ランブットは育毛に良いとされていますが、本当に安全に使用できるのでしょうか?
人によっては副作用アレルギー症状が出るか気になりるでしょう。そこでランブットの使用成分の作用安全に使用できるか確認する方法をご紹介します!

ランブットに含まれている主な成分

ランブットはノニの成分をメインに配合していますが、他には頭皮を潤す保湿成分も含まれています。これらの成分は髪や頭皮に何をもたらすのかをご紹介します。

◆イリドイド配糖体

ファイトケミカル(植物由来の栄養素、化合物)の一種で、抗酸化作用細胞修復作用解毒作用が確認されている成分です。頭皮のダメージや活性酸素の除去などで髪が育ちやすい状態に整えます。

◆SOD酵素

SOD酵素とは、Super Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)の略称で、活性酸素を無毒化して肌の老化を防ぎます。

◆ホホバオイル

砂漠の過酷な環境下で育つホホバの実から抽出されたオイルです。主成分は皮脂膜にも約20〜30%含まれているワックスエステルなので人の肌に馴染みやすいのが特徴。肌を紫外線といった外的なストレスから守ります。また肌に潤いをもたらし乾燥しにくくします。

ランブットは抗酸化作用や保湿成分によって髪や頭皮の環境を整える、健やかな状態へと導く成分ばかりです。それに主成分のノニは、厚生労働省「総合医療」に係る情報発信等推進事業によると副作用が出たという報告はありません。(一部極めて特殊なケースがありましたが)

ノニの副作用は、研究結果からほとんど報告されていません。しかしながら、ノニ摂取による肝障害を発症したケースも報告されています。ノニが肝障害を引き起こしたか否かは不明です。

よってランブットの使用によって副作用が出る心配をしなくて良いでしょう。ただし、アレルギーに関しては別です。

アレルギーの方は注意しよう

ランブットの使用は人によってはアレルギーが出る恐れがあるので、誰でも安心して使えるとは言い切れません。大丈夫と油断していきなり頭皮に塗るとかゆみ赤みなどの症状が出る可能性があります。

初めての方はパッチテストを必ず行なう

安全にランブットを使用するなら、事前にパッチテストを行ないましょう。これは、アレルギーを持っている方もそうでない方も、肌トラブルを起こさずにランブットを使用するために必要な前準備です。

ランブットの使用前に!パッチテストの方法

パッチテストに必要なものと手順をご紹介します。準備品と手順は、特に難しいことはありませんので、誰でも簡単に行なえます。

【準備するもの】
1.ランブット本品:1
2.ガーゼ:×1~2枚
3.包帯:適量

【手順】
①肌で目立たない、柔らかい箇所(例:二の腕の内側、太ももの内側など)にランブットをほんの少し塗る
②塗った箇所の上にガーゼをのせてから包帯でグルグル巻きにしたら24時間そのままにする
③包帯とガーゼを外して皮膚が赤くなっていないかチェックする

※パッチテストを行なっている間は、運動は控えましょう。汗によってランブットの成分が薄まってしまいパッチテストの結果がわかりにくくなります。

異常を感じたら使用を中止

・もし患部が赤くなっていたらすぐに水で洗い流してください!

・また②でしばらくして患部にかゆみを感じたら、すぐに中断して患部を水でしっかり洗い流してください!

念のためかかりつけの医師に診てもらうことをおすすめします。

ランブットのまとめ

ランブットの使用でいえることは、含まれいる成分によって副作用が出る心配はないということです。
しかしアレルギーに関しては別で、人によっては使用後にアレルギー症状が現れる恐れがあります。そのためアレルギー持ちでもそうでない方も安全のために使用前は、必ずパッチテストを行なって肌にかゆみや赤みなどの異常が出ないか確認しましょう。

おすすめの記事