女性育毛剤の中でも、ひと際目を惹くのが「女性ホルモン配合」の育毛剤。

「抜け毛の原因は男性ホルモン」という話は有名ですから、いかにも効きそうですよね。

しかし、こうした女性ホルモンが含まれた育毛剤は本当に効果があるのでしょうか?詳しく調べてみました!

女性ホルモンが配合された育毛剤は効果がある?

首をかしげる女性

女性ホルモンが配合されてる育毛剤ってなに?

イソフラボン配合育毛剤

女性ホルモンに近い働きをする成分といえば、大豆などに含まれるイソフラボンが挙げられます。

構造が女性ホルモンに近いため、摂取することで更年期障害を緩和することができるとされています。

代表的な育毛剤:スカルプDボーテ エストロジー スカルプセラム

エチニルエストラジオール配合育毛剤

エチニルエストラジオールとは、体内で作られる女性ホルモンの一種「エストラジオール」を合成によって作り出した成分のことです。

エストラジオールは更年期障害の治療薬であり、婦人科では飲み薬や塗り薬として処方されます。

一方でエチニルエストラジオールは医薬部外品であり、ジェミーナ配合錠などの一部飲み薬以外は、主に化粧品などに配合される成分です。

代表的な育毛剤:コラージュフルフル育毛ローション&育毛スプレー

女性ホルモン成分の入った育毛剤に発毛効果はない

女性に起きる抜け毛・薄毛は、女性ホルモンの減少が原因だと指摘されています。

そのため、イソフラボンやエチニルエストラジオールが配合された育毛剤で足りないホルモンを補えば、また髪が生えてくると考える人もいるでしょう。

しかし、結論としていえば、これらの成分が直接発毛に働きかけることはありません。

なぜ発毛効果がないの?

育毛剤の説明をよく読めばわかりますが、イソフラボン・エチニルエストラジオールはどちらも「保湿成分」として表記されています。

これはつまり、これらの成分が肌の奥にまで浸透することができないことを意味しているのです。

この二つの成分は、どちらも分子が大きく、肌を透過することができません。

そのため女性ホルモンのように体へ直接働きかけることもありませんし、直接発毛させるほど強い効果もないのです。

発毛できないなら使う必要はない?

「発毛できないなら買う意味がない!」と考える人もいるでしょう。

しかし、そもそも発毛剤と育毛剤は使用目的が異なるものです。

効果の優劣や、どちらを使うべきかといったことはナンセンスといえます。

育毛剤は、「育毛」によって抜け毛・薄毛症状にアプローチする

育毛剤は、抜け毛の原因の一つである頭皮の炎症を抑えたり、薄毛の原因である髪の成長不良を改善することが目的の商品です。

風邪で例えるなら、発毛剤が病原菌を直接攻撃する抗生物質で、育毛剤が風邪の諸症状を抑える風邪薬のようなもの。

抗生物質の効果は強力ですが、一方で副作用も強く、価格も高いです。おまけに風邪の原因がウイルスの場合は効き目も現れないため、気軽に使用することができません。

一方で風邪薬は、効果は低いものの、風邪の症状の緩和や副作用の低さ、さらに薬局で安く買えることから、症状が見られた場合に気軽に使うことができます。

女性の抜け毛・薄毛は女性ホルモンが関係していると考えられていますが、未だにその詳しいメカニズムは判明していません。発毛剤を使ったとしても、抗生物質のように効かない可能性があります。

育毛剤は、発毛剤に比べ副作用が少なく、クリニックでの診察も不要であるため、手軽に利用ができます。

そういった意味で、抜け毛・薄毛に育毛剤は一定の効果をもたらしてくれるのです。

育毛剤の効果は?

血行促進で髪の成長をサポート

多くの育毛剤には、頭皮の血行を促進する成分が配合されています。

髪を作る細胞は、頭皮の毛細血管から栄養を得て成長します。

血行促進により、髪を作る細胞が活性化すれば、髪は太く成長しやすくなるでしょう。

女性の薄毛は抜け毛だけでなく、髪の成長不良で細くなることも問題です。

髪の一本一本が太くなれば、その分地肌が透けにくくなり、薄毛が目立たなくなるのです。

実際にアデノシンなどの育毛剤の成分は、頭皮に塗ることで髪の成長を促したとして、論文にもその効果が掲載されています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/45/1/45_35/_pdf

上の研究の結果では、被験者13名中、8割の11名に薄毛の改善効果が見られたそうです。

このことから、育毛剤による改善効果は確かにあるということがわかります。

保湿効果で頭皮の炎症を緩和

ほとんどの育毛剤に含まれているのが、頭皮を保湿する成分です。

頭皮の保湿は、抜け毛の原因である頭皮の炎症を抑えることに役立ちます。

頭皮は、日光からの紫外線や活性酸素、頭皮の悪玉菌の影響など、さまざまなダメージを受けています。

健康的な頭皮であれば、皮脂によってそれらの刺激を防いでいますが、炎症を起こした頭皮は皮脂の分泌が少なくなり、外部からの刺激を受けやすいのです。

頭皮の保湿をすることで、紫外線などの外部刺激を水のバリアによって守ることができます。

外部からの刺激を抑えれば、頭皮の炎症が治まりやすくなり、結果として抜け毛の抑止につながるのです。

女性ホルモン療法で抜け毛治療はできる?

