現在、販売されているシャンプーの種類は豊富にあります。

ネットで検索すると、「このシャンプーがオススメ」「このシャンプーは選ぶべきじゃない」という情報が一気に表示されるため、余計に混乱してしまう人も多いでしょう。

そこで、よりよいシャンプー選びのため、販売されているシャンプーの特徴をざっくりご説明します!

販売されているシャンプーにはどんな種類がある?

アミノ酸系シャンプー 石鹸系シャンプー 高級アルコール系シャンプー
洗浄力 ・最も低い

・ヘアワックスなどを付けていると、十分に落とせないことも

・高級アルコール系の次に高い

・皮脂や汚れ、ヘアワックスも十分に落とせる

・最も洗浄力が高い

・頭皮から毛先まで、皮脂や汚れを徹底的に落とせる

頭皮への負担 ・最も低い

・敏感肌・乾燥肌の人におすすめ

・アミノ酸系に比べて高い

・アレルギーなどの影響は、高級アルコール系よりも低い

・アミノ酸系に比べて高い

・薄毛・抜け毛の原因になることはまずないが、敏感肌の人はかゆみや炎症の原因になることがある。

髪への影響 ・天然のボタニカル成分にこだわっている商品が多く、使用後はごわつきやすい ・使用後に髪がごわつくことがある ・シリコンが配合されてる商品が多く、洗い上がのごわつきが少ない。
値段 ・成分にこだわっている分、高めに設定されている ・会社によってピンキリ。1,000円以下の商品も多い。 ・おおむね安い。ワンコインで買えるシャンプーもある。

現在販売されているシャンプーの種類は、大きく分けて3つ。

  • アミノ酸系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • 高級アルコール系シャンプー

が挙げられます。

表の内容をまとめると、以下のような特徴が挙げられます。

高級アルコール系シャンプー

メリット
  • 価格が安く、ドラッグストアなどで手軽に買える
  • 洗浄力が高いので、肌がオイリーな人、頻繁に整髪料を使う人にオススメ
  • シリコン配合のシャンプーは、髪のツヤや指通りも良くなる
デメリット
  • 洗浄力が高いので、乾燥肌・乾燥性敏感肌の人だと合わない場合がある
  • 乾燥が原因で皮脂が増加する「インナードライ肌」の場合、さらに皮脂が増加する原因になる

※多くのサイトでは、高級アルコール系シャンプーについて「薄毛や抜け毛の原因になる」「石油から作られる粗悪なシャンプー」という風に書かれています。
しかし、実際にはこれらの高級アルコール系シャンプーが原因で薄毛になったという事例はなく、健康被害などの訴訟を起こされた事実も存在しません。
現在、各メーカーでは肌への刺激が低いラウレス硫酸系(ヤシ油由来)のシャンプーを使用しており、過去使用されていたラウリル硫酸系(石油由来)のシャンプーよりも角質への浸透率は低く、肌に優しい成分となっています。

石鹸系シャンプー

メリット
  • 洗浄力が高いので、余分な皮脂や整髪料などもしっかり洗浄できる
  • 配合成分がほとんど固形石鹸と同じなので、アレルギーが起こりにくい
  • アミノ酸系シャンプーに比べて価格が安い
  • 環境に優しい成分で作られている
デメリット
  • 洗浄力が高いので、乾燥肌・乾燥性敏感肌の人にはオススメできない
  • シリコンなどの成分が入っていないことが多く、使用後は髪がごわつきやすい

アミノ酸系シャンプー

メリット
  • 洗浄力が最も低いため、乾燥肌・乾燥性敏感肌・インナードライ肌にオススメ
  • 弱酸性・中性で作られている製品が多いので、髪の負担も少ない
  • 無添加で作られているので、どうしても添加物が気になるという人も安心
  • 育毛に良いとされる成分が豊富に含まれている
デメリット
  • 洗浄力が低いので、整髪料を使っている人やオイリー肌の人は注意が必要
  • たくさんの成分が含まれているので、特定の成分にアレルギーを持つ人は注意
  • 無添加なので、シリコンを配合したシャンプーに比べると髪がごわつきやすい
  • 価格が高い

どのシャンプーを選ぶべき?

シャンプーを選ぶ場合、最も重要なのは、自分の肌質に合っているかどうかです。

3つのシャンプーの中から、肌質に合ったものを選ぶ場合、以下のように分類できます。

  • アミノ酸系シャンプー…乾燥肌・乾燥性敏感肌・インナードライ肌の人にオススメ
  • 石鹸系シャンプー…敏感肌の人にオススメ
  • 高級アルコール系シャンプー…オイリー肌の人にオススメ

オイリー肌とインナードライ肌は区別がつきにくいです。

しかし、高級アルコール系シャンプーを使っても髪が脂ぎっていたり、頭皮のかゆみやフケ、臭いに悩まされている場合、インナードライである可能性があります。

そういった場合は、試しにアミノ酸系のシャンプーに替えてみてもよいでしょう。

また、アミノ酸系シャンプーの特徴として挙げられるのが、育毛効果です。

抜け毛に悩んでいる人であれば、このアミノ酸系の育毛シャンプーが気になりますよね。

しかし、本当にアミノ酸系シャンプーを使えば、育毛効果が得られるのでしょうか?

アミノ酸系(育毛)シャンプーを使えば必ず髪は生える?

