ヘアアイロンをいくら使っても髪がうねる…

雨が降っていると湿気で髪が爆発する…

いつも前髪がクルクルしてて、スタイリングが面倒…

 

こうした悩みはくせ毛の女性に共通する問題ですよね。

「生まれつきくせ毛だからしょうがない」と諦めている人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません!

きちんとした対処法を心がければ、くせ毛の人でもサラサラのストレートになれるのです!

今回は、そんなくせ毛を直す効果的な方法をご紹介。美容室での施術だけでなく、自宅でできるケア方法についてもお伝えしますよ!

最も効果的なくせ毛を直す方法は?

パーマをかけている様子

縮毛矯正

縮毛矯正は、がんこなくせ毛をキレイなストレートにするための施術です。

髪を柔らかくする1剤を使った後、ヘアアイロンなどを使って髪に熱を加え、最後に2剤で髪の毛を元の状態に戻すことで髪をストレートにします。

根本からストレートにできるので、ストパーでストレートにならなかった髪も真っ直ぐにすることができます。

しかし、髪が真っ直ぐになりすぎてしまい、髪がぺったんこになってしまうこともあります。髪のボリュームを落としたくない場合はストパーを利用するほうが良いでしょう。

ストパー

ストパーは、縮毛矯正と同じく髪をストレートにするための施術です。

縮毛矯正との違いは、ヘアアイロンなどの熱を使わないこと。

1剤を使った後は、コームで髪を真っ直ぐに整えてから、縮毛矯正と同じように2剤で髪をもとに戻します。

ヘアアイロンなどを使わないため、縮毛矯正よりも髪への負担が少ないのが、ストパーのメリットです。

縮毛矯正のように髪がペタンコになるリスクも少ないですが、一方で縮毛矯正よりもパーマの持ちが悪く、さらにくせ毛ががんこな場合は完全に真っ直ぐにするのが難しいというデメリットも。

くせ毛ががんこでボリュームも多すぎる人は縮毛矯正、髪のダメージを抑えつつ、多少のくせを改善させたいという人はストパーを選ぶとよいでしょう。

縮毛矯正・ストパーを利用する場合は髪のダメージに注意

縮毛矯正とストパーは、どちらも髪を柔らかくするため、1剤を使用します。

しかし、この1剤はアルカリ性であるため、タンパク質でできた髪のキューティクルにダメージを与えてしまうのです。

施術での効果は非常に高いものの、何度も行うと髪がパサパサに傷んでしまうことがあります。

そのため、髪のダメージが気になる人は、まずは日ごろのくせ毛ケアで改善するか試してみるとよいでしょう。

くせ毛を直すためのケア方法は?

ヘアケアの様子

多くの人は、くせ毛は生まれつきの髪質のせいと考えますが、実は髪の乾燥もくせ毛の原因となります。

日ごろの髪へのダメージケアをすることで、髪の乾燥を防ぎ、くせ毛のリスクを抑えることができるでしょう。

1:シャンプー前のブラッシング

お風呂でシャワーを浴びる前に、行って欲しいのがブラッシングです。

「シャワー前にブラッシングして意味あるの?」と思う人もいるかもしれませんが、これはシャンプー時に髪が絡まることを防ぐための方法です。

濡れた状態の髪はキューティクルが開いています。

その状態で絡まってしまうと、キューティクルが削れてしまい、髪のダメージにつながるのです。

シャワー前にブラッシングをすることで、前もって髪のからまりを防ぐことができるでしょう。

2:シャンプーをつける前に髪をシャワーですすぐ

シャンプーをつけるとき、直接髪にシャンプーの液をつけないようにしましょう。

多くのシャンプーは、濡れた状態の髪で使われることを想定し、洗浄成分を若干濃く設定しています。

乾いた状態の髪に使うと、洗浄力が高い状態のシャンプーによって、髪や頭皮の負担となる可能性があります。

シャンプー前に必ず髪をすすぎ、さらに手の平でシャンプーを泡立ててから洗うことで、髪の負担を軽減させられるでしょう。

3:アミノ酸系シャンプーで髪を洗う

アミノ酸系シャンプーは、シャンプーの中で最も低刺激のシャンプーです。

シャンプーには他にも石鹸系シャンプーや高級アルコール系シャンプーがありますが、この2つは洗浄力が高いので、髪や頭皮に合わないという人もいるのです。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がマイルドなので肌が敏感な人でも利用することができます。

