抜け毛にならないためには、健康な頭皮から生える健康な毛髪との関係がとても大切です。私たちはほぼ毎日シャンプーをします。しかし、シャンプーをすることで汚れを落とすこととは別に、摩擦の刺激によって頭皮に与えられているダメージについてはあまり考えられていないのではないのでしょうか。髪は擦ると摩擦が起きて傷がつきます。頭皮も同様に指や爪などでゴシゴシ擦ってしまうと、お湯で普段より肌が柔らかくなっていることもあり大きく傷ついてしまうのです。またゴシゴシ洗うことで、生まれたての細くて弱い毛が抜けてしまうこともあります。健康な毛髪を抜け毛にしてしまわないためにも、優しく頭皮をマッサージするようにシャンプーすることが大事です。そのマッサージ効果によって、頭皮の血行もよくなりますので、ゆくゆくは健康な毛髪を生み出す大地である健康な頭皮を育てることができます。

洗う前の予洗い

髪を洗うとき、乾いた髪にいきなりシャンプーをつけてはいけません。シャンプーは極端にいえば科学的に作られた洗浄剤です。使う料は少しでも充分洗浄力を持っています。しかし、まず準備すべきは髪と頭皮の予洗いです。シャンプーをつける前に、1分ほどでいいので頭皮を洗う感覚で予洗いをすると、それだけで汚れはほとんど落ちてしまいます。それからシャンプーをつければ、少しの量でもじゅうぶん泡立てることができます。また、その後のトリートメントやコンディショナーは髪に栄養を与え保護する効果があるものですので、頭皮にはなるべくつけないようにします。皮脂や汚れで毛穴がつまると抜け毛が起こるように、コンディショナーなど毛穴には余計な物をつけないようにすることで、抜け毛を防ぐことができます。また、スカルプシャンプーを使用すると抜け毛対策効果が高まるでしょう。

自毛植毛は比較的安全な手術の部類に入りますが、メスを使用して頭皮を切開する外科手術には変わりはないので、それなりにリスクがあります。自毛植毛の手術を受ける際にはいろいろな注意事項があります。まず手術の日程が決まったら4週間くらい前から「フィナステリド」「ミノキシジル」などの使用を中止する必要があります。 手術の前日は洗髪をしてアルコールを控えて早めに就寝し、ゆっくり休んでおくことも大事です。当日は手術をする2時間くらい前までに食事を済ませておき、時間に遅れないように早めにクリニックに行き手術に備えるようにします。手術後は患部にヘッドバンドが装着されるので、翌日まで外さないように固定しておきます。

自然に髪の毛が増える

自毛植毛をすれば、薄毛の悩みから一生解放されることができます。自毛植毛は自分の毛髪を採取してそれを薄くなったエリアに植毛し、自然に髪の毛を増やす薄毛治療です。男性型脱毛症の場合、側頭部や後頭部の毛髪はハゲにくいという特徴があります。その特徴を生かして、生まれつき抜けにくい髪の毛を薄くなった部分に移植するのが自毛植毛です。 自毛植毛をしてうまく髪の毛が生着すれば、自然な髪の毛として成長するようになります。もともとハゲにくい性質を持った髪の毛なので、男性型脱毛症になっても抜けにくくなります。自毛植毛をすれば、育毛剤を使用したりAGA治療薬を飲んだりする必要がなくなり、一生フサフサの髪の毛になれます。

円形脱毛症はストレスが主な原因として考えられることが多いのですが、実は免疫にも深く関連することが分かっています。リンパ球が増殖して毛包に刺激を与えることで毛髪の成長が抑制され、一部分だけ髪が生えてこないというものが円形脱毛症です。もちろんストレスとは何の関係もないというわけではなく、原因は人によって異なるということが考えられます。女性は特に円形脱毛症に陥りやすく、その場合には専門の医療機関で治療を受けることが必要になってきます。女性にとって大切な髪が抜けてしまうのはコンプレックスの1つになるので、しっかり改善するようにしましょう。

