「最近抜け毛が多くて心配…」

という不安を抱える人は多いです。

抜け毛・薄毛の問題を治す方法といえば、育毛剤かクリニックでの治療の2つが挙げられます。

しかし、

「育毛剤とクリニック、どっちを選択するべき?」
「育毛剤で髪は生える?生えない?どっち?」

と悩む人も多いはず。
そこで、今回は発毛・育毛の違いと、症状に合わせた選び方についてご説明します。

発毛と育毛は何が違う?

発毛 育毛
髪の本数 本数が増えたと実感する人が多い 髪を増やす下地作りが目的なので、増やすことは難しい
見た目の変化 薄毛の改善が実感しやすい 急激な変化は難しい。

髪のボリュームアップにより印象が変わることはある。

効果が現れるまでの期間 早い人で6ヵ月

平均して約1~3年

早い人で6ヵ月

※育毛の効果は人によって現れ方、感じ方が異なるので、医薬品のように効果を明確に表記できない

副作用 【男性】

  • 肝機能障害
  • うつ
  • 性欲減退
  • ED
  • 精子減少

【女性】

  • 胎児・乳児の発育異常

※治療薬のプロペシアを使った場合

肌に合わない場合、頭皮のかゆみや炎症などのアレルギー症状が現れる。
主な方法 プロペシア・ミノキシジルなどの治療薬の処方 育毛剤・育毛シャンプーの使用

育毛と発毛の違いは、だいたい上の表のような内容です。

簡単にいえば、

  • 育毛は発毛を促すための下地作りや、抜け毛などの抑制をすること。
  • 発毛はAGAなどの薄毛の症状を治すために行う治療行為

ということです。

表を見ると、発毛は重い副作用があるように思われますが、こうした副作用が現れることは稀であるため、特に危険視する必要はありません。
また、女性への発毛治療も、女性が使っても問題ないミノキシジルなどの治療薬が処方されるので、安心して治療を受けることができるでしょう。

ここまで読むと、「発毛治療にリスクがないなら、育毛はしなくてもいいんじゃないの?」という疑問が浮かぶはず。
本当に育毛は行う必要はないのでしょうか?

育毛をする必要はある?

お手上げなイメージ

「育毛剤を使っても髪は生えない」という話は昔からよく聞きます。

髪が生えないなら育毛は意味がない!

育毛剤を売っているメーカーが、情報弱者をダマしているだけ!

という言論もネットでは良く見られます。
しかし、本当に「育毛に意味はない!」と簡単に切り捨ててもよいのでしょうか?
物事を正しく知るためには、デメリットだけではなく、メリットについても知る必要があります。
そこで、育毛に関するメリットについてご説明します。

育毛のメリット

育毛メリットまとめ
  • 薄毛の予防をすることができる
  • 発毛治療に比べると安い
  • クリニックへ行かずに自分で手軽に行うことができる
  • プロペシア・ミノキシジルで副作用が起こる人でも問題なく使える

育毛のメリットの中で、最も重要なのは「薄毛の予防をすることができる」という点でしょう。

例えば下の図のように、

男性_薄毛進行度

https://www.agaskin.net/kt/news/archives/17

左上のI型や、右上のⅡ型の場合、見た目には全く薄毛が見られませんよね?
この状態でAGA治療を受けるのは、多くの人が抵抗を覚えるのではないでしょうか?
しかし、本人からすれば、抜け毛が増えていることが気になっていたり、髪のボリュームが減っていることに危機感を抱いていたりするわけです。
「治療を受けるほどじゃないけど、何かしらの薄毛対策をしておきたい…」
そんな人のために、育毛による薄毛予防は効果的なのです。

また、女性の薄毛の場合も、

女性_薄毛進行度

https://www.tokyobeauty.jp/lab/datsumosho/biman

1番左の図のように、多少分け目が広がっている程度であれば、治療を受けるのはおおげさだと感じるでしょう。
特に女性の薄毛は、男性とは違い頭皮環境の悪さが原因であることも多いです。
ヘアカラーやパーマのしすぎ、または1日に何度もシャンプーをする、などの頭皮に負担を与える習慣が薄毛の原因であることも考えられます。

※女性の育毛については、以下の記事でも詳しく書かれています!

男女ともに、頭皮環境の悪化が薄毛の原因であれば、頭皮環境を整えることで症状は改善します。
育毛は、育毛剤や育毛シャンプーを使い、血行促進や保湿により頭皮環境を整えることが目的です。
頭皮環境の悪化が原因であれば、育毛によって症状が収まることもあるのです。

育毛をするべき人はどんな人?

育毛をするべき人

髪が気になる男性1

  • 最近ちょっと抜け毛が増えてきたのが気になる
  • 髪のボリュームが昔よりも減った気がする
  • 昔よりもちょっと額が広くなった気がする   
  • 髪の分け目が広くなった気がする

発毛治療を受けるべき人

髪が気になる男性2

  • 頭頂部や髪の分け目の地肌がかなり目立つ
  • 額が頭頂部の近くまで後退している
  • つむじが広がり、カッパのような状態になっている
  • 髪のボリュームが全体的に少なくなり、地肌がまばらに透けて見える
  • 後頭部や側頭部にしか髪が残っていない
  • 人に会うと、必ず視線が自分の頭部へ向けられる
  • 自分でもはっきり薄毛だと自覚できている

簡単にまとめると、

薄毛ではないけど、将来的にちょっと気になる人…育毛

鏡を見て、明らかに薄毛だと自覚できている人…発毛治療

という風に対処するとよいでしょう。

育毛の方法は?