期待する女性イメージ

アミノ酸系のシャンプーの多くは「育毛」と称されるので、いかにも薄毛・抜け毛に効きそうですよね。

「使っていれば髪が生えてくるかも」と期待する人も多いでしょうが、実際はこうした育毛シャンプーを使って髪を増やすことは難しいのです。

育毛シャンプーは抜け毛・薄毛に効果ナシ?

アミノ酸系の育毛シャンプーは、あくまで「頭皮の負担が低いシャンプー」です。

乾燥肌の人や、敏感肌の人の場合、高級アルコール系などの洗浄力の高いシャンプーだと、頭皮に負担がかかることがあります。

アミノ酸系シャンプーですと、髪や頭皮への影響が少ないため、抜け毛・薄毛になるリスクを下げることができます。

結局育毛シャンプーは使ったほうがいい?

抜け毛が気になる程度で、本格的な薄毛になっていない人であれば、育毛シャンプーの使用がオススメです。

以下は、育毛シャンプーがオススメな人、オススメでない人のまとめです。

育毛シャンプーがオススメな人
  • まだ本格的な薄毛にはなっていない。
  • 抜け毛が増えた気がするので、なにか抜け毛対策がしたい
  • 昔に比べて、髪のボリュームがちょっと減った気がする
  • 将来的な抜け毛を今のうちに予防したい
  • 現在使っているシャンプーに不満がある
育毛シャンプーがオススメでない人
  • 地肌が目立ち、明らかに薄毛だとわかる
  • 髪が後頭部や側頭部にしか残っていない
  • オイリー肌で、頭皮の皮脂もかなり多い
  • 普段からヘアワックスなどを良く使う

アミノ酸系(育毛)シャンプーにはどんな種類がある?

看護師さんのイメージ

一般的な育毛シャンプーは、

  • 血行促進
  • 抗炎症効果
  • 髪のハリ・コシアップ
  • 髪や頭皮の保湿

の4つの成分が配合されています。

それぞれの効果について詳しく見ていきましょう。

血行促進効果

頭皮の血行を促進することで、頭皮環境を整えると同時に、髪が生えやすい土壌をつくることができます。

髪をつくる細胞は、頭皮の毛細血管から栄養を得ています。

頭皮の血行が悪くなると、この髪を作る細胞の働きも衰えてしまうため、抜け毛が増加するなどの問題が現れます。

血行促進成分が配合されたシャンプーなら、毎日のシャンプーで血行を良くすることができるでしょう。

★主な血行促進成分:酢酸トコフェノール・ニンジンエキス・トウガラシチンキ など

抗炎症効果

抗炎症成分とは、頭皮の炎症を抑える成分のことです。

頭皮に炎症が起こると、髪をつくる細胞にダメージが与えられ、髪が抜けやすくなってしまいます。

抗炎症成分が含まれたシャンプーなら、こうした頭皮の炎症を抑え、抜け毛を防ぐことができます。

普段使っているシャンプーで、頭にかゆみやフケが現れる場合、シャンプーが頭皮に合わず炎症している可能性があります。

そういった人に、この抗炎症成分の含まれたシャンプーがおすすめできるのです。

★主な抗炎症成分:グリチルリチン酸2K・ジフェンヒドラミン など

髪のハリ・コシアップ効果

髪のハリ・コシアップ効果のシャンプーを使用することで、髪のボリュームアップを促すことができます。

髪のボリュームが少なくなると、髪の本数が多い人でも、薄く見られやすくなります。

髪に栄養を与える成分や、髪のキューティクルを補強する成分が入っていると、髪が自然に立ち上がりやすくなり、薄毛が目立ちにくくなります。

★主なハリ・コシアップ成分:加水分解ケラチン・セラキュート®-V など

保湿効果

髪・頭皮の保湿成分が含まれたシャンプーなら、洗い上がりの髪や頭皮の乾燥を防ぐことができます。

シャンプーには髪の汚れを落とす成分が含まれていますが、これは同時に髪や頭皮を保護する最小限の皮脂も除去してしまいます。

皮脂には髪や頭皮の乾燥を防ぐ役割がありますが、皮脂が根こそぎ除去されると、髪や頭皮が乾燥しやすくなり、紫外線や活性酸素のダメージを受けやすくなるのです。

保湿成分が豊富に含まれているシャンプーなら、乾燥しやすい髪や頭皮をしっかり保湿し、ダメージを防ぐことができます。

★主な保湿成分:ヒアルロン酸・昆布エキス・カカオバター など

※具体的にどんな育毛シャンプーが販売されているのか、知りたい人は以下の記事をチェック!

まとめ

爽やかなイメージ

各シャンプーの特徴をまとめると、

  • アミノ酸系シャンプー…乾燥肌・乾燥性敏感肌・インナードライ肌にオススメ。
  • 石鹸系シャンプー…敏感肌にオススメ。
  • 高級アルコール系シャンプー…脂性肌にオススメ。

ということがいえます。

ほとんどの人は、シャンプーを購入する際、ドラッグストアなどで売っているシャンプーを選ぶでしょう。

しかし、こうした店頭で販売されているシャンプーの多くは高級アルコール系シャンプー。

使っている間、頭皮にかゆみやフケが現れたり、抜け毛が増えたりした場合、シャンプーが肌に合っていないかもしれません。

「別のシャンプーを試してみたい」と考えているなら、アミノ酸系の育毛シャンプーを選ぶことをおすすめします。

おすすめの記事