円形脱毛症を改善するためには、普段からあまりストレスを溜め込まないように心がけることが大切になるので、適度にストレスを発散することが最適です。女性はストレスがホルモンバランスに影響をもたらしやすいので、気付かないうちに円形脱毛症になっていたというケースも少なくありません。早めに症状に気付くことが出来ればすぐに治療を開始することが出来ます。髪のケアを行なう際、普段は見えない後頭部もチェックしてみると良いでしょう。

女性の薄毛の改善に最適なクリニックは全国各地にあるので、円形脱毛症などで困っている場合には受診することが大切です。薄毛の原因を突き止めることで確実な改善効果が得られます。円形脱毛症は放置して治るものではないので、実績のあるクリニックで専門的な治療を受け、綺麗な髪をしっかり取り戻すと良いでしょう。まずはカウンセリングを受けてみることが必要です。

今までの育毛剤は、あまり意識していなかったのですが、40代を前にして頭髪について気になるようになりました。今までは洗面台のオブジェと化した育毛剤を出勤前には頭に付けるようにしています。20代の頃からは、将来のためにと育毛剤入りシャンプーや育毛トニックを買っておき、効果というよりいざという時のために使っていたのですが、30代になると面倒くさくなり、使っていませんでした。シャンプーは育毛剤入りよりかはスカッとする刺激性のあるものを使っていたと思います。しかし、30代後半から徐々に周りの同年代が薄くなっていくのを見ていると、自分もいつかはこうなるのではないかと不安になってきました。そしてネットで育毛の効果のあるものをさがし始めました。インターネットで探してみるとたくさんの育毛剤が見つかり、どれを購入しようか非常に迷ってしまいました。

「チャップアップ」の特徴について

散々悩んで購入したのは、口コミでも効果が高いと言われていた育毛剤です。他にも安い商品はたくさんあったのですが、安物買いの銭失いになってしまっては元も子もないので、多少値段が高くても効果の高いものを購入しました。すると、最初の数ヶ月はそれほど効果を実感できなかったものの、半年も経つ頃にはだいぶ効果が出てきました。育毛剤を使う以前に撮った写真と比べると、毛髪の量はぱっと見でも違うくらい増えていました。最初の方は効果も確認できないので正直面倒に感じてしまいましたが、継続して使い続けてよかったと感じています。

harg療法とは、hair re-generative theraphyの頭文字をとった治療法です。直訳すると毛髪再生療法となり、その名の通り毛髪を再生させて発毛、育毛につなげる方法です。脂肪幹細胞から抽出した成長因子にビタミン類やアミノ酸などを配合したhargカクテルと呼ばれるものを毛周期にあわせて頭皮に注入することで、発毛を促す効果があります。名古屋では多くのクリニックで行われています。アレルギー物質が少なく、副作用の危険性がないのが特徴です。男女ともに行うことができるのも特徴です。発毛までに半年近くかそれ以上かかることもあり、長期的な取り組みが必要であるという特徴もあります。harg療法は痛みを伴うこともあり、ドクターの選び方が重要です。名古屋にはよいドクターもいるので慎重に探しましょう。

harg療法にはパピュール法、フラクショナルレーザー法、ダーマローラー法、ナパージュ法などといった様々な注入方法があります。それぞれ痛みの度合いや特徴が異なるため、よくドクターと相談してから選ぶのが重要です。名古屋にはharg療法を行うクリニックも多いので、それぞれ特徴を見極めて選びましょう。クリニックやドクターによっては、痛みばかりが強く効果がなかなか見られないという場合もあります。名古屋にはクリニックが多いので、そのような場合はクリニックをうつることを考えるとよいでしょう。カウンセリング時に満足のいく説明を受けることができたかどうかがクリニック選びの鍵となります。気軽にローンを組んだりせず、ドクターとクリニックの質を見極めるのが重要です。

おすすめの記事