普段肌が乾燥しがちな人だと、頭皮もまた乾燥しやすい場合があります。

頭皮の乾燥は炎症を起こすリスクを高め、抜け毛や薄毛などの問題も起こりやすいです。

そんな頭皮の乾燥に、女性育毛剤は効果があるのでしょうか?

乾燥肌の頭皮に効果的な女性育毛剤

育毛剤イメージ

多くの育毛剤には保湿成分がある

育毛剤に含まれる成分は、ほとんどが「保湿」「血行促進」の二つに大別されます。

どちらも頭皮の環境を整え、抜け毛の予防・緩和に役立てることができるでしょう。

特に乾燥肌の人に必要なのが、頭皮の保湿成分。

頭皮が乾燥すると、活性酸素や皮膚の悪玉菌などの外部刺激を受けやすくなります。

外部刺激は頭皮の炎症の原因となるため、乾燥によって抜け毛が悪化することがあるのです。

育毛剤で頭皮を保湿することで、頭皮に与えられる外部刺激を和らげ、炎症の早期改善・予防を期待できます。

代表的な保湿成分

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • イチョウ葉エキス
  • イソフラボン
  • 海藻エキス
  • オウゴンエキス

血行促進成分も頭皮の保湿には必要

頭皮の血行の促進も、頭皮の乾燥防止に役立ちます。

肌は保湿成分「セラミド」のバリア機能により、外部刺激から守られています。

頭皮が乾燥すると、このセラミドの量が不足し、活性酸素や悪玉菌のダメージが強くなるのです。

頭皮の血行を促進することで、頭皮のターンオーバーが促進。

すると、頭皮のセラミドが多く作られるようになり、結果として頭皮の保湿にもつながるのです。

女性育毛剤で保湿をしても効果がなかった場合は?

クリニックのイメージ

女性育毛剤は、頭皮環境を整えることで、抜け毛の予防や緩和に役立てられます。

しかし、本格的な脱毛症にを発症している場合、育毛剤だけで改善するのは非常に難しいのです。

女性育毛剤で抜け毛が改善されない場合、皮膚科や婦人科の診察を受けましょう。

皮膚科での診察を受ける

抜け毛の原因が頭皮の異常なら、皮膚科での治療が一番です。

頭皮の炎症の原因はさまざまです。

皮脂の過剰による脂漏性皮膚炎や、ヘアカラー・パーマによるアレルギーや接触性皮膚炎、マラセチア菌による炎症など、頭皮の乾燥以外の症状にも対応してくれます。

また、円形脱毛症などの免疫疾患にも対応してくれます。

放置すれば勝手に治るとされていますが、頭部にいくつも現れる多発型や、頭部全体が薄くなる全頭型などは治療が難しいため、皮膚科での治療が必要です。

主に処方される薬
ステロイド系の抗炎症薬

抜け毛の原因が頭皮でない場合は婦人科や美容皮膚科へ

頭皮の炎症以外にも、「FPHL」と呼ばれる女性特有の脱毛症も考えられます。

FPHLが引き起こされる詳しいメカニズムは不明です。しかし、更年期の女性に多く見られることから、女性ホルモンの減少が原因とされているのです。

婦人科や美容皮膚科では、こうしたFPHLでの治療として、ホルモン補充療法を行っています。

治療によって必ず回復するわけではありませんが、多くの人が高い改善効果を実感しているのです。

他にも、出産によるホルモンバランスの変化が原因の産後脱毛症も、この婦人科や美容皮膚科で治療を受けられます。

主に処方される薬
  • ピルの内服薬・外用薬
  • プラセンタなどの皮下注射

普段の生活で頭皮の乾燥を防ぐには?

ニット帽の女性

生活習慣の改善

生活習慣の改善とは、主に食事の栄養バランスの改善・1日1時間の運動・7~8時間の十分な睡眠の3つです。

食事による栄養の摂取、運動による血行促進、十分な睡眠によるホルモンバランスの改善により、頭皮のコンディションを整えられるでしょう。

生活習慣の乱れは、肌荒れなどの問題を引き起こします。

肌は頭皮とつながっています。肌が荒れれば、頭皮の炎症リスクも高まるのです。

肌によい生活は頭皮にもよい生活となります。生活習慣が荒れていて抜け毛が多い人は、まずは少しずつ生活習慣を改めていくと良いでしょう。

外出時に帽子をかぶる

寒くなると湿度も下がってしまうため、頭皮の乾燥がさらに悪化しやすいです。

そんな冬場の頭皮の乾燥対策としてオススメできるのが、ニット帽です。

被ることで帽子の内部が適度に保湿されるため、冬場の乾燥を防ぐことができるでしょう。

ただし、注意して欲しいのが温かい屋内でもかぶってしまうこと。

室内でニット帽などをかぶり続けると、今度は蒸れてしまい、マラセチア菌などの頭皮の悪玉菌が増える原因に。

マラセチア菌はカビの一種であり、湿度が高くなると増殖して抜け毛や薄毛のリスクを増加させます。

ニット帽をかぶるのは空気が乾燥した外へ出るときだけにしましょう。

【室内で帽子を取ると髪型が崩れる…そんな時は?】

帽子を取ると髪にクセがついたり、ぺたんこ状態になることが多いため、できるだけ取りたくないという人も多いはず。

そんな時は、あらかじめ髪を結んでおけば、帽子で髪が乱れることを防げます。

「くるりんぱ」で髪を結んだり、三つ編みっぽく髪を編み込むことで、髪型崩れを気にせずオシャレにコーディネートできます。

洗浄力の低いシャンプーを選ぶ

スーパーやドラッグストアなどで安く販売されているシャンプーの多くは、「ラウレス硫酸ナトリウム」と呼ばれる洗浄剤が入っています。

よくネットで毒性や頭皮への刺激について批判されていますが、この成分が頭皮の炎症や抜け毛、アレルギーなどの重大な被害を与えたという記録は全くのゼロであるため、安全性についてはしっかりと保証されています。

ただ、洗浄力が高いため、乾燥肌の人が使用すると必要最低限の皮脂まで取り除く恐れがあるのです。

頭皮の乾燥が気になる人は、洗浄力の低いアミノ酸系シャンプーを使用することをオススメします。

女性育毛剤・頭皮ローションで保湿

頭皮の保湿を行う上で、欠かせないのが女性育毛剤や頭皮ローションです。

1日1~2回程度使用することで、保湿成分によって手軽に頭皮の乾燥を防ぐことができます。

ただ、乾燥肌や敏感肌の人の場合、育毛剤に含まれる成分でかぶれてしまうことがあります。

頭皮にあった育毛剤が見つからない場合、成分がシンプルな頭皮ローションを使用することをオススメします。

まとめ

潤いのイメージ

乾燥肌は生活習慣の改善である程度対策をすることはできますが、中には体質的に肌が乾燥しやすい人もいます。

そういった人の場合、頭皮を保湿するアイテムの使用が一番といえるでしょう。

保湿と血行促進の2つの効果が得られる女性育毛剤は、頭皮が乾燥しがちな女性にとって理想的なアイテムかもしれません。

おすすめの記事