薄毛に悩む女性に人気なのが女性用育毛剤です。最近は各メーカーから沢山の種類の育毛剤が販売されています。その中でもパラベンなどの防腐剤や、合成着色料、合成香料、シリコンなどを使用していない、無添加な育毛剤の人気が高まっています。無添加の女性用育毛剤は、頭皮に有効に働く植物成分が主成分となっています。センブリエキス、セイヨウハッカエキス、ビワノ葉エキス、ホウセンカエキス、バンジロウ葉エキスなど、ヘアサイクルを健康にする天然エキスが使われています。育毛剤を頭皮につけるとこれらの有効成分が浸透し、毛根に働きかけて根本から丈夫な髪の毛になり、抜け毛になりにくくなります。乱れたヘアサイクルが改善されることで薄毛も目立たなくなっていきます。

おすすめの成分

加齢、ストレス、ホルモンの減少、生活習慣の乱れなどが原因で乱れたヘアサイクルを、健康な状態に導いて薄毛を予防する効果がある育毛剤です。女性の場合、更年期に突入すると女性ホルモンのエストロゲンが急激に低下することから、薄毛になりやすくなります。更年期に抜け毛が増えたら、女性ホルモンを活性化する大豆イソフラボン配合の育毛剤がおすすめです。大豆イソフラボンには、低下したエストロゲンを補う働きがあります。さらに保湿効果も高いので、頭皮に潤いをもたらしてくれます。髪の毛が細く栄養状態が悪い場合は、血行促進効果があるニンジンエキス配合の育毛剤が効果的です。ニンジンエキスには血行を良くして栄養を隅々まで浸透させる効果があります。

育毛剤とサプリメントで

女性の薄毛の悩みは40代以降の女性に多いものですが、ここ近年は20代や30代から薄毛に悩む女性が増加しています。原因として考えられるのは加齢によるものではなく、ヘアのおしゃれやスリム願望の強さからの無理なダイエットがあげられます。ヘアスタイルを色々アレンジして楽しみたいのは若い女性にありがちですが、やはりパーマやカラーリングは頭皮にも髪にも高負担をかけてしまうものです。する場合は適度に間隔をあけながらパーマやカラーリングを行うようにしましょう。また、過度のダイエットは髪に十分な栄養が行き渡らなくなる為に髪の毛が細くなったりします。代謝機能も下がりやすくなり頭皮の血行が悪くなりがちになります。頭皮にも髪にも栄養は必要なものです。血行不良や栄養不足に陥らないようにダイエットはほどほどが大事です。

髪を再び豊かにするには

薄毛対策としては育毛剤の使用やサプリメントの服用があげられます。女性の薄毛用の育毛剤には沢山の製品が販売されているので効果のある製品を選びだすのは大変です。そこで、多くの女性が購入している製品を選ぶのも1つの方法です。多くの女性に指示されているということは、それだけ薄毛に効果があるということでもあります。様々なお店やECなどで売上の上位にある育毛剤を試してみましょう。その際には人気の理由がわかるのであれば確認しておきます。安心感がありますし、使用していればこのような効果があるとあらかじめわかっていると前向きに続けることができます。サプリメントを服用し、体の内側から薄毛対策をするのも手軽でお勧めです。

髪の悩みは深刻

薄毛というとどうしても男性型脱毛症を想像してしまいますが、近年女性も同じように薄毛に悩む人が増えています。その原因として現代の女性の様々な生活習慣の変化が挙げられます。例えば昨今女性の社会進出が当たり前になりましたが、その分不規則な生活を送る女性が増えました。そのような生活が続けば当然体に変調をきたし、髪の生育に悪影響を与えます。また食生活の欧米化も大きな原因の一つです。高カロリー、高脂質の食事をとる機会が増え、かわりに髪の栄養分となるビタミンやミネラルが不足するという事態を招く結果となっています。さらにパーマやヘアカラーといった髪に直接ダメージを与える行為も見逃せません。こうした習慣が改善されなければ今後も薄毛に悩む女性は増え続けると考えられます。

