スカルプケア用のアイテムに「育毛剤」と「発毛剤」があります。育毛剤も発毛剤も、抜け毛を予防できるアイテムです。しかし、両方似ているようでいて、微妙に効果・使用目的が違います。スカルプケアをするなら、それぞれの違いを理解して、自分の薄毛の状態にあったアイテムを使うことが大切です。基本的に、髪の毛が薄くなりはじめたときに使用するのが、育毛剤です。または、まだ薄くなる前の段階で、予防のために使うのもお勧めです。育毛剤には、頭皮環境を整えて、乱れてしまったヘアサイクルを修正する効果があります。また、清涼剤配合タイプなら、頭皮のべたつきや不快感が改善します。紫外線予防ができるタイプは、屋外に出かける前に使うと効果的です。どんな育毛剤であっても、抜け毛が本格的に増える前の段階で使うことで効果があります。育毛剤よりも刺激が強いのが発毛剤です。育毛剤は化粧品ですが、発毛剤は医薬品に分類されるものが多いです。そのため、頭皮環境を整える育毛剤と比較すると、劇的な発毛効果があります。発毛剤は、どちらかというと髪の毛がすっかり薄くなってから使うアイテムです。まだ抜け毛がそれほど多くない段階なら、育毛剤だけでも十分に効果があります。ただし、頭皮環境は人それぞれなので、自分の頭皮にあったタイプを使うことが大切です。頭皮にあった育毛剤で毎日丁寧にケアをすれば、発毛剤を使うまで抜け毛が悪化することがなくなります。

無料体験を受けてみる

テレビコマーシャルなどでもおなじみの「アートネイチャー」は、増毛で有名な企業です。増毛とは自分の髪に人工毛を装着し、薄毛を目立たなくするケアの事を言います。アートネイチャーは増毛の草分け的な存在で、新しい技術によって、ここ独自の増毛を行っています。ただ、増毛に興味があっても施術を受けるのに勇気が出ない・・、という方も多いでしょう。このような方は、まず無料増毛体験を受けてみる事をおすすめします。アートネイチャーでは、無料増毛体験を行っているのです。無料増毛では100本分の増毛体験が行えます。100本という数でも実際に増毛を受けてみれば、どのような変化があるのか、そして施術法などを知る事ができ、より増毛が身近に感じられるようになるのです。アートネイチャーの無料増毛体験では、増毛の体験だけでなくヘアチェックも行います。専門の機器を使い頭皮や髪の状態をチェックするのです。今現在の頭皮・髪の状態を知る事が育毛には大切な要素となります。無料でヘアチェックを受けられる無料増毛体験は、かなりお得なサービスと言えます。ヘアチェックだけでなく、自宅で行えるヘアケアのアドバイスも、受けられる手店も魅力です。アートネイチャーの無料増毛体験は、完全予約制となっています。まずは最寄の店舗に無料増毛が受けられるか、相談してみましょう。予約は電話連絡だけでなく、インターネット上からも行えます。インターネットでの予約であれば、時間を気にせずに済むので忙しい方も、予約しやすいでしょう。

どこで処方を受けるか

AGA治療には欠かせないプロペシアを処方してくれる医療機関が、神戸市には豊富にあります。そのため、一般病院でもAGA治療に特化した専門クリニックでも処方してもらうことが可能です。ただ、どちらで治療を受けるべきかは、個人の状況や考え方によって変わってくるため、メリット、デメリットを把握して選択する必要があります。一般病院の場合はプロペシアの一律処方が主となるため、多くの場合個人の状況に合わせた治療とはいかないでしょう。しかしその分、専門クリニックよりも費用を抑えた形でプロペシアを服用していくことができます。一般病院での費用は、神戸市を含め一度の処方で10,000円から15,000円程が相場となっているため、費用を抑えて服用したい場合は一般病院がおすすめです。また、それほど深刻な状況ではなく、予防的にプロペシアを服用していきたいと考える場合も、まず一般病院に相談してみると良いでしょう。専門クリニックの場合は、ビタミンや抗炎症剤、栄養剤などと、プロペシアを併せて処方することが基本となっています。それぞれの頭髪の状況を細かく検査し、現在の状態に適した組み合わせで、オーダーメイド処方してくれる専門クリニックが神戸市にもいくつかあります。費用面では一般病院よりも高額になりますが、効率的かつ高確率な発毛を目指すのであれば、専門クリニックでのプロペシア処方が良いでしょう。プロペシア自体は、発毛効果も実証的に認められている信頼できる薬なので安心して服用することができます。神戸市にお住まいの方も、一般病院、専門クリニックを上手に選択して服用していきましょう。