必要最小限の皮脂を落とすことがないので、髪の乾燥を防ぐことができるのです。

また、くせ毛は頭皮の毛穴の形が悪くなることでも現れます。

頭皮の毛穴は、頭皮の炎症によって形が悪くなることがあります。

しかし、アミノ酸系シャンプーなら頭皮への負担が少ないため、頭皮の炎症からくるくせ毛のリスクを抑えられるのです。

【おすすめのシャンプー】

ゆめじん ハイビスカスシャンプー

ハイビスカスシャンプーの画像

【価格】

3,024円

ハイビスカスシャンプーの特徴
  • ハイビスカスに含まれる保湿成分「植物性ヒアルロン酸」を配合。べたつかず、髪と頭皮をしっとり保湿!
  • 髪や頭皮に優しいアミノ酸シャンプー!
  • 頭皮と同じ弱酸性だから、低刺激で肌荒れなどのリスクが低い!
  • 頭皮を乾燥や刺激から守る「バリア成分」を残したまま、余分な皮脂や汚れを落としてくれる!
  • 甘草・ヤシ油・ハンノキ・サトウキビなど、髪や頭皮をケアする天然成分を多く配合!

4:トリートメントでケア

シャンプーをしっかりとすすいだ後は、髪への補修効果があるトリートメントを使用しましょう。

トリートメントを使う場合、最もダメージのある毛先からつけるのがコツ。

頭皮にトリートメントがついてしまうと、頭皮に余計な油分がついてしまう恐れがあるため、つけるときは頭皮につかないようにしながら使用しましょう。

特に髪がパサつく、くせやうねりがひどいという人は、トリートメントで10分間パックする集中ケアがおすすめ。

その際、トリートメントキャップを使うことで、髪を保湿してキューティクルを開かせ、より補修成分を髪へ浸透させることができるでしょう。

トリートメントをつけた後は、ヌルヌルがなくなるまですすぎましょう。

トリートメントは水に流しても成分が髪に残り続けます。余分に成分が残っていると、頭皮の炎症などの問題が起こりやすいため、トリートメント後のすすぎは入念にしましょう。

【おすすめのトリートメント】

ミチルノ シャンプー&トリートメント

ミチルノ画像

【価格】

10,800円(シャンプー+トリートメント+ボトル付きのセット価格)

ミチルノの特徴
19種類の天然植物成分により、髪のうるおい&まとまり感をアップ!
頭皮や髪に優しいアミノ酸系シャンプー。泡切れもよいので、残った成分が髪や頭皮に悪影響を与えることもない!
ヒートリペア成分「メドウラクトン」配合で、ドライヤーの熱から髪を守り、さらに熱による髪表面を保護してくれる!
世界最高の香りといわれる「ブルガリアンローズ」の天然精油を配合。奥深い香りがバスタイムを優雅にしてくれる!
さまざまなくせ毛や髪のダメージに対応できる!

5:しっかりすすぎ、タオルドライ

トリートメントのヌルヌルがなくなるまですすいだ後は、タオルで余分な水分を取り除きます。

タオルで髪を拭くときは、ゴシゴシとタオルでこすらないように注意しましょう。

濡れている状態の髪はキューティクルが開いているので、タオルで強くこすると、髪へのダメージにつながります。

タオルドライをする時は、タオルで髪を挟み込むようにしながら、ポンポンと叩くように髪の水分を取り除きましょう。

6:ヘアオイル・洗い流さないトリートメントで髪を保湿

髪の水分をある程度取り除いたあとは、ヘアオイルか洗い流さないトリートメントを使い、髪の乾燥を防ぎましょう。

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントは、髪の保湿と同時にドライヤーの熱から髪を守る効果も併せ持っています。

