頭皮ケアのランブットには他にもどんな効果があるのか調べてみました。

ランブットは使い方によっては抜け毛を予防するだけではなく頭皮が受けるダメージも防げるのです。

ランブットは頭皮のダメージ保護にも効果を発揮する?

ランブット_おすすめ

ランブットの効果を簡単にまとめてみると、以下の通りの効果があります。

  • 抜け毛予防
  • 頭皮の環境改善

これはランブットの主成分であるノニに含まれたイリドイドと呼ばれる成分が頭皮に抗酸化作用やダメージ修復作用をもたらしているからです。

しかし、ランブットにはこれらの他にも頭皮のダメージを保護する効果もあるのです。

ダメージ保護効果をもたらすワケ

ランブット_日光

ランブットが頭皮をダメージから保護できる効果があるという根拠、それはランブットに含まれたホホバオイルが関係しています。

ホホバオイルは椿油やオリーブ油と並んで人気の高い油であり、ヘアオイルにもよく使用されています。

 

人の頭皮は、最も太陽光を受けやすい場所です。

太陽の光に含まれた紫外線は頭皮に浸透した場合炎症を起こします。

俗にいう日焼けですね。

 

日焼けは軽度なものなら良いのですが、長時間日光を浴び続けることにより痒みや痛みなどのダメージを起こします。

その結果、頭皮だけではなく毛穴もダメージを受けてしまうため、髪は抜けやすくなり、結果、薄毛につながるのです。

ちなみに、髪が受けるダメージはさらにひどいです。髪が日光を受けるダメージは頭皮の3倍とも言われており、直射日光を浴び続けることによって髪はどんどんダメージが積み重なっていきます。

髪はタンパク質でできており、日光を長時間浴びることで熱され、変質します。

これをタンパク変性といいます。

タンパク変性の例として、卵を茹でると透明だったのに白くなりますよね?

あれがタンパク変性であり、熱を加えることで固まってしまうのです。

髪も同様にタンパク変性を起こすことで固まってしまい、チリチリになるのです。

さらに、タンパク変性を起こした髪は二度ともとに戻らないため、新たに生え変わるまで髪はダメージを受けたままになってしまうんですね。

ランブットを使うことで、そういった髪に与えるダメージを減らすことができるかも知れません。

ランブットのダメージ保護効果にはどんなメリットがあるの?

日光からのダメージを防ぐ最良の手段が、帽子です。

帽子をかぶって直射日光を防げば当然その分髪と頭皮のダメージは軽減されます。

しかし、帽子は蒸れる為かぶりたくないという人もいるかも知れません。

そんな人におすすめなのが、ヘアオイルによる頭皮の保護です。

 

ヘアオイルは、髪に艶をもたせるだけではなく、オイルの油膜で日光による紫外線からダメージを防ぐ作用があります。

また、ヘアオイルによる保湿作用で水分を閉じ込めることで、日光によって頭皮が乾燥するのを防ぐこともできるのです。

 

そんなヘアオイルに近い効果を発揮するのが、ランブットです。

持ちろん、ヘアオイルと違ってランブットは洗い流すので、ヘアオイルと比べたら頭皮の保護効果は少し薄いかも知れません。

しかし、ランブットを使って頭皮に栄養やダメージ補修効果を与えてホホバオイルでカバーする上にヘアオイルを使ってさらにカバーすることで、より頭皮のダメージを防ぎやすくなり、ダメージケア成分を閉じ込めることができるのです。

 

もっと頭皮のケアを考えるのであれば、育毛剤を使うのも有効です。

育毛剤は寝る前に使用することで成分が寝てる間にも浸透し、より頭皮のダメージケア効果が期待できます。

ランブットを過信しすぎないように

ランブットは育毛効果だけではなく、頭皮を日光から守る効果もあります。

しかし、だからといって過信しすぎないようにしましょう。

ランブットのメインはあくまで育毛環境を整えることであり、ダメージ保護はちょっとした付加価値のようなものです。

そのため、ランブットひとつですべての問題を解決するのは難しいでしょう。

本当に頭皮のダメージを守りたいのであれば、ランブットを使いつつ、帽子やヘアオイルを併用したほうがより確実です。

おすすめの記事