有効な発毛治療

AGAは進行性の脱毛症です。思春期以降の若い世代から中高年までの幅広い年代の男性が発症し悩みを抱えています。AGAを発症して薄毛状態から発毛させるには自毛植毛治療が有効です。自毛植毛とは薄毛部位に自分の毛髪を植えこむ治療方法です。自毛植毛は医療行為なので医師がいる自毛植毛専門クリニックや薄毛治療病院などで治療を行っています。自毛植毛治療にはニードル法、FUT法、FUE法の3種類があり、移植される髪の状態や本数、予算などを医師と相談して選ぶことができます。ニードル法は植毛用の針を使って頭皮に毛穴を作り毛髪を植え込んでいく方法です。毛穴の穴開けと植え込みを同時にするので短時間で治療が終了します。また、髪を1本1本植え込むので傷跡が目立ちにくく生え際などの目立つ部位への移植が向いています。FUT法はメスを使って行う治療方法です。後頭部の毛髪を頭皮ごと切り取り毛髪をピンセットで薄毛部位の毛穴に植え込んでいくものです。頭皮から切り取ったときに状態の良い毛髪を選別して植え込むことができます。FUE法はチューブ状のパンチを使って後頭部から毛髪を採取して植え込んでいく方法です。毛髪が全くなく毛穴もない状態の部位でも自毛植毛することができるのがメリットです。頭頂部に自毛植毛する場合は大量の毛髪が必要です。FUE法は一度にたくさんの毛髪を採取し移植することができるので頭頂部の自毛植毛に効果的な治療方法です。

薄毛に悩む人が増えるにつれて薄毛対策や抜け毛対策になるという育毛関係のアイテムが沢山販売されるようになりました。特に男性用のAGA(男性型脱毛症)対策ができるヘアケアアイテムは充実しています。 特に人気なのがAGA内服薬の「フィナステリド」ですフィナステリドは「飲む育毛剤」としてアメリカで開発され、いまでは世界60か国以上で認可されている安全性の高い治療薬です。フィナステリドを継続して飲み続けることで抜け毛が減っていき、自然に髪の毛のボリュームが増えていきます。 輸入代理店なら医療機関で買うよりも安く手に入ります。しかし、フィナステリド以外に育毛メソセラピーなどの専門的な治療も一緒に受けたい場合は医療機関がお勧めです。

薄毛に悩む人に効果的

薄毛や抜け毛に悩む男性や女性が増えていて、専門の医療機関を受診して治療を受けている人も増加傾向にあるようです。どうして薄毛の人が増えているのかはっきりしたことは分かりませんが、現代社会特有のストレスや生活習慣が原因となっていることも考えられます。 飲む育毛剤であるフィナステリドは男性ホルモンを抑制する働きがあるため、男性ホルモンが原因でなるAGAの症状を改善する効果があります。男性ホルモンを抑えることで薄毛がだいぶ改善されます。 フィナステリドを飲んでも十分な効き目がない場合、生活習慣を見直すことで薄毛が治ることもあります。十分な睡眠を取ること、血行を良くする食べ物を食べること、適度に運動をすることなどが薄毛に良いそうです。

おすすめの記事