成分がキューティクルをコーティングすることで、熱によるダメージを防いでくれるのです。

ヘアオイルは、天然由来のベースオイルが主成分であり、髪の保湿をメインとしています。

これに対して洗い流さないトリートメントは、髪の補修成分をメインとしているのです。

髪の保湿を重視したい場合はヘアオイルを、ダメージケアを重視したい場合は洗い流さないトリートメントを利用するとよいでしょう。

【おすすめのヘアオイル】

チャップアップヘアオイル

チャップアップヘアオイルの画像

【価格】

3,140円

チャップアップヘアオイルの特徴
  • アルガンオイル・ホホバオイル・ヤシ油・オリーブ油の4種類のオーガニック成分が、髪と頭皮をうるおす!
  • 99.8%の美容成分を配合。髪にうるおいを与えながら、髪に補修ケア効果を与えてくれる!
  • 12種類のピュアオイルにより、髪のキューティクルをコーティング。乾燥や摩擦などのダメージを防ぎ、髪のうねりを抑える!
  • ヒートアクション成分配合で、ドライヤーの熱から髪を守り、髪にツヤを与えてくれる!
  • UVカット成分配合で、紫外線からのダメージを抑える!

【おすすめの洗い流さないトリートメント】

リシリッチ

リシリッチ画像

【価格】

1,458円(1ヵ月分のお試しセットの価格)

リシリッチの特徴
  • アミノリペア成分を配合。ドライヤーの熱から髪を守り、キューティクルをコーティングしてくれる!
  • 髪をうるおす50種類の美容成分を配合。髪の気になる乾燥やパサつきを抑えてくれる!
  • 浸透型ヒアロオリゴ®・保護型ヒアロリペア®・吸着型ヒアロベール®の3つのヒアルロン酸を配合。髪のうるおいとツヤを同時に得られる!
  • 毛髪保護成分のワサビノキ種子エキス・サトウキビエキス配合。紫外線やホコリなどのダメージから髪を守る!
  • 無添加・ノンシリコンだから、オーガニック系の成分にこだわる人にオススメできる!

7:ドライヤーで髪を乾かす

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントをつけた後は、ドライヤーを使って完全に髪を乾かしましょう。

髪に水分が残っている状態ですと、寝ている間に髪に余計なクセがつきやすくなります。これは、濡れた状態だと髪内部の水素結合が切れやすくなるからです。

花王のくせ毛になる画像

https://www.kao.com/jp/haircare/mechanism_05.html

髪が乾けばこの水素結合も元に戻ります。

きちんとドライヤーとコームを使い、真っ直ぐな状態で乾けば問題はありません。

しかし、髪を十分に乾かさずに寝てしまうと、ボタンを掛け違えたように間違った箇所が結合してしまい、余計なクセがついてしまうのです。

ドライヤーの掛け方についてですが、

  1. 10cm以上髪から離して使う
  2. 髪を高温にしないよう、温度を「中」くらいに設定する
  3. 主に頭皮に当てるように、髪を分けながら根本から乾かす
  4. 乾かした後は、冷風モードで髪を冷やしキューティクルを閉じさせる

の4つの手順で乾かしましょう。

手順を守ることで、髪にダメージを与えることを避け、さらに頭皮環境を整えて髪がキレイに生える土台作りができるでしょう。

※頭皮環境の改善を重視するなら、炭酸シャンプーの使用もオススメです※

ヘアアイロンで髪を整える

ヘアアイロンは髪が完全に乾いた状態で使用しましょう。

濡れた状態の髪にヘアアイロンを使用すると、髪内部で水蒸気爆発が起きてしまい、髪に大きなダメージが与えられてしまうからです。

ヘアアイロンの使い方は、

  1. コームでサッと髪を整え、髪のもつれを解消する
  2. 専用のスタイリング剤か、ヘアオイル・洗い流さないトリートメントを使う
  3. 温度を160~170℃くらいに設定
  4. 髪をヘアクリップなどを使ってブロッキングする
  5. アイロンからはみ出ないくらいの量をはさみ、髪の根元から毛先に向け、2~3秒ですべらせるようにアイロンをかける
  6. 掛け残しがないように、全体的にヘアアイロンをかける

の6つが基本です。

※ちなみにブロッキングは以下の図のようにすると効果的!

