ヘアカラーやパーマが髪や頭皮にダメージを与えるという話は、誰もが聞いたことがあるはず。

ストレートパーマも他のパーマ同様、頭皮にダメージを与えるため、頻繁に行っていると抜け毛などが増加する原因にもなります。

こうした抜け毛が現れた場合、育毛剤で対処することはできるのでしょうか?

ストレートパーマの抜け毛・薄毛は女性育毛剤で改善できる?

ヘアケア中の女性

育毛剤の効果1:頭皮の保湿

市販されている女性育毛剤には、頭皮の保湿成分が含まれています。

頭皮を保湿することは、外部刺激から頭皮を守る上で重要です。

紫外線や活性酸素のほか、肌に棲む悪玉菌からの刺激など、頭皮にはさまざまな刺激が与えられています。

こうした外部刺激を受け続けると、頭皮の炎症が慢性化し、抜け毛などの原因に。

頭皮を保湿することで、水のバリアが外部刺激を和らげ、炎症の改善を後押ししてくれるのです。

育毛剤の効果2:血行の促進

頭皮の血行が促進されれば、髪の成長を後押しすることができます。

薄毛は抜け毛だけでなく、髪自体が細くなってしまうことも原因。

頭皮の炎症で髪の成長が阻害されると、生える髪が細くなります。

すると、地肌が透けて見えやすくなり、薄毛が目立ってしまうのです。

女性育毛剤によって血行をよくすれば、頭皮の毛細血管にもたくさんの血液が流れ、髪を作る細胞にも栄養が届きます。

この働きにより髪が太く成長し、地肌が目立ちにくくなるのです。

ストレートパーマが原因の抜け毛の対処法は?

クリニックのイメージ

ストレートパーマを受ける頻度を抑える

ストレートパーマで抜け毛が起こるのは、パーマをかける時に使う1剤・2剤の影響。

1剤はアルカリ性の還元剤で、髪の結合を切断し、スタイリングしやすい状態にします。

2剤は酸性の酸化剤で、髪の結合を再び促すことで、スタイリングした髪型を固定するために使用されます。

この1剤・2剤は頭皮に刺激を与えるため、刺激性接触皮膚炎によって、頭皮が炎症を起こしやすいのです。

こうした症状は、ストレートパーマを何度も行っている人に現れやすいです。

対策として、原因であるパーマの利用頻度を抑えることで、頭皮へのダメージを抑えられます。

特に何度もパーマを利用している人は、パーマ落としのため、ストレートパーマを受けている人もいるでしょう。

こうした人は、ストレートパーマのみを利用している人よりも髪や頭皮にダメージを受けやすく、抜け毛・薄毛のリスクが高いため注意しましょう。

皮膚科での治療

ストレートパーマを利用したことがきっかけで、深刻な抜け毛・薄毛に悩まされている場合、皮膚科での治療が不可欠です。

薄毛の治療とはあまり関わりがなさそうな皮膚科ですが、頭皮に関するトラブルの対処もしっかり行なっています。

抜け毛・薄毛の症状が気になる場合は、念の為診察を受けたほうが良いでしょう。

皮膚科で治療を受けるのはどんな時?

抜け毛が増えたからといって、いきなり皮膚科で治療を受けるというのは気が引ける人も多いはず。

そこで、皮膚科ですぐに治療を受けるべき人と、そうでない人の違いをまとめてみました。

すぐに治療が必要な人
  • 施術後のジンジン・ヒリヒリとした痛みを翌日以降も強く感じる
  • 頭皮からネバネバした黄色い液体が出ている
  • 頭皮を触るとブツブツやかさぶた、腫れがある
  • 施術後に大量のフケが落ちるようになった
  • 施術後、シャンプーするとごっそり抜け毛が落ちるようになった
  • 耳やうなじ、顔にも腫れが広がっている
しばらく様子をみるべき人
  • 施術後に軽くヒリヒリしたが、しばらくして何も感じなくなった
  • シャンプー後、髪がいつもより2~3本多く抜けてるような気がする
  • ブツブツや腫れ、フケなど、頭皮の異常はまったく見られない
  • 施術後頭にかゆみがあったが、シャンプー後はかゆみがなくなった

ストレートパーマをしながら抜け毛を抑える方法はある?

