アスロングは自然由来の成分をふんだんに使ったシャンプーであり、美容効果の高さで評判です。

そこで気になるのが、副作用やアレルギーです。

 

山芋やエビ・カニ・サバなど、人によっては食物や自然由来の成分に対して免疫が過剰に反応し、アレルギーを発症するケースは珍しいことではありません。

例えば花粉症です。

花粉症はスギ花粉以外にも様々な草木の花粉で発症します。

 

人によってはナイロン生地などでも痒みを発することもあり、無理に使おうとするとアレルギーが悪化して健康被害が出ることもあります。

アスロングは問題があるのかないのか。

それをここで紹介したいと思います。

アスロングに含まれている主な成分

結論から言えば、アスロングに含まれている成分の殆どにアレルギーの可能性があります。

こう書くと「アスロングって結構物騒なんだな」と思うかも知れませんが、これはアスロングに限った話ではありません。

どんな成分でアレルギーを発するかというのは人によって違い、全部が全部大丈夫という保証はできないのです。

まず、アスロングに含まれている成分をざっと見てみましょう。

【シャンプー】

水、ラウレスリュウサンNa、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウリル2Na、ペンチレングリコール、塩化Na、フェノキシエタノール、ジステアリン酸PEG-150、ラウロイルメチルアラニンNa、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、サリチル酸、エチドロン酸、デシルグルコシド 、クエン酸、BG、加水分解卵殻膜、海水、カラメル、キハダ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油、シメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛、アボカド油 、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、デキストラン、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、 アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス

【トリートメント】

水、ミリスチルアルコール、グリセリン、水添ナタネ油アルコール、ヒマワリ種子油、ステアルトリモニウムブロミド、ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド、イソプロパノール、アカツメクサ花エキス、加水分解卵殻膜、リンゴ果実培養細胞エキス、シメン-5 -オール、アボカド油、アルガニアスピノサ核油、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊 毛)、海水、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、 オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ペンチレングリコール、トコフェロール、アルギニン、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10、乳酸、アセチルテトラペプチド-3、カラメル、フェノールスルホン酸亜鉛、フェノキシエタ ノール、キハダ樹皮エキス、BG、香料、キサンタンガム、レシチン、デキストラン

これでざっと見ただけでも相当な成分が含まれているのがわかりますね。

 

卵の成分にアレルギー成分はある?

アスロング_卵

アスロングの成分を見ると、特に注目したいのが「加水分解卵殻膜」です。

これはいわゆる卵の殻のことであり、卵アレルギーの人には少し抵抗を感じるかも知れませんね。

しかし、実は卵アレルギーでも使用してもほとんど問題はないと考えて良いでしょう。

 

卵アレルギーの原因の殆どは卵白に含まれているアレルゲンが原因であり、卵の殻にはほとんど含まれていないのです。

更に、このアレルゲンも加熱すればアレルゲン性が低下するため、卵アレルギーの人でも問題なく使用できるでしょう。

安全性は保証されている

そもそも、アスロングそのものが安全性の高さを謳っており、アレルギー報告例が殆どありません。

これはアスロングが臨床試験を実施し、パッチテストでも検証し、皮膚刺激数も0だったので、かなりの敏感肌でもない限りアレルギーのリスクは限りなく0です。

アスロング_安全性

まずは少量から

もし、過去になにかの製品でアレルギーを発症したなら、それでもアスロングの使用が不安に感じるかも知れません。

そんなときは、まずは少量で試してみましょう。

 

少量ならば肌に係る負担も少ないですし、かゆみなどもすぐに引きます。

異常を感じたら使用を中止

万が一激しいかゆみや赤みが発声したらな、即座に使用を中止しましょう。

その場合、まずは病院へ行って治療の診断書を作ってもらうのをおすすめします。

なぜならアスロングは頭皮にトラブルが発声した場合、その証明となるものを送付すれば返金が可能だからです。

アスロング_返品

アスロングのまとめ

アスロングは自然由来のシャンプーですが、できる限りのアレルギー対策が行なわれており、アレルギーの報告は殆どありません。

しかし、やはり人によっては合う合わないが有り、場合によってはごく僅かに発症する可能性もあるのです。

 

そんなときはまず落ち着いて病院へ行き、診断書を作ってもらい返品しましょう。

おすすめの記事