AGAになると、M字ハゲや頂点ハゲなどになる可能性が高いです。その理由は、AGAはヘアサイクルのメカニズムを崩してしまう力があるからです。健康的なヘアサイクルの場合は成長期、退行期、休止期のメカニズムをしっかりと行なってくれます。ですが、AGAになると成長期が短くなってしまい十分な成長をしないまま退行期を迎えてしまいます。そのため、休止期を迎える前に髪の毛が抜けてしまうというトラブルが発生してしまうのです。このことから、抜けるスピードに新しく髪の毛が生えるスピードが追いつかなくなってしまい徐々に頭皮が薄くなってしまうのです。AGAはこのような影響を頭皮に与えるため、早めに専用のクリニックで治療を受けることが大切です。

専用のクリニックでは様々な治療方法でAGAの治療を行なってくれます。その理由は、一つの治療方法だけになると、適さない人はAGAの改善ができなくなってしまうからです。定番の治療方法は投薬で行なう手段です。投薬なら自宅で行なうことができ、自分のペースで治療ができるため多くの人から人気が高いです。他にも、AGAの治療効果がある成分を直接頭皮に注入する方法もあります。この方法なら投薬よりも短期間で効果が期待できるため、あまり時間をかけたくない人に適しているのです。この他にも、約半年でAGAの治療を行なう方法もあります。この方法は短期間で改善を望んでいる人に適している治療方法となります。ですが、短い期間で確かな効果を得るためにも専用のクリニックに通院しないといけないため、利用するなら時間に余裕を作らないといけません。このように専用のクリニックでは様々な治療を行なっているため、最も自分が求めているメリットが得られる方法でAGAの改善を行ないましょう。

栄養補給による治療効果

プロペシアなどの処方薬の使用以外にも、大阪のAGAクリニックでは育毛治療を行ないます。育毛メソセラピーと呼ばれる治療法を用いることで、髪に栄養を与えて発毛を促すことができるのです。髪が抜けてしまう原因として、髪の栄養不足も挙げられます。毎日きちんと三食摂っている人でも、髪の発毛に関わる栄養素を摂取していないため、髪が栄養不足となる場合があります。各種タンパク質やビタミンのほか、もっとも重要とされているのが亜鉛と呼ばれるミネラルです。髪の構造を作り出す重要なミネラルなので、摂取量が不足すると毛髪の量も少なくなってしまうのです。大阪のAGAクリニックは、この髪の栄養不足に対応する育毛メソセラピーを行ないます。注射によって頭皮へ髪の発毛に必要な栄養素を注入することで、栄養不足の髪へ迅速に栄養を届け、髪の発毛を促すことができるのです。

育毛メソセラピーは注射によって栄養素を体内へ注入できるので、育毛剤などを使用する頭皮への塗布よりも高い効果が得られます。しかし、注射を使用すると聞いて痛みによる負担を危惧する人も多いでしょう。育毛メソセラピーは大阪のAGAクリニックに通うことで、何度も行なうものです。毎回注射の痛みに耐えることとなるのではと考え、多くの人は憂鬱な気持ちになるでしょう。そこで、大阪のAGAクリニックでは痛みのない育毛メソセラピーを行ないます。エレクトロポレーションと呼ばれる治療法によって、痛みを与えずに育毛効果を与えられるのです。エレクトロポレーションは、電気によって細胞に小さな穴を開ける技術です。細胞にごく小さな穴を開け、栄養を流し込むことで育毛効果が得られます。神経へ影響を与えずに治療ができるので、痛みもなく育毛メソセラピーの効果が得られるのです。注射による負担が不安である人は、こちらのエレクトロポレーションによる方法を利用してみましょう。

抜け毛は男性だけでなく、今では女性にとっても大変大きな悩みの一つになっています。抜け出す量が多くなると、そこからの進行はとても早いものです。抜け毛が多い人のほとんどが何かしらの対策を取っているものと思います。しかしその効果を得ている人は非常に少ないでしょう。ここではその対策の一つとして、発毛を促すシャンプーを勧めたいと思います。シャンプーといっても、発毛用の成分が入るものです。その成分とは「フルボ酸」といいます。あまりなじみのないものですが、その特徴を説明します。フルボ酸の発毛に関わる最大の特徴は、キレート作用です。キレート作用とは簡単に説明すると、必要なものを吸収しやすくし、不必要なものは排除する働きのことです。つまりフルボ酸が含まれるシャンプーを使うことで、頭皮の環境を発毛に適した環境に整えることが可能になります。

最大限に効果を発揮する

フルボ酸の入ったシャンプーを使用することで、頭皮の環境は発毛に適した環境に整えられます。その効果をより強く、より早くするための工夫を紹介します。それは、頭の洗い方です。シャンプーはただ泡立てて洗髪をするだけではあまり意味がありません。では、どのように洗えばよいのでしょうか。まず、シャンプーをつける前に温水で頭を濡らし頭皮を柔らかくするように揉むことです。イメージは頭皮をつまんでマッサージするような感じです。続いて洗髪する際も爪を立てて洗うのではなく、指の腹を使います。指の腹でシャンプーの成分であるフルボ酸を馴染ませるように揉み込むような感じでシャンプーをすることです。揉み込むことで頭皮や毛穴に詰まっている油脂等の汚れを排除しやすくし、頭皮の環境が整えられます。結果、発毛に適した環境になっていくのです。

本気で育毛を考える

発毛と育毛とは似ているようでありながら大きな違いが存在します。発毛とは髪が生えることであり、育毛とは生えた髪を育てるということで、発毛無くして育毛を行なうことは不可能となります。多くの人はこの2つの概念を混同しており、間違った育毛に取り組んでいるため、効果が出にくいということがあるでしょう。ここで言いたいのが育毛剤の効果です。育毛剤は、現在様々な発売元から多くの種類が販売されており、その市場は巨大化しています。これは、AGA治療が進む中で、西洋医学につきものである副作用情報があり、育毛剤には副作用が無く、安心して育毛に取り組めると思う人も多いです。しかし、育毛剤を長期的に塗布しても一向に改善が望めず、出費のみが嵩むこともよく聞くことです。

育毛を可能にする条件とは

前に話したように発毛無くして育毛を実現することは不可能ですが、そのためにもまずは、発毛を促す行為が必要であり、発毛のための条件を整えることが必要となります。髪は、皮膚と同様に人の身体の末端細胞で、新陳代謝が進むことにより、毛根から新生毛を押し出すかたちで、毛穴から毛髪として飛び出してきます。飛び出した髪は、爪や皮膚と同様に神経は存在せず、ただ、それなりにバリア機能などの役割を果たします。しかし、代謝が衰えたり、そのバランスを崩すことで、発毛が促されず、いくら育毛剤を使用しても、十分な効果が得られないということもあります。このことは、条件の悪い土壌に種を蒔いても食物が成長しない様と同様で、頭皮環境や体内環境が整っていない状態で育毛剤のみに依存しても効果は無いということになります。そのためにも基礎代謝を上げ、正しいヘアケアを行い、質の良い育毛剤を使用するという順序が必要となるでしょう。

おすすめの記事