男性とは異なる点

女性の薄毛の特徴としては髪全体がまんべんなく薄くなっていくパターンが多いという点が挙げられます。これはびまん性脱毛症といわれるもので男性にはあまり見られません。男性の場合は頭頂部や額など特定の部位から薄毛が進行することが多いですが、女性は全体的に進行し、気づいた時には髪のボリュームがなくなっていたということがよくあります。また女性特有の薄毛原因もいくつか存在します。先に述べた原因は男女ともに当てはまるものでしたが、女性には分娩後脱毛症というものがあります。これは妊娠中お腹の赤ちゃんに栄養分を供給することにより、一時的にホルモン量が減少してしまうことによって起こる薄毛です。これら女性特有の問題には男性とは異なる特別な手当てが必要となります。

頭の髪の毛が薄いと老けて見えるため、名古屋ではAGAの治療をする事が人気です。AGAの治療は多くの方法がありますが、名古屋で人気になっているAGAの治療が、薬剤を使用した方法です。最近ではAGAに効果の高い薬剤が開発されているため、そういった薬を利用する事で薄毛を改善する事が可能です。AGAに効果の高い薬剤を利用する事で、脱毛を抑制する事ができるため、抜け毛が減り髪の毛が増えます。また発毛を促す効果があるため、髪の毛のボリュームを増やす事ができ嬉しいです。AGAの治療では薬剤を使用する事が多く効果が高いため、世界中で評判が良いです。薬剤を使用して薄毛治療をする場合は、メリットとデメリットを確認して治療をする事が大切です。

薬の特徴を知る事が大切

AGAに効果の高い薬は2種類あり、名古屋ではフィナステリドという薬を使用する人が多いです。フィナステリドを継続して摂取する事によって、頭の皮脂腺の活動を抑制する事ができるため、抜け毛を減らす事ができます。薄毛治療として最も効果の高い薬の一つで、実績が高いため世界中で使用されています。もう一つがミノキシジルという薬で、血管の拡張効果が高いため、頭皮の血行を良くする事ができ薄毛を予防します。ミノキシジルは育毛剤に含まれている事も多く、頭皮に浸透させる事によって育毛を促します。名古屋にはAGA治療を行っているクリニックが多いため、自分の気に入ったクリニックで治療をする事が好ましいです。薬剤を使用してAGAの治療を行う場合は、薬剤の特徴を確認して治療をする事が肝心です。

薄毛を予防するには

AGA(男性型脱毛症)とは、額や頭頂部の髪の毛が薄くなってくる思春期以降の男性によく見られる薄毛の症状のことです。AGAは何もしないと進行していくだけなので、抜け毛が気になってきたら早めに治療をすることが大切です。普段の心がけも大事です。シャンプーをするときに強く頭皮を擦ったり、よく洗い流さなかったりすると、それが抜け毛の原因になります。また、シャンプーをすることで頭皮の皮脂バリアがはがれ、紫外線ダメージを受けやすくなるので、朝シャンは禁物です。自分の頭皮にあったシャンプーを使うことも大切です。ふけ・かゆみが気になるなら保湿成分が入ったしっとり系、べたつきが気になるなら毛穴を引き締める働きがあるさっぱり系がおすすめです。

病院で治療をする

育毛クリニックや皮膚科などに行けば、AGAの治療ができます。基本的にAGA治療は自由診療になるので、クリニックごとに費用の設定が違います。育毛クリニックを受診すると、最初に入念なカウンセリングや検査があり、初診料や処方代などで2万円近くの費用がかかるのが一般的です。1ヵ月に一回の通院で、通院するたびごとに1万円以上の費用がかかります。皮膚科は基本的に薬の処方だけなので、育毛クリニックの半分の費用で済みます。薬は3ヶ月ぶんくらいまとめて出してもらえる場合もあります。AGAを改善するには長い期間がかかります。根気強く続ける必要があるので、お財布の状態から長く通えるクリニックを見つけることが大事です。

おすすめの記事