インスピレーションのイメージ

代表的な育毛の方法は主に4つ。

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 頭皮マッサージ
  • 生活習慣の改善

が挙げられます。それぞれについて見ていきましょう。

育毛剤

育毛剤イメージ

  • 使用することで、血行促進や頭皮の保湿、髪のハリ・コシアップなどの効果が得られる。
  • 頭皮環境を改善し、薄毛の抑制や発毛がしやすい下地を作るのが目的。
  • また、髪のハリやコシをアップし、薄毛によって減っているボリュームを補える製品もある。
  • 医薬部外品の育毛剤の場合、頭皮の炎症を抑える成分も含まれている。

ほとんどの育毛剤は、頭皮に直接塗って使用します。
1日2回、主に起床時やお風呂上がりの使うことが多いです。
効果を高めるために、育毛シャンプーの使用や生活習慣の改善をしながら使うことがおすすめ。
また、副作用によるリスクが少ないため、発毛治療と一緒に使用してさらに発毛を促すこともできます。

育毛シャンプー

シャンプーイメージ

  • ほとんどが低刺激のアミノ酸系洗浄剤で作られている
  • 髪の成長を促すボタニカル成分が豊富
  • 保湿成分が含まれているシャンプーもあり、頭皮の乾燥やハリ・コシのアップ効果が期待できる
  • 髪のダメージを防ぐ弱酸性で作られているものもある
  • 製品によって、血行促進効果のある成分が入っている
  • 医薬部外品の場合、抜け毛の原因となるマラセチア菌への除菌・抗菌成分が入っている

育毛シャンプーの特徴は、洗浄力の低いアミノ酸系洗浄剤で作られていることです。

洗浄力が強いと、髪や頭皮への負担も大きくなり、肌に合わない人だと抜け毛が増える原因に。

洗浄力の低いシャンプーであれば、頭皮を守る最低限の皮脂まで落とさず済むため、頭皮のダメージを抑えることができます。

また、育毛シャンプーによっては肌質ごとに異なるタイプを用意しています。

皮脂が過剰に分泌される人には洗浄力を強めに、乾燥しやすい人には洗浄力を弱めに調整しているシャンプーもあるので、自分のタイプに合わせて選ぶこともできるでしょう。

頭皮マッサージ

ヘッドスパイメージ

  • 頭皮をもみほぐすことで血行を促進する
  • 手で行うこともできるが、専用の道具や機器で行うこともできる
  • 育毛剤を使用する時、頭皮に浸透させながらマッサージをするのが効果的

頭皮マッサージは、頭皮の血行を良くするツボを刺激し、血行を改善させる方法です。

髪を作る細胞は、頭皮の毛細血管から栄養を得て活動します。

血行不良によって毛細血管の流れが悪くなると、細胞が栄養を得られなくなり、活動が衰えてくる可能性があるのです。

そこで、頭皮マッサージを行うことで、血行不良による抜け毛を予防できるのです。

※ちなみに、「薄毛の原因は頭皮が硬くなるから。マッサージで頭皮を柔らかくしましょう」という情報もネットでは見られますが、頭皮の柔らかさと薄毛に関連性はありません。
頭皮マッサージの目的は、あくまで血行の促進だと念頭におきましょう。

生活習慣の改善

健康イメージ

  • バランスの良い食生活を送り、髪に良い栄養を摂取する
  • 適度な運動をして、全身の血行を促進させる
  • 十分な睡眠を取り、ホルモンバランスの調整&ストレスを改善
  • 大量のタバコや過度の飲酒を控える
  • ストレスの原因の解消&ストレスの発散

生活習慣の改善とは、髪によい習慣を送ると同時に、髪に悪影響を及ぼす習慣の改善を行うことです。

ようするに、健康に悪い習慣を改善し、健康的な生活習慣を送ることだといえますね。

注意して欲しいのが、1つ2つの生活習慣を改善しただけでは、薄毛や抜け毛への効果は薄いということ。

生活習慣の悪さは、いってみれば少額の借金をしているような状態です。

1つ2つの悪い習慣は体にさほど影響はありませんが、いくつも悪い習慣が重なれば、積もり積もった借金が体に大きな負担を与えてしまうのです。

しかし、普段の身についた生活習慣を一気に変えることは難しいはず。

そこで、自炊して栄養バランスをの良い食事をする・1日1時間程度の運動をするなど、始めやすく、続けやすい範囲で徐々に普段の習慣を改善していきましょう。

まとめ

ポジティブなイメージ

育毛と発毛の違いを改めてまとめると、

  • 育毛…薄毛、抜け毛が気になる人、または発毛治療をしている人が同時に行うもの
  • 発毛…薄毛が目に見えて明らかな人が受けるべき、医療行為

ということです。

「薄毛治療は兆候が見られる早いうちに行ったほうがいい」という意見もあります。

しかし、単純にストレスや頭皮環境の乱れで一時的に抜け毛が増えてしまった場合もあるため、兆候が見られるからといって不安になったり、即座に高額な治療を受けたりするのは考えものです。

「まだ薄毛ってわけじゃないけど、ちょっと心配かな」という人なら、まずは手軽に育毛剤や育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事