クリニックのイメージ

抜け毛治療に女性ホルモン療法は用いられない

女性の薄毛は、女性ホルモンの減少が原因だといわれています。

そのため、「女性ホルモン補充療法で髪が生える」という話も見られますが、婦人科などのクリニックでは抜け毛や薄毛に対してこうした治療法は行なわないのです。

これは、女性の薄毛・抜け毛症状を意味するFPHLが、女性ホルモン補充療法で治らないことがあるからです。

原因不明のFPHLは女性ホルモン補充療法で治らないことも

ホルモン補充療法とは、元々ホルモンの減少によって起こる更年期障害の治療方法です。

基本的にはホルモン剤を飲むことで、直接ホルモンを補充するやり方が行われます。

更年期障害の改善には有効とされていますが、一方で女性の抜け毛・薄毛に効果があったというデータは少ないです。

というのも、女性の抜け毛・薄毛を意味するFPHLは原因がはっきりしていないため、ホルモンの補充の効果も人によってバラバラだからです。

ホルモン補充によって抜け毛が改善された人もいれば、全く効果を感じなかった人もいます。

さらに問題なのは、このホルモン補充療法は保険適用ができないということ。

重度の更年期障害であれば保険の適用もされますが、抜け毛や薄毛治療が目的であれば、自由診療扱いとなるため、高い費用がかかるのです。

効くかどうかもわからず、さらに高い費用負担もあるわけです。こうした理由から、婦人科では抜け毛の治療として積極的に行われないのです。

FPHLにはどう対処すればいい?

毎日ごっそりと髪が抜けていたり、明らかに地肌が透けているほど重度の場合、クリニックでの治療を受けましょう。

頭皮のかゆみや腫れ、フケが見られる場合、または円形脱毛症のような症状がみられる場合は皮膚科で対応してくれます。

それ以外の、頭皮の異常が原因でない場合は、婦人科や美容皮膚科で治療を受けられるでしょう。

ただ、症状が深刻でない場合、例えば抜け毛が少し増えた気がする、といった程度の症状なら、無理にクリニックへ受診する必要はありません。

まずは普段からの抜け毛・薄毛へのケアを行い、症状が治まるか様子をみてみましょう。

女性ホルモンによる抜け毛は日ごろの生活習慣で対処しよう

運動をする女性

日ごろの生活習慣の改善

ホルモンバランスの乱れは、日ごろの生活習慣の改善によって対処できます。

生活習慣の改善の基本は、栄養バランスのよい食事・1日1時間の運動・7~8時間の十分な睡眠、の3つです。

生活習慣の乱れは、体調の悪化を招くだけでなく、疲労感からくるストレスや自律神経の乱れ、免疫力の低下も招きます。

これらは抜け毛や薄毛のリスクを高めるため、規則正しい生活習慣によってリスクを下げる必要があります。

急に生活習慣を変えるのは難しいでしょうから、まずは継続することを目標に、少しずつ生活習慣を変えていくようにしましょう。

定期的なヘアケアを行う

生活習慣の改善と一緒に行っておきたいのが、定期的なヘアケア。

シャンプー中に爪を立てて洗ったり、シャンプーやトリートメントを十分にすすぎ落としていないと、抜け毛や薄毛のリスクを高めてしまいます。

指の腹で優しく洗う、シャンプーやトリートメント後はヌルヌルがなくなるまですすぐなどして、頭皮に負担を与えないようにしましょう。

また、ヘアケアをする上でおすすめなのが、女性育毛剤です。

頭皮の保湿成分や、血行促進成分が配合されているので、毎日1~2回頭皮に塗ることで頭皮を健康な状態に保てるでしょう。

まとめ

笑顔の女性

女性ホルモンが含まれた育毛剤は、女性ホルモン自体が毛根に影響を与えることはありません。

しかし、頭皮の保湿効果によって、抜け毛や薄毛の原因である炎症を抑えることが期待できます。

即座に抜け毛が改善するほどの強い効果はありませんが、よく聞く副作用もないので、ヘアケアの一環として気軽に使用してみてもよいでしょう。

おすすめの記事