自毛植毛は側頭部や後頭部など薄毛でも比較的髪が多く残っている部分から、毛髪を採取して髪の薄い部分に移植していく方法の薄毛治療です。治療効果の確実性の高さなどから、人気が高まっています。ある程度の密度が必要なおでこの生え際が薄くなっている場合には、特に自毛植毛は効果的です。自分の頭皮から採取された毛髪なので、拒絶反応はありませんが、治療後には一旦髪が抜け落ちることがあります。この症状のことをショックロスと言います。原因は今のところよくわかっていないというのが現状ですが、一時的に抜けても再度生えてきます。こうした症状には個人差があり一概には言えませんが、術後数か月ほどで抜け毛が増えるなどの症状が現れることが多いです。一年ほどすれば元通りになるので心配しないようにしましょう。心配しすぎるとストレスになってかえって他の部分まで髪が抜けてしまうかもしれませんので注意しましょう。

薄毛治療の新たな選択肢

数多くの薄毛治療が存在している中で、自毛植毛という方法を選んでいる人が多く存在しているのには、自毛植毛にしかない大きなメリットが存在しているからです。多くの場合薄毛治療には長い時間がかかります。効果が出るまでに長い時間がかかってしまって途中であきらめてしまう人や、治療がその人に合わなくて何年経っても効果が出ない場合もあります。その点自毛植毛は直接髪が生えている頭皮を移植するので、発毛の成功率が高いため長期間にわたる治療という負担が少ないので人気です。自毛植毛は自分の頭皮を移植するので、拒絶反応の心配がありません。さらには頭皮が一度定着してしまえば、あとは自然に髪が生えてきますのでメンテナンスを必要としていません。こうした様々なメリットから、自毛植毛という選択をする人が増えているのです。

男性の頭頂部の薄毛の進行はAGAの典型的な症状で、つむじ部分を中心に進んで、次第に広がってくるでしょう。頭頂部脱毛はつむじはげとも言われ、つむじはげは対処が早ければ早いほど改善も可能といわれています。髪の成長メカニズムについて説明すると、髪は人の末端細胞として成長し、吸収された栄養が毛乳頭に到達する際には1%未満となります。頭皮への血管自体も細くなります。加齢により代謝の衰えが出ると、髪の成長が進まなくなり次第に薄毛となります。とくに頭頂部は上半身部分で心臓からもっとも遠い個所となるため、栄養が伝わりにくいです。元々髪が生えていたのであれば、その時と同じ条件に近づければ、髪の成長が進むはずです。

発毛を促す

つむじげは男性ホルモンであるテストステロンが抜け毛を進行させる還元物質である5αリダクターゼと結びつくことで症状が進むと言われています。男性ホルモンが抜け毛に良くないという認識がありますが、男性ホルモンであるテストステロンは毛髪をつくる大事なもので、還元物質である5αリダクターゼが結びついてジヒドロテストステロンとなることがつむじはげを進める原因となるのです。つむじはげの原因は大きく2つあり、抜け毛を促進する還元酵素と髪への栄養が不十分となることです。有酸素運動や頭皮マッサージで頭皮の血流を改善させ、十分な栄養を取り、しっかりとした睡眠にて、新陳代謝を高め、育毛剤などで外部からアプローチすることが育毛の第一歩です。

髪の毛は寿命を迎えることで自然と抜け落ちるのですが、それ以外にも頭皮に負荷が掛かってしまと抜けることがあります。毎日平均して80本から120本程度抜けるとは言われているのですが、本数が多くなればなるほど薄毛が進行してきていると思って良いかもしれません。女性は男性に比べると薄毛の悩みは少ないと思われがちですが、実は髪の毛が薄くなってきて悩んでいるという人は年々増加しているのです。女性の薄毛の理由は男性と異なる部分もありますが、ストレスやダイエット、ホルモンバランスの乱れや加齢などが原因として挙げられます。女性ホルモンのバランスが乱れると薄毛になる傾向が強いですから、更年期障害によって髪の毛が抜けやすくなることがあります。

