育毛剤は自分の髪の毛の状態にあったタイプを使うことが基本です。育毛剤は無数にあり、それぞれで効果・効能、配合成分・濃度などが異なります。自分にあっていない育毛剤を無理やり使用し続けると、育毛どころか抜け毛が増えることもあります。ネットのサイトなどで商品ごとの説明をよく読んでみて、自分の頭皮と相性がよさそうなものを見極める必要があります。頭皮が乾燥している人は保湿剤が多めのタイプ、頭皮がベトベトしている人は油分を抑えるタイプ、毛が弱弱しくコシがない人は血行促進タイプがお勧めです。また、男性なら男性用、女性なら女性用の育毛剤を使うようにします。男性ホルモンを抑える成分が入っている男性用の育毛剤を女性が使うと、悪影響が出る恐れがあります。

男女の違い

最近は女性のための育毛剤が沢山販売されています。それだけ、抜け毛に悩んでいる女性が多いということでもあります。男性は額の生え際や頭頂部から薄くなっていきますが、女性は必ず頭頂部から薄くなっていきます。分け目が目立つようになり、髪が細くなってボリュームが出にくくなるのが、女性の薄毛の特徴です。男性は本格的に薄毛が目立ち始めてから、髪を増やすために育毛剤を使い始める人が多いようです。それに対して、女性の場合はまだ抜け毛が増える前から、スキンケア感覚で育毛剤を使っている人が多い傾向があります。そのため、女性用の育毛剤は、育毛剤といっても強い育毛成分が入っておらず、保湿や頭皮を保護する成分がメインになっています。

薄毛になる原因と対策

女性の薄毛が注目され始めたのはここ最近のことで、薄毛といえば男性の病気というのが歴史的に見ても一般的な常識でした。しかし、実際は女性も男性と同じくらいの人が薄毛に悩んでいると言われています。そんな薄毛の女性のために作られたのが女性専用育毛剤です。育毛剤の数は男性専用のほうが圧倒的に多いですが、最近は女性専用育毛剤も数が増えて売り上げを伸ばしています。女性専用育毛剤は、皮脂量が少ない女性のために頭皮に油分を与える効果があります。長期間使うと水分と油分のバランスが整い、自然に頭皮環境が良い方向に向いていきます。薄毛を予防し、美しくツヤとコシのある髪を育てるのに欠かせないのが女性専用育毛剤なのです。

抜け毛のメカニズム

薄毛改善に取り組む前にしっかり理解しておくべきなのが、抜け毛の原因やメカニズムについてです。30代以降の女性の薄毛の原因として大きいのが「ホルモン」です。出産後に抜け毛が増えるのも、更年期に薄毛になるのも、ホルモンが関係しています。若くても薄毛になる人もいます。若い女性の場合、「生活習慣の乱れ」と「ダイエット」が二大原因です。寝不足や夜更かし、食事制限によるダイエットは、抜け毛を引き起こします。「ストレス」によって抜け毛が増えることもあります。これは男性にも共通して言えることです。一つの原因や複合的な原因が重なってヘアサイクルが乱れ、髪の成長が止まって抜けていきます。ヘアサイクルを正しくするには、まず原因を究明することが大事です。

薄毛の悩みを解決する

女性のための育毛剤にはどんなものがあるのでしょうか。人気が高いのは無添加の育毛剤、髪の毛が生えている頭皮に浸透力のある育毛美容液、血行促進力のある育毛剤、加齢、更年期障害による薄毛にたいして効果のある育毛成分CTPを配合したものなどです。特に無添加の育毛剤は敏感肌やアレルギーのある方、産後や授乳中に抜け毛が気になる方に人気が高いです。使い心地もよく、薄毛だけでなくフケや痒みを防止するという効果もあります。育毛美容液は、頭皮に潤いを与える栄養成分がが毛根部分まで浸透するため効果的に頭皮の乾燥による抜け毛を防ぐことが出来ます。また血行促進力のある育毛剤は頭皮がぽかぽかして抜け毛が減り、髪の毛にハリやコシがもどってボリューム感が出るという経過をとるようです。

