育毛剤といえばチャップアップです。

日本で最も売れている育毛剤として知られている育毛剤、それがチャップアップです。

そんなチャップアップですが、使っている人の中には「凄く効いた」という人と「全く効かなかった」という人で分かれています。

これはなぜなのでしょうか。

 

個人差があるというのも答えのひとつですが、チャップアップの効果を実感するには実は結構な期間が必要であり、使えばすぐに髪が健康になるというわけではありません。

ではチャップアップはどのくらい使えば育毛効果が実感できるのか。

ここではそんなチャップアップの使用期間やその根拠についてお話しようと思います。

 

チャップアップについて

まずはチャップアップについて簡単なおさらいをしましょう。

チャップアップとは株式会社ソーシャルテックから販売されている育毛剤です。

公式サイトでも書かれているとおり、日本でもっとも売れている育毛剤であり、テレビや雑誌でも見かけることの多い育毛剤です。

チャップアップ_人気

そんなチャップアップはなぜ人気なのか。

それは使用している成分の多くが有効成分(厚生労働省によって効果が保証された成分のこと)によって作られた医薬部外品だからであり、育毛効果があるという実績が作られているからです。

チャップアップ_成分

チャップアップは1本でどれぐらいの期間持つ?

チャップアップの内容量は120mlであり、これで大体1ヶ月もつ計算です。

なお、1回に使う量は30プッシュで約4mlとなっています。

チャップアップ_使用量

なお、もっと大量に使えば効果があるのではないかと思うかも知れませんが、あまり効果に変化はなく、消耗が激しくなるだけなのでほとんど無意味です。

よって、決められた量のみを使いましょう。

チャップアップのコスパを考える

チャップアップのコスパはどれほどのものなのでしょうか。

チャップアップは単品で7,400円です。

これを一か月分の30で割ると7,400÷30でおよそ247円です。

つまりチャップアップを使うことで一日およそ247円かかっているのです。

 

これは高いのか低いのか気になりますよね?

結論から言えば、高くもなく、低くもないといったところです、

他の育毛剤でも似たり寄ったりの価格であり、チャップアップはちょうどその中間といったところ。

そのため、特別コスパが良いわけでも悪いわけでもありません。

チャップアップの効果を実感するには3ヶ月!これって速いの?遅いの?

チャップアップで気になるのは、その効果です。

本当に効果があるのかどうか気になりますよね?

 

チャップアップの効果を実感するには、少なくとも3ヶ月は使い続ける必要があります。

え?3ヶ月もかかるの?」と思うかも知れませんが、基本的に育毛剤はどれも3ヶ月は使い続ける必要があるのです。

その理由は、ヘアサイクルにあります。

ここで少し、髪の毛が生えかわる仕組みと薄毛になる仕組みをご紹介します。

 

ヘアサイクル

髪の毛は、ヘアサイクルによって生え、抜け落ちます。

ヘアサイクルとは名前のとおり、髪の毛の生え変わりサイクルのことであり、一定の周期があります。

髪は、生えてから際限なく成長する成長期と、生え変わりの準備の為抜ける準備を始める停滞期、そして次の髪がいつ生えても良いように完全に成長が止まり、抜けるだけの状態になる休止期があります。

基本的には髪の寿命はおよそ6~7年であり、はその殆どを成長期で過ごします。

そして残りの2~3ヶ月で停滞期に入り、休止期を迎えます。

これが、ヘアサイクルです。

 

ちなみに、人間の髪は一日に少しずつ伸びており、1か月でおよそ1センチ前後となっています。

これは個人差はありますが、育毛剤を使っても髪の伸びる速さは基本的に変わりません。

 

なぜ人は薄毛になるか

次に、なぜ人は薄毛になるかを知りましょう。

薄毛になる原因の殆どは、ヘアサイクルの乱れです。

ヘアサイクルは6年かけて伸び、生え変わるのが通常なのですが、ヘアサイクルが乱れることにより、成長期が非常に短くなり、一年足らずで抜け落ちてしまいます。

成長が止まることで髪に栄養が送られなくなり、髪は細く弱々しくなってしまうのです。

 