対策や解消方法

薄毛になってしまったからと言って髪の毛が生えてこない訳ではありません。ケアをすることによって発毛へと繋げることができるのです。女性のための育毛商品も開発されていますから、専用の商品を利用して頭皮と毛髪のケアを行ってください。ケアとして人気があるのが育毛剤です。育毛剤は頭皮から栄養を吸収することによって発毛促進へと導くことができますし、面倒な手間がなく頭皮に付けるだけで効果を発揮する優れた育毛商品です。また、育毛成分が配合されている育毛シャンプーも通常のシャンプーから変えるだけですからケアをすると言うよりも習慣化させることができます。育毛ケアは一時的に行うよりも長期のスパンで考えたほうが良いかもしれません。

薄毛の悩みの対策商品と言うと、中高年の男性が主なターゲットですが、中高年の女性も同じように薄毛で悩んでいます。若い人でも一部薄毛をどうにかしたいと思っている人も多いです。男性の場合は髪全体の毛髪の量が気になりますが、女性の場合は少しボリュームが減っただけでも悩んでしまい、あれこれ対策をしようとするものです。髪のハリを強めるシャンプーやウイッグをつけてボリュームを出そうとする人は多くいます。女性向け育毛剤も最近は多くの種類が販売されています。時々、旦那さんが使っている育毛剤をちょっと使ってみたと言う人もますが、男性用育毛剤は強いので合わない人もいますし、やはり男女で頭皮や髪の構造が違うので、専用の女性用育毛剤を使うほうが安心です。

含まれる成分と働き

髪の毛が生えるということは、毛母細胞が分裂することで生えることになります。この毛母細胞に、しっかり栄養が行き渡ると髪が生えやすくなります。育毛剤は、頭皮や毛根周辺の血行を促進する漢方成分が多く含まれています。血行を良くすることで栄養が良く行き渡るようにする作用があります。また、健康な髪が生えやすくするには、頭皮を乾燥しにくくし、毛穴を詰まりにくくすることも重要です。そして、多くの育毛剤に含まれるコラーゲンやたんぱく質であるペプチド、プラセンタが毛母細胞を活性化させることで、髪が生え変わるヘアサイクルを改善させる働きもあります。このように、配合された様々な成分で多方面から髪が生えるのをサポートするのが育毛剤です。

男性特有のトラブルには、様々な病気があります。前立腺に関する病気や、毛髪に関するトラブルには非常に多くの男性が悩んでいるのです。前立腺に関する治療は泌尿器科で治療が可能ですが、毛髪に関するトラブルにはどこへ行けば良いのでしょうか。今まで男性の脱毛や薄毛に関するトラブルは、仕方がないものだと認知されてきました。しかし、医薬品の開発が進み、治療が出来る症状であるということが徐々に広まっています。頭皮や毛髪に関する専門外来も名古屋に登場しており、悩んだらまずは相談という仕組みが出来上がっているのです。治療薬にはいくつか種類があり、どれも男性ホルモンの動きを抑制する働きがあります。もちろん治療薬程度では不妊には至りませんので、安心して摂取することができます。

発毛サイクルとは

男性特有の脱毛症状をAGAと言いますが、AGAはどの程度の時間をかければ治癒にいたるのでしょうか。治癒までにかかる時間にはもちろん個人差がありますが、期間は『発毛サイクル』に着目することである程度予測できます。人間の発毛サイクルは羊などの動物に比べると長く、数か月はかかると言われています。名古屋でAGA治療を開始する場合、数週間程度で毛髪が蘇るというものではないと知っておきましょう。すぐにフサフサにならないからと諦める必要はありません。名古屋にある専門外来はメンズサロンになっており、プライバシーを守りたい男性にうってつけです。他の地方都市に比べると名古屋はAGA治療に特化したサロンは多いので、気長な治療に臨みましょう。

おすすめの記事