AGAとは男性型脱毛症の総称です。成人男性に多くみられる症状で、髪の毛の一部が抜け、薄くなっていく症状がおこります。その原因は遺伝若しくは男性ホルモンによる影響とされていますが、全ての原因は解明されていません。 AGA治療を施す病院は全国に数多くありますが、根本的に改善できるものは現時点ではありません。塗り薬や飲み等が多く巷には出回っていますが、どれも絶大な効果を発揮するものではありません。また、AGA治療は健康保険対象外なため、治療費は高額となります。 AGAを発祥した場合は飲み薬や、塗り薬の他に生活習慣を改する事で改善する場合もあります。現時点で髪の毛によくないとされている事は、喫煙です。これは血行を阻害するため、毛髪の育毛環境を阻害する恐れががるためです。また、適度な運動や野菜ジュースを飲む等、様々な育毛環境を作るうえで必要だとされています。

AGA治療のメリットと費用

AGA治療は、飲み薬と塗り薬による治療があります。しかし、保険対象外治療のため、月に1万円異常の費用が必要です。年間でいうと10万円以上の費用が必要となってきます。AGA治療は早期に治療する事が望ましいと言われており、長年薄毛の状態を奉仕すればするほど、効果は薄れ、その分費用は高くなってしまいます。 AGA治療は、飲み薬や塗り薬の他に最近ではハーグ治療という髪の毛を生やすために必要となる成長因子を頭部に直接打ち込むという治療があります。これは発毛率90%以上と言われており、現段階の薄毛治療としては一番効果がある治療法として注目されています。 ハーグ治療の費用は飲み薬や塗り薬とは比較にならない程高額で、一回あたり8万円から20万円程必要となります。金銭的に余裕のある方はこのハーグ治療を検討してみてもいいかと思います。

メリットと注意点

植毛には自分の毛を使う自毛植毛と、人工的に作られた毛髪を移植する人工毛植毛があります。どちらもメリットとデメリットがあるため、自分に最適なほうを選ぶことで満足のいく植毛になるでしょう。自毛植毛のメリットは自分の髪の毛が生えてくる、メンテナンスがいらない、費用は最初の手術台だけ、自分の髪なので安心といったものがあります。デメリットとしては、移植してから最初の毛髪は抜け落ち、残った毛根から毛の成長を待つ形になるので効果の実感が遅い、費用がやや高い、などがあげられます。人工毛植毛のメリットは毛髪量が少ない人にも行える、多量に移植できるのでイメージどおりにいきやすい、治療時間が短いといったものです。逆にデメリットとしては、異物なので全部抜けてしまう、メンテナンスが必要、何度も治療するため費用がかさむ、といったものがあります。

自分のライフスタイルにあった方法を

自毛も人工毛もメリットとデメリットはありますが、自分のライフスタイルや費用と相談して選択するとよいでしょう。初期費用では断然人工毛が安いですが、メンテナンスや数年後との植毛が必要な点では面倒ではあります。しかし思ったとおりの髪形になるため、髪型で自分らしさを表現することは可能です。しかし何度も頭皮に治療を重ねると、炎症を起こすこともあるため気をつけてください。自毛植毛では効果の発言は遅いですが、いったん定着すればその後一切メンテナンスはいりません。面倒くさがりな人に向いているかもしれません。しかし費用がやや割高になっており、自毛植毛する毛髪の本数で金額が大きく変わってきます。一生ものの髪型を獲得したいときは自毛植毛が良いですね。

どんな人でも年齢を重ねるとともに髪の毛は薄くなっていくものです。横浜で薄毛に悩む人はそのスピードが速く、若いうちに毛髪量が少なくなってしまいます。プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療に用いられる薬です。AGAは焦らずじっくりと治療を続けることが基本です。プロペシアを飲み始めてもすぐには効果は表れませんが、ある程度の期間飲み続けなければ効果は出ません。人によって個人差はありますが、およそ6カ月は服用を続ける必要があります。また効果がでたからといって服用を止めてしまうとその時点から脱毛は進行してゆきます。現状維持のためには生涯飲み続けることが大切です。尚、プロペシアは女性が飲むとは副作用を起こす恐れがあるので女性は服用してはいけません。特に妊婦さんはくれぐれも注意してください。

サプリや薬と併用して良い

プロペシアは1日1錠の服用ですが、他のサプリメントや育毛剤と併用しても問題ありません。ミノキシジル配合の育毛剤と併用すると発毛が促進されるという報告も出ています。また、他の病気の薬と一緒に飲んでも支障がないといわれています。脱毛の進行を食い止め、発毛を促し、さらに副作用も少なく他の病気の薬との併用もかまわない、プロペシアが多くの横浜の人に求められるのはこのような理由からです。気になる治療費ですが、AGAの治療は保険適用外で自由診療の扱いになっています。横浜は医療機関によってばらつきはありますが1カ月で約1万円前後の料金がかかるようです。もちろん横浜で脱毛を改善するには薬に頼るだけでなく普段の食事や睡眠時間、運動などの生活習慣を正すことも大切です。プロペシアの服用プラス規則正しい生活習慣で、発毛効果もぐんと高まるのです。

発毛サイクルを正す治療

髪の悩みは男女問わずあります。特に薄毛は生活意欲や外出意欲を損なわせる重大な問題です。薄毛になる理由は男女で違います。男性の多くは男性ホルモンの影響で、AGAとも呼ばれています。薄毛は、女性にも当てはまりますが、女性の場合には、生活習慣やストレス、そして出産が大きく影響します。しかし、男女双方共に、毛の発毛から抜けるサイクルが乱れる事が原因です。ハーグ治療は毛髪再生治療の事で、自分の毛髪の毛周期を正常にする事で発毛を促進する方法です。ストレスやホルモンで乱れた育毛サイクルを正常化するので、生えてからも継続でき、副作用もありません。しかし、ハーグ治療は保険適用外なので相応の費用を要します。また、効果が現れるまで半年から一年必要で、定期通院を行います。財布と時間と相談する必要があります。

自分の力を取り戻す

ハーグ治療は2009年から治療提供が日本で始まりました。馴染みのない名称ですが、毛髪再生治療の英語頭文字をとった名称です。毛の成長因子である脂肪幹細胞と育毛の栄養素であるアミノ酸やビタミンを、頭皮に注入して発毛を促します。ハーグ治療は頭皮に注入する治療方法なので、注射を受ける必要があります。若干痛みはありますが、日常生活に戻れるまでの期間も短く、シャンプーも翌日にはできます。ハーグ治療が注目されているのは、女性も受けれる薄毛治療という事もあります。近年、薄毛治療は男性が中心で病院でも受けれる様になりました。しかし、女性は姙娠による胎児への影響が考慮され、薄毛に効果のあるAGA治療は受けれませんでした。しかし、ハーグ治療なら、薬剤によって脱毛を抑えたり、血流を良くしたりするのではなく、自分の髪の毛の力を取り戻し、自分の髪を生やすので安心して女性も治療を受けることができます。

おすすめの記事