ネットでさまざまなシャンプーを調べていると、必ず目につくのが「ボタニカル」という表記。

なんとなく植物系の成分が入っている、ということはわかりますが、具体的にどんな意味なのかはすんなり答えられないですよね。

そこで、今回はこのボタニカルの意味と、その成分のメリット・デメリットについて調査してみました!

「ボタニカル」ってどんな意味?

ボタニカル=植物由来成分

ボタニカルを直訳すると、「植物」「植物的な」という意味になります。

つまり、ボタニカルシャンプーとは「植物シャンプー」、植物由来の成分を含んだシャンプーということですね!

どうしてシャンプーに植物成分を配合しているの?

漢方や生薬などに用いられる特定の植物には、人の体にさまざまな効果をもたらしてくれます。

特に東洋医学では、肌や髪に効果のある植物も古くから知られています。

それらの成分をシャンプーに使用することで、頭皮や髪の状態を整えることが期待できるのです。

オーガニックとの違いは?

「ボタニカル」と似たような意味でよく使われるのが、「オーガニック」という単語。

このオーガニックとは、簡単にいえば有機野菜や有機農業のことを意味しています。

有機農業とは、化学肥料や農薬を使わない農業のこと。

そこから転じてオーガニック=化学成分ナシ・添加物ナシといった意味合いで用いられることがあるのです。

オーガニックとボタニカルの意味は全く違う?

元々「オーガニック」は有機野菜などを意味する単語で、植物全般を指した「ボタニカル」とは異なります。

「植物=ボタニカル」なので、簡単に言えば有機野菜のオーガニックは「ボタニカル」の一部だといえます。

しかし、現在では「オーガニック=化学成分ナシの植物成分」という意味合いで使われることが多く、しばしばオーガニックとボタニカルが同じ意味として使われます。

成分の違いは?

成分的にいえば、オーガニックとボタニカルはほとんど違いはありません。

化学肥料で育った植物も、オーガニックの植物も、成分を抽出する段階で不純物は取り除かれるので、特にオーガニックという表示にこだわる必要はないといえるでしょう。

ただ、

「本当に化学成分が全部排除されているのか心配…」

という人もいるでしょう。そういった場合はオーガニック表示がされている商品を選んだほうが良いかもしれません。

ボタニカル成分のメリットは?

ボタニカルのイメージ2

メリット

1:髪・頭皮の保湿効果に優れている

シャンプーに配合されるボタニカル成分の多くは、保湿成分です。

これは、髪や頭皮を美しく健康に保つため、保湿が最も重要だからです。

シャンプーには汚れを落とすための洗浄成分が入ってますが、この洗浄成分は髪や頭皮を守る最低限の皮脂まで落とすため、シャンプー後は髪や頭皮が乾燥しやすくなります。

髪の乾燥はパサパサのダメージヘアの原因となり、頭皮の乾燥はかゆみやフケ、抜け毛のリスクを高めます。

そのため、天然の植物から抽出した保湿成分をシャンプーに混ぜて、こうしたシャンプー後の乾燥を防いでいるわけですね!

2:化学成分にアレルギーがある人も使える

保存料や着色料などに使われる化学成分によって、アレルギー症状が引き起こされる人は少なくありません。

ボタニカル成分が含まれたシャンプーは、他のシャンプーに比べてこうした化学成分が少ない傾向があります。

「無添加」「無着色料」「保存料・パラベンフリー」を表記している商品は多くあるので、できるだけ化学成分を避けたい人は参考にしてみてもよいでしょう。

3:ノンシリコンの商品が多いので、髪が重くなりすぎない

シリコンオイル入りのシャンプーは、髪のツヤと手触りが良くなるのが特徴。

しかし、一方で髪が細い猫っ毛の人の場合、洗い上がりが重くなるという意見が多く見られます。

ボタニカルシャンプーの多くはノンシリコンなので、髪が重くなりにくいのです。

デメリット

1:人によってはアレルギーが起こる可能性がある

ボタニカル成分にはたくさんの植物成分が使われています。

何らかのアレルギーを持っている人の中には、配合されている植物成分に反応してしまう可能性があります。

また、気を付けて欲しいのが、アレルギーは科目が同じ植物でも発症する場合があるということ。

例えば、りんごにアレルギーを持っている人は、同じバラ科の桃やイチゴにも反応することがあるのです。

さらに、アレルギーはタンパク質の形が近いだけでも発症することがあるため、「どの植物成分を避ければ安心」とは言い切れません。

 

