症状が進行すると頭皮が透けて見えるほど薄毛となってしまうのがAGAです。このAGAでは過去に育毛サロンなどで、様々な治療法が試みられてきました。しかし、どれもほとんど効果がなくなく、医療機関でもAGAは体質や遺伝的要因が大きいので、あきらめるしかないと説明を行っていました。しかし最近では、この状況が大きく変化しています。AGAを取り巻く状況を一変させたのが、ザガーロやプロペシアと呼ばれる薬です。AGAの原因は様々な研究により、男性ホルモンが脱毛物質へと変化してしまうことが大きな要因となっていることはわかっていました。ザガーロやプロペシアはこの男性ホルモンが脱毛物質へと変化するきっかけとなる、5α還元酵素を効果的に阻害することができるため、脱毛を防止することで、毛髪のヘアサイクルを健全な状態へと改善することができるようになったのです。

皮膚科の診察が必須

このザガーロやプロペシアを使ったAGA治療は、皮膚科で受けることができます。ザガーロやプロペシアは1日に1錠を内服するタブレット薬となっています。食事の影響を受けないので、時間を気にすることなく利用できる手軽さが特徴です。ザガーロやプロペシアによるAGA治療は6ヶ月ほど継続することで効果を発揮します。継続してAGA治療を続けた方の70%以上の方に脱毛の抑制効果や発毛効果が確認できるなど、高い治療効果を期待することができます。この全く新しいAGA治療は皮膚科での診察が必須となっています。皮膚科では、毛髪の状態チェックなどを血液検査やマイクロスコープなどを使用して総合的に行うことで、使用する薬の種類や量などをコントロールしています。最近ではインターネットなどの通販で、これらの薬が手軽に入手できる状態となっていますが、これらの薬を安易に購入して使用するのは危険です。副作用を回避し確実な発毛効果を手に入れるためにも、ザガーロやプロペシアは必ず皮膚科で処方される薬を利用するようにしましょう。

髪の毛が抜けて薄毛になるのはヘアサイクルが乱れるためです。ヘアサイクルが正常に機能していれば髪はしっかり成長します。しかし、乱れてしまうと髪が抜けやすくなり、成長期が終わる前に抜け毛になります。そして抜け毛が増えることで薄毛リスクが高くなります。女性は加齢でエストロゲン(女性ホルモン)の活性が弱まることで、ヘアサイクルが乱れます。エストロゲンが少なくなると更年期障害になることでも知られています。更年期は通常なら閉経前後の50才前後の時期を指します。しかし、最近は20代後半でエストロゲンが少なくなり、薄毛になる女性が急増しています。ストレス、ダイエット、不規則な生活などが続くとエストゲンの減少に繋がるので要注意です。

専門外来で治す

ヘアサイクルの乱れを正常に戻すには、毎日の正しいケアや食生活の積み重ねが大事です。また、最近では毛髪再生外来などの専門外来も充実しています。自分で治せないようなら、専門外来を受診して相談をしてみるのも一つの選択です。専門外来での治療は多岐に渡ります。基本的に男性でも女性でも投薬治療が中心です。女性ならプラセンタ療法も行われます。プラセンタ=人間由来の胎盤を用いた治療です。プラセンタ注射には女性ホルモンの量を調整する働きがあります。さらに自律神経の乱れを整えて精神を落ち着かせたり、冷え性を治したりなど薄毛に良い効果が沢山あります。プラセンタ療法にはアンチエイジング効果もあるので、一石二鳥の治療です。

男性のAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの影響で発症しますが女性もその影響を受けることがあります。女性の場合は、FAGAと呼ばれ、この原因は加齢が大きく影響しています。加齢により卵巣の働きが衰え女性ホルモンが減少していきます。そのため男性ホルモンの働きが活発になりAGAと同じような症状を起こしてしまうのです。しかし、男性が前頭部から頭頂部にかけて薄毛や抜け毛になっていくのに対して女性は全体的に薄毛になります。髪の成長が止まってしまうことで抜け毛が多くなりそれが重症化すると脱毛症に進行してしまいます。また、若い女性の薄毛の原因は、ストレスや、無理なダイエット、睡眠不足、貧血、生活習慣の乱れなどが考えられます。