本来、人の抜け毛の数は100本前後ですが、ヘアサイクルが乱れた状態だと一気に抜け落ちる量が増えます。

なお、ヘアサイクルというのは髪の毛一本一本異なるため正常な髪の毛は抜け落ちることなく6年間生え続けます。

そうなると、一部の髪が薄くなり、他の毛が残ってしまうのですね。

よくM字になっていたり、河童の頭のように頭頂部だけが薄毛になっているのはヘアサイクルが乱れた箇所が集中しているからなのです。

 

ヘアサイクルを乱す原因は、遺伝や不摂生によって男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が発生するからです。

DHTは男性ホルモンが衰えた時その働きを補助する役割を持っているのですが、その副作用として髪のヘアサイクルを乱します。

先程話したM字や河童頭になるのは、DHTが発生しやすいのが髪の生え際や頭頂部だからなのです。

 

チャップアップはヘアサイクルにどう作用するのか

では、チャップアップはそんな乱れたヘアサイクルに対し、どんな効果を発揮するのでしょうか。

チャップアップを使用することで、頭皮に栄養を与え、髪を太くする効果が得られます。

チャップアップに含まれた有効成分の働きにより、血行促進や肌荒れ、かゆみ、フケといった頭皮環境を著しく悪化させるものを改善します。

チャップアップ_有効成分

それにより、頭皮は髪を育てる環境が整いやすくなり、髪を太くさせます。

その効果によって髪は抜けにくくなり、抜け毛を減らせるのです。

また、頭皮環境を整えることでヘアサイクルも改善し、薄毛の進行を遅らせるのです。

 

チャップアップの効果を実感できるのは3ヶ月後という理由は、ヘアサイクルが乱れた髪が抜け、新たにヘアサイクルが正常になった髪が生え変わるまでの期間です。

ヘアサイクルが乱れた髪は、残念ながらもとに戻ることはありません。

しかし頭皮環境を改善すれば、次に生える髪はヘアサイクルが改善されているため、抜けにくい髪に育ちやすくなるのです。

 

ここに注意!チャップアップを使っても髪は生えない

ここでひとつ注意しなければならないのは、チャップアップを使っても、髪が生えることはないということです。

チャップアップはあくまでも頭皮を改善するのがメインである育毛剤であり、髪の毛に直接作用して成長を促すことはありません。

そういった場合、必要なのは発毛剤です。

発毛剤は、名前のとおり髪の毛を生やすためのお薬であり、抜け毛が増えて地肌が見えるほど薄毛が進行した人が使う薬です。

 

育毛剤はあくまでも抜け毛を減らすための薬であり、チャップアップは育毛剤です。

効果がないという人の多くは、そういった薄毛が進行して髪がないのにチャップアップを使っている人なのかも知れませんね。

 

なお、チャップアップを使う最もベストなタイミングは、髪がフサフサなときです。

「それって意味あるの?」と思うかも知れませんが、十分に意味があります。

薄毛は進行が非常に遅く、一気に進行した場合、ヘアサイクルが非常に乱れているということです。

しかし、常に育毛剤で頭皮のケアをすることでヘアサイクルの乱れを防ぎやすくなるため、薄毛になるリスクを大幅に減らせるのです。

 

つまり、チャップアップは薄毛になってから使うのではなく、薄毛になる前に使うのが正解ということですね。

チャップアップのまとめ

チャップアップには髪を生やす効果はありません。

しかし、チャップアップの働きによって抜け毛は減り、薄毛になりにくくなるのです。

 

しかし、効果の実感に時間がかかるため、効果がないと思ってしまうかも知れません。

きちんと知識を知り、育毛剤が効果を発揮する期間などを予め把握しておきましょう。

おすすめの記事