白髪の対策について調べると、原因や対策についてのサイトがたくさん表示されます。

しかし、そういったサイトの中には、根拠が曖昧な怪しいサイトもいくつか見られるため、信用していいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

今回は、そんな悩める白髪女子のため、巷であふれる白髪情報のウソ・ホントを徹底調査してみました!

白髪に関する噂まとめ

ウワサ1:白髪は抜くと増える

【20代女性】
Q:白髪は抜くと増えるから、抜かないほうがいい?

 

【調査スタッフ】
A:ウソ
ただし、明確な根拠はありませんが、抜くと毛根にある髪を生やす細胞を傷つける恐れがあります。
それによって白髪が生える・抜け毛が増えるなどのリスクが高まるかもしれません。

ウワサ2:一度白髪になったら二度と戻らない

【20代女性】
Q:一度髪が白髪になったらもう戻らない?

 

【調査スタッフ】
A:ウソ
ストレスなどの一時的な問題が白髪の原因だった場合、髪が黒く戻ることがあります。

ウワサ3:ストレスで白髪が増える

【50代女性】
Q:白髪の原因はストレス?

 

【調査スタッフ】
A:ホント
ただし、その根拠についてはまだ研究途中です。
一説にはストレスによる免疫系の異常で、メラニン色素を作る細胞に影響が及ぼされるとされています。

ウワサ4:ダイエットをすると白髪が増える

【20代女性】
Q:ダイエットと白髪って関係あるの?

 

【調査スタッフ】
A:ホント
ダイエット中のストレスに加え、栄養不足によってメラニンの元となる栄養が不足することで、白髪のリスクが高まるとされています。

ウワサ5:白髪が生える=ハゲにならない

【50代女性】
Q:白髪が生える人は髪が薄くならないって本当?

 

【調査スタッフ】
A:ウソ
男性型脱毛症だと、白髪が目立つ前の若い年代から抜けてしまいます。そこから「白髪がある人は抜け毛にならない」というイメージがついてしまったのでしょうが、根拠は全くありません。
白髪が生えた人にも薄毛になるリスクは十分あります。

ウワサ6:親が白髪の多い体質だと子供にも遺伝する

【30代女性】
Q:白髪が多い人は子供にも遺伝するの?

 

【調査スタッフ】
A:ホント
両親どちらかの髪の色が薄い場合、その子供も髪の色が薄くなることがあります。これは遺伝によって、赤~黄色系ののメラニン色素(フェオメラニン)の分泌量が多いからです。
白髪の場合も同じ遺伝により、メラニンを作る細胞(メラノサイト)に問題が起こりやすい体質だと、白髪が増えやすくなると考えられます。

ウワサ7:ワカメや昆布を食べれば白髪対策になる

【30代女性】
Q:ワカメや昆布を食べれば白髪対策できる?

 

【調査スタッフ】
A:ウソ
メラニン色素は、主に「チロシン」と呼ばれるアミノ酸を原料に生成されます。
このチロシンは大豆製品や乳製品に多く含まれ、海藻類にはあまり含まれていません。
また、チロシンを多く摂取しても必ず髪が白髪になるとはいえず、あくまで黒髪になることをサポートすることしかできません。

ウワサ8:白髪染めを使うと子宮ガンになる

【20代女性】
Q:白髪染めで子宮ガンになるってホント!?

 

【調査スタッフ】
A:ウソ
白髪染めに含まれる「オルトフェニレンジアミン」は、動物実験によって発がんに関わるというデータが出ました。
しかし、厚生労働省の有害性評価書には、人への発がん性は認められていないと記載されています。
そもそも、頭皮に白髪染めの成分がついたとしても、浸透するのは角質まで。水分子よりも大きな分子は体の中に入らないので、子宮がんの心配はありません。

ウワサ9:市販の安いシャンプーを使うと白髪になる?

【40代女性】
Q:安いシャンプーは頭皮に悪いから、使うと白髪が増えるってホント?

 

【調査スタッフ】
A:ウソ
市販の安いシャンプーは洗浄力が高いため、肌が敏感な人の場合、頭皮への刺激になることがあります。
しかし、市販のシャンプーを使っても特に異変はない、頭皮が普通の人であれば白髪などのリスクは考えにくいです。

ウワサ10:L-システインが白髪の原因

【30代女性】
Q:L-システインっていうのが白髪に関わってるって聞いたけど…?

 

【調査スタッフ】
A:ウソ
L-システインというと、肌のシミを改善してくれる成分ですね。
メラニン色素の分泌を抑えるイメージから、使い続けると白髪が増えると思われやすいですが、シミの改善と白髪には全く関係性はありません。
L-システインによるシミ改善は、肌のターンオーバーに働きかけることで行われます。
一方で白髪が生える原因は、主に色素を分泌する細胞に何らかの問題が起きたためです。
つまり、シミの改善と白髪が現れるメカニズムは全く別物なので、L-システインを摂取していても白髪が増えるとは考えにくいです。

ウワサ11:白髪が生えるのは病気のサイン

【20代女性】
Q:白髪が生えるのは何かの病気になってるから!?

 

【調査スタッフ】
A:ホント
ただしガンなどの重大な病気のサインではなく、尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)と呼ばれる症状によって白髪が現れることがあります。
一部分だけ集中して白髪が生えているなら、この症状の可能性が高いです。
もしもこうした症状が見られた場合、皮膚科へ受診しましょう。

白髪が現れる原因は?

考える女性2

白髪が現れる原因は、メラニン色素が正常に分泌されないからです。

メラニン色素は「メラノサイト」と呼ばれる細胞から分泌されます。

このメラノサイトに異常が起きたり、メラノサイトの元となる「色素幹細胞」に問題が起きたりした場合、白髪が現れてしまいます。

※詳しくは以下のサイトをチェックしてみてください

白髪への対策方法は?

提案する女性画像

白髪が生える主な原因は、ストレス・栄養不足・紫外線の3つ。

この3つの問題に対処することで、白髪の予防や改善に役立てられるでしょう。

ストレス

仕事やプライベートでのストレスは、ストレスの元となる問題を解消することが重要。

しかし、ストレス原因を解消するのは簡単なことではないでしょう。

そのため、ストレスを溜め込まないためにこまめにストレスの発散を行うとよいでしょう。

友人や知人に悩みを話すだけでもストレスを発散できますし、なにか没頭できる趣味を見つけるだけでも、日頃のストレスの発散がしやすくなります。

栄養不足

過度な食事制限ダイエットなどを行っていると、栄養不足に陥りやすくなります。

メラニン色素の主な原料となるチロシンのほか、亜鉛などのミネラル分、葉酸やビタミンB12などのビタミンも、不足すると白髪のリスクが増加します。

普段からバランスの良い食生活を心がけることで、こうした栄養不足からくる白髪にも対処できるでしょう。

紫外線

紫外線は人の肌に悪影響を与えます。

シミやシワの原因として有名ですが、白髪の増加にも関わっているのです。

紫外線を浴びると、髪の色素を作るメラノサイトや、色素幹細胞にもダメージが与えられる可能性があります。

ダメージによって色素の分泌が正常にできなくなることもあるので、長時間紫外線を浴び続けていると白髪が増えやすいのです。

※詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

楽しげな女性画像

白髪にまつわること以外にも、髪に関する噂や情報はネット上で多く見られます。

それらの情報には誤った内容も含まれているので、すぐに内容を鵜呑みにしてはいけません。

怪しげな情報をすぐに信じず、きちんと根拠のある情報を調べ、正しい白髪対策を行いましょう。

おすすめの記事