これからの予測

女性の髪の毛は加齢とともにハリ、ツヤをなくし、薄くなったり抜け落ちたりしてボリュームが減ります。それを避けるために、髪の毛の状態を良くする成分を含んだ育毛剤がこれからももっと開発されていくと考えられます。とくに女性のホルモンバランスを考えたもの、天然成分で刺激が強くない成分を含んだものが開発されると予想されます。また薄くなった髪の毛の生え際を濃くするための育毛剤、細くなった髪の毛を太くするための育毛剤など、利用者のニーズに合わせた育毛剤が開発されるとも予想されます。女性の髪の毛は何歳になっても美しさのバロメーターともいえます。そのためウィッグを使用する方法もありますが髪の毛のハリやコシを維持して自分の髪本来が持っている美しさを保つために育毛剤を使う人がこれからも増えると考えられます。

M字おでこを持つ身として、プロペシアを毎日昼食後に1回服用していましたが、だいたい2週間ぐらいでM字から産毛が見え始めました。引き続きプロペシアを飲み続けると、その産毛が濃くなり、また増えてきます。さらに頬の辺りの産毛も増え始めプロペシアの効果、というか副作用なのか、そういったものを実感してきます。よくプロペシアを飲むと副作用として、性欲の減少が噂されますが、個人的にはあまり実感はありませんでした。副作用があるとすれば、仕事中にやる気が起きなかったりすることがあった程度です。しかしそれも、そもそも仕事のストレスで髪の毛のM進行を気にしていたようなものなので、副作用として起きたものではないかもしれません。

使い続けていないとダメ

プロペシアを飲み続け、特に副作用もなかったのですが、ある程度生えてきたことに油断をしてか、薬の切れたタイミングで飲むのをやめてしまいました。その結果徐々に生えてきた髪の毛も少なくなり、気がつけば元のM字に戻っていました。飲んでいる時の副作用がないですが、やめたら元に戻ってしまう、というのは覚えておいたほうがよいかと思います。個人的にはそこまで高額な商品なわけでもないので、本当に悩んでいて続けられる意思があればオススメします。プロペシアを入手するためには、専門クリニックでの処方か、個人でのインターネット通販購入があります。どちらが自分にとって継続しやすいのか、よくよく検討した上で、プロペシアの服用を行なうとよいでしょう。

医療機関の薄毛治療

大阪には薄毛治療を行っている育毛クリニックがある。育毛クリニックは医療機関であり、専門の医師による薄毛治療が行われている。民間療法の増毛ではなく、医学に基づいた科学的な方法で薄毛治療が行われていることが大きな特徴である。大阪の育毛クリニックでは、AGA治療薬の処方による薬物療法や植毛によって薄毛の状態を改善する。薬物療法では、頭皮の状態や毛髪の質に合うAGA治療薬が処方され、育毛と発毛を促進する。大阪の育毛クリニックで行われている植毛には、人工毛植毛と自毛植毛の2種類がある。植毛は民間療法の増毛とは異なり、移植手術によって人工毛や自毛を頭皮に植え付けるため、確実に毛髪を再生することが可能である。

薄毛治療の注意点

治療行為ができるのは医療機関に限られているため、薄毛治療を行えるのは育毛クリニック等の医療機関だけである。医師免許を持たない者が治療行為をすると医師法違反になるので注意が必要である。大阪の育毛クリニックで薬物療法を受ける際には、医師からの質問に対して正確に回答することが大事になる。AGA治療薬は心臓病などを患っている人には投与できない場合があるので、現在患っている病気や既往症などを正しく申告しなければならない。植毛で薄毛治療を受ける場合は健康保険が適用されないので、事前に料金を確認しておくことが大切である。料金については、治療を受ける前のカウンセリングで説明がされる。疑問や質問などがある場合には、カウンセリング時にどのようなことでも相談することができる。

おすすめの記事