレンジに含まれる天然の精油が配合されているのも良いですね!
香りがよいのもさることながら、シャンプー中の髪のダメージを防ぎ、髪のぱさつきを抑えてくれます。
このシャンプーは年齢の高い人向けの商品ですが、若い人にも嬉しい効果があるので、どの年齢の方にもおすすめできますよ!

まとめ

髪サラサラなイメージ

シャンプーを選ぶ時は、化粧品と同じように、自分に1番合った商品を選ぶようにしましょう。
単純に「安物はダメ。高い商品が良い」というものでもないので、いろいろなシャンプーを試し、自分の髪質や肌に合う「オンリーワン」のシャンプーを見つけてみて下さいね。

おすすめの記事