とはいえ、肌に成分が触れた程度であれば体内に吸収されることはないので、アレルギーによる深刻な症状が起こることはまずありません。

重度のアレルギー症状を持つ人や、重度の敏感肌の人でない限り、特に心配する必要はないでしょう。

2:環境に悪影響を与えやすい

よくボタニカルシャンプーについて、「生分解性が高い自然由来の成分だから、環境に優しい」という内容を目にします。

しかし、たとえ自然由来の成分であろうと、環境に優しいとは言い切れないのです。

ボタニカルシャンプーには、アミノ酸などの成分がよく使われます。

これは微生物のエサとなりやすいので、下水処理をするときの生分解性は高いといえます。

しかし、微生物のエサになりやすいということは、アオコや赤潮などを引き起こすプランクトンのエサにもなりやすいということ。

アミノ酸系シャンプーには、プランクトン増加の原因になる窒素が含まれているため、プランクトンにより環境が悪化する可能性があるのです。

 

しかしながら、シャンプーは1日に使う量も少ないため、使えばただちに環境に悪影響が与えられるというわけではありません。

ボタニカルシャンプーは流通している量も少ないので、現在は特に気にする必要はないでしょう。

オススメのボタニカルシャンプー

グレースシードステラスパークリングシャンプー

グレースシードシャンプー画像

価格:2,440円

※定期購入・初回特別割引

【特徴】

  • 5,000ppmの高濃度炭酸シャンプー。炭酸の力で余分な皮脂を落とし、頭皮の血行を促進!
  • ボタニカル成分をなんと100種類も配合!数々の天然成分が髪と頭皮を優しく洗い上げる!
  • 特に保湿効果の高いマカデミア種子油・アーモンド油・オリーブ果実油を配合。洗い上がった髪もしっとり!
  • 石油系界面活性剤・パラベン・合成香料・合成着色料など全て不使用。天然成分にこだわる人も安心!
  • 香りは植物由来のグリーンフローラル。森林浴をしているような、リラックスした気持ちでバスタイム!

ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンシャンプー画像

価格:4,000円(シャンプー+トリートメントのセット価格)

※定期購入・初回特別割引

【特徴】

  • ベースの精製水がただの水でなく、ミネラル豊富な国産オーガニックハーブウォーター!
  • シャンプーの中でも保湿性に優れたアミノ酸系シャンプー。洗い上がりの乾燥を防ぐため、乾燥肌の人でも安心!
  • 泡立ちが悪いとされるアミノ酸シャンプーの中でも、泡立ちの良さはトップクラス!毎日気持ちよくシャンプーできる!
  • 保湿効果の高いオーガニックオイル「モンゴンゴオイル」配合。洗い上がりの髪や頭皮をしっとりさせる!
  • ボタニカル成分の効果をアップさせるフルボ酸を配合。20種類のアミノ酸・18種類のミネラルが髪と頭皮を健康に導く!

ZACCパールリッチシャンプー

ZACCシャンプー画像

価格:6,000円(シャンプー+コンディショナーのセット価格)

※定期購入の価格

【特徴】

  • タヒチ産国蝶貝からとれるブラックパール配合。保湿成分に優れ、パサつきがちな髪もしっとり保湿!
  • 消臭効果に優れた炭を配合。汚れ・ニオイを吸着し、女性の頭皮の悩みを改善!
  • 低刺激なアミノ酸シャンプー。皮脂を落としすぎず、髪と頭皮の乾燥を防ぐ!
  • ボタニカル成分はもはや美容液レベル!栄養成分が髪のハリ・ツヤ・コシを促す!
  • 女性雑誌でも紹介されたほか、有名サロンや女優さんからも高評価!

まとめ

まとめ用画像

ボタニカルシャンプーの特徴は、植物成分が持つ栄養や効果を、髪や頭皮に与えることができる点です。

デメリットもいくつか見られますが、それ以上にたくさんの魅力があるシャンプーだといえます!

個人的に最もプッシュしたいのが、グレースシードステラスパークリングシャンプー。

ボタニカルの効果だけでなく、炭酸による皮脂の洗浄効果や、血行促進効果も得られるシャンプーです!

今まで使ってきたシャンプーに満足していない人は、一度使ってみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事