ブロッキングの画像

http://venus-style.com/arrenge.php

基本的にヘアアイロンは、出かける前にサッと使用するのが一番。

しかし、朝出かける前はスキンケアやお化粧などもしなければいけないため、どうしても時間が取れないという人もいるでしょう。

時間的な余裕のある夜に行うことで、翌朝も髪がまとまりやすくなります。朝ヘアアイロンをする余裕がない人は、夜のうちに行ってみてもよいでしょう。

髪をまとめて就寝

寝る前に行って欲しいのが、髪をしっかりまとめておくこと。

寝ている間は常に枕に髪が押し付けられている状態なので、髪にダメージが与えられやすいです。

ゆるめのお団子ヘアやツインテール、ポニーテールにすることで、寝返りを打っても髪へのダメージが抑えられます。

 

ショートヘアで髪を結ぶのが難しい人や、就寝前に髪を結ぶのがめんどくさいという人の場合、ナイトキャップを使ってもよいでしょう。

ナイトキャップを使うことで、寝ている間髪が広がって余計なクセがつくことを防げます。

購入する場合は、通気性がよく、手触りがサラサラなシルク地のナイトキャップがおすすめ。

ナイトキャップが蒸れてイヤな人は、枕カバーをシルク地にしても良いでしょう。

【もっと詳しく】おすすめシャンプー・トリートメント・ヘアオイルまとめ

ケア用品のイメージ

ゆめじん ハイビスカスシャンプー

ハイビスカスシャンプーの画像

【価格】

3,024円

【内容量】

300ml

【他のシャンプーにはない特徴】

ハイビスカス葉エキスからとれた植物性ヒアルロン酸配合。

乾燥した状態でしっとりうるおい、湿度の高い状態では水分の吸収を抑え、サラサラな状態をキープしてくれます。

【お得なキャンペーン情報】

公式サイトからお申し込みした場合、今なら期間限定で送料が無料!

700mlのファミリーサイズセット(¥6,480)も購入できるから、何度も取り寄せるのが面倒という人におすすめ!

【口コミ】

使い続けてから髪がサラサラに!
オーガニック系のシャンプーを探している時に、偶然見つけたシャンプーです。
使い続けてから髪がパサつくことが少なくなり、しかも仕上がりも軽くていい感じ。雨の日でもまとまりやすいのは、ハイビスカスの保湿成分のおかげかもしれません!
20代女性

ミチルノ

ミチルノ画像

【価格】

10,800円
(定期コースの詰替え用2本セットの場合、¥8,640)

【内容量】

500ml

【他のシャンプー・トリートメントにはない特徴】

成分はノンシリコンで、代わりに髪を保湿する19種類の植物成分を配合。
シリコンが入っていないため仕上がりが軽く、さらに髪にうるおいとまとまり感が出ます。

ヒートリペア成分の「メドウラクトン」を配合。
60℃以上の熱に反応し、キューティクルをコーティング。ドライヤーの熱から髪を守る+髪のうるおいとツヤを与える効果が得られます。

【お得なキャンペーン情報】

ボトルをすでに持っているなら、1,200円オフの詰替え用が買える定期コースが利用できる!

1回のみ利用できるコースもあるので、お試しとして買うこともできる!

【口コミ】

アミノ酸系シャンプーなのに髪サラサラ
アミノ酸系シャンプーを一度使ったことがあるんですが、シリコンが入っていないせいか、使うと髪がゴワゴワしやすいんですよね。
でも、このミチルノは保湿成分が豊富に入っているからか、洗い上がりもしっとりしています。
シリコンが配合されていないので、髪がぺったんこにならないのも嬉しい!
40代女性

チャップアップヘアオイル

チャップアップヘアオイルの画像

【価格】

3,140円

【内容量】

60ml

【他のヘアオイルにはない特徴】

キューティクルを保護する12種類のピュアオイルを配合。
紫外線・摩擦・乾燥から髪を守り、髪の水分の蒸発を防ぐため、髪のうねりなどを抑えてくれます。

【お得なキャンペーン情報】

チャップアップシャンプー・トリートメント・ヘアオイルの3つセットが9,180円で購入可能!3つセットの場合は送料が無料です!