施術中の女性

保護クリームを塗ってもらう

頭皮へのケアをしっかり行う美容室では、頭皮にパーマ液のダメージを防ぐ保護クリームを塗ってくれます。

首筋などに塗るプロテクトクリームと勘違いしそうですが、頭皮に直接塗れる保護クリームも存在しているのです。

極度の敏感肌でない限り、この保護クリームを塗ることで、頭皮の炎症やかゆみ・ヒリヒリを抑えることができるでしょう。

ただし、この保護クリームはどの美容室でも利用できるわけではありません。

頭皮に直接塗るため、お客さんによっては不快に感じてしまうことから、こうした保護クリームを扱わない美容室も少なくないのです。

保護クリームを扱う美容室を探す場合、事前に美容室へ電話連絡するなどして調べておきましょう。

酸性ストレートを利用する

近年注目されているのが、頭皮や髪に優しく縮毛矯正ができると噂の「酸性ストレート」です。

酸性ストレートとは、簡単に言えば従来のパーマ液よりも効果がマイルドなパーマ液のこと。

くせ毛を直す力は従来のパーマ液よりも低いものの、頭皮への負担が低いため、髪や頭皮への負担がどうしても気になる人にオススメです。

酸性トリートメントとどう違う?

酸性ストレートの説明を読み、酸性トリートメントどう違うのか、疑問に思った人もいるかもしれません。

簡潔にいえば、酸性ストレートと酸性トリートメントは特に効果に違いはありません。

強いていえば、酸性トリートメントには毛髪補修成分のケラチンなどが含まれているのが特徴です。

この酸性トリートメントのメリットは、ダメージの大きな髪にも使用ができるということ。

「髪のクセを直したいけど、髪のダメージが大きいからパーマは無理…」という人向けに、こうした酸性トリートメントは高い効果を発揮してくれるでしょう。

普段の頭皮ケアや生活習慣の改善

ストレートパーマによる頭皮のダメージを緩和するため、普段の頭皮ケアを行うのは効果的。

頭皮ケアの基本は、毎日のシャンプーです。

爪を立てず、指の腹で優しく頭皮を洗い、シャンプーやトリートメントをヌルヌルが残らなくなるまですすぐことで、頭皮を清潔に保つことができます。

また、ストレートパーマでダメージを受けた頭皮は敏感であるため、刺激の弱いアミノ酸系シャンプーを利用することもオススメです。

頭皮環境を整える方法として、他にも女性育毛剤の使用なども挙げられます。

抗炎症成分が含まれている育毛剤もあるため、毎日利用することで症状の改善をサポートしてくれます。

頭皮環境を整えるほか、普段の生活習慣を整えることも重要。

栄養バランスのよい食事・1日1時間の運動・7~8時間の睡眠の3つを満たすことで、ストレスの緩和やホルモンバランスの正常化を促し、抜け毛や薄毛の症状を徐々に改善させられます。

まとめ

笑顔の女性

髪の広がりを落ち着かせるため、またはパーマを直すため、ストレートパーマを利用する女性は多いはず。

ストレートパーマに使用されるパーマ液は、髪を巻くためのパーマや縮毛矯正に使われるパーマ液と変わらず、人によって頭皮にダメージを与えてしまいます。

これは肌が弱い人だけに限らず、体調や体質の変化によって、パーマ液が抜け毛などを引き起こすこともあるのです。

ストレートパーマを当ててから、抜け毛の増加が気になった場合、女性育毛剤などでしっかりと対策を取ると良いでしょう。

おすすめの記事