返金保証付きなので、初めて購入する人も安心して利用できます。

【口コミ】

髪がツヤツヤしてきてびっくり!
昔からウネウネした自分の髪がコンプレックスでした。
友達に相談したところ、オススメしてくれたのがこのヘアオイル。お風呂上がりに使ってドライヤーで乾かしたら、自分でも驚くくらい髪がツヤツヤになりました!
最近では髪のうねりも少しずつ落ち着いてきて、ヘアセット時もまとまりやすくなってます!
30代女性

つむぎヘアオイル

つむぎヘアオイル画像

【価格】

2,484円

【内容量】

100ml

【他のヘアオイルにはない特徴】

美容成分を豊富に含むアルガンオイルのほか、脂溶性ビタミンC誘導体やオリーブ果実油、ホホバ種子油、スクワラン配合。
保湿効果に優れた5種類の成分が、髪にハリやうるおいを与え、切れ毛や枝毛の発生も抑えてくれます。

【お得なキャンペーン情報】

沖縄・離島含めて全国送料無料です!

31日間の返金保証つきなので、初めて買う人も安心!

【口コミ】

ヘアオイルなのに仕上がりサラサラ
私はけっこうなくせ毛で、以前から髪がまとまりやすくなると言われているヘアオイル気になっていました。
しかし、ヘアオイルを使うと髪に不自然なツヤが出たり、髪がベタベタして重くなったりしそうで、なかなか手が出せなかったんですよね。
でも、このつむぎヘアオイルは使うとさっと髪に浸透して、髪がサラサラの状態になり良い感じです。
変なツヤは現れず、髪もベタッとした感じになりません。量も多めなので途中で無くなる心配もないですよ!
30代女性

リシリッチ

リシリッチ画像

【価格】

1,458円

【内容量】

60ml

【他の洗い流さないトリートメントにはない特徴】

ミネラル分+保湿成分が豊富な利尻昆布エキスを配合。
他にも保湿成分として有名なアルガンオイルやツバキ種子油、髪を保護するワサビノキ種子エキスなど、髪に良いオーガニック成分を50種類も配合しています

【お得なキャンペーン情報】

初回購入に限り、送料が無料!

全額返金保証つきなので、初めて買う人でも安心です!

【口コミ】

髪がパサつくことがなくなってきました!
私が住む地域は海が近いので、出かけると潮風のせいで髪がパサつくことがよくあるんです。
でも、リシリッチを使い始めてから、髪のパサつきが収まってきた気がしますね。
クリームなのにすぐサラサラになるので、夜だけじゃなく、朝の忙しい時でもサッと使えるのが良い!
20代女性

くせ毛を活かす方法はある?

髪がうねる女性

くせ毛に悩む女性は多いでしょうが、実はくせ毛にもメリットはあります。

生まれつきストレートの女性とは違い、くせ毛を活かしてさまざまな髪型にアレンジできるのが、くせ毛のメリットなのです。

以下の記事に、くせ毛を活かしたヘアスタイルを詳しく紹介しているので、参考にしてみてください

まとめ

モモンガ

サラサラのストレートに近づくための方法をおさらいすると、

  • 縮毛矯正やストパーを利用する
  • 髪にダメージを与える習慣を避ける
  • 髪の保湿&ダメージ補修をするヘアオイル・トリートメントなどを普段から使用する

といった3つの方法を行うと良いでしょう。

縮毛矯正やストパーは高い効果がありますが、髪のダメージが原因でくせ毛になっている人が利用すると、余計に悪化してしまうこともあります。

そのため、まずは髪のダメージ回避&保湿・補修ケア用品の使ってみて、くせ毛が改善するかどうか試してみることをオススメします。

おすすめの記事