比較的改善しやすい病気

男性のAGAは、プロペシアという抗アンドロゲン薬を使い治療をしますが、女性の薄毛の場合は使うことができません。そのため、ミノキシジルという血行を促進する塗り薬で治療を行います。これにより毛根に栄養を行き渡らせ、毛髪の成長を促すことができます。また、FAGAは、AGAと違って比較的治療しやすいのも特徴です。生活習慣を見直しストレスをためないようにして栄養バランスのとれた食事をし、睡眠を十分に取ることで改善して行くこともあります。また、過度のダイエットをやめることでも効果が出ることもあります。しかし、体質にも違いがあるので治療の効果が見られないこともあります。その場合は、育毛剤や育毛用のサプリメントを利用してみてもいいでしょう。

育毛剤には男性用と女性用で分かれています。男女で薄毛の原因は違うため、女性であれば女性用の育毛剤を使うことをおすすめします。また、ボトルのデザインも女性向けに作られており化粧品と一緒に置いていてもなじみやすいという特徴もあります。中には妊娠中や授乳中でも安心して使える育毛剤もあります。妊娠や出産、授乳や育児など女性はホルモンバランスが大きく変化するできごとがたくさんあり、薄毛の原因にもなることがあります。さらに加齢によりホルモンバランスは変化し続けます。毛髪の量が減ってきたり、コシやハリがなくなってきたと感じた時は育毛剤を使い始めてみてはいかがでしょうか。使用感や香りなど細かいレビューを参考にして選んでみましょう。

今から始める頭皮ケア

育毛剤は薄毛が気になる方のための物というイメージをお持ちの方もいるでしょう。頭皮ケアを始める時期は興味を持ったその時であると言えます。ヘアスタイルがなかなか決まらなくなってきた時に始めても良いですし、若い方でも早すぎるということはありません。顔やボディのスキンケアと同様に、頭の皮膚である頭皮も適切なケアをすることは毛髪にとっても嬉しい効果が期待できます。頭皮が健やかであれば毛髪にもきちんと栄養が行き渡りやすくなります。カラーやパーマなどを楽しみたいという方は、薄毛でなくても特に女性用の育毛剤で頭皮を労わることにも意識を向けてみましょう。いつまでも満足できるヘアスタイルを楽しむためにも、気になったその日から頭皮ケアをスタートしましょう。

薄毛の原因には色々ありますが、最も注意が必要なのは生活習慣とシャンプーの仕方です。生活習慣は人によって様々ですが、基本的にはストレスを溜め込まないで規則正しい生活を送ることが大事です。例えば仕事のストレスはなるべくその日のうちに解消することです。例えば寝る前にぬるま湯にゆったりと浸かるだけでもストレスの解消になります。また食生活も1日3食しっかり食べて、栄養バランスの取れたメニューにすることです。特に亜鉛の含まれている食材は発毛効果があるので、生牡蠣やレバーやアーモンドなどを積極的に取り入れます。シャンプーの仕方は毛髪をゴシゴシ洗うのではなく、頭皮をマッサージするように洗うようにします。毛穴の汚れを取ることが大事なので、指の腹で汚れを揉み出すように洗います。

AGA治療のクリニック

発毛治療を受ける場合は病院の皮膚科を利用するのが一般的です。エステサロンなどでも発毛マッサージなどをしてくれる所もありますが、大事なのは薄毛の原因を特定することなので皮膚科が一番適しています。また皮膚科の治療は保険適用なので治療費が安いので人気があります。エステや美容皮膚科などは保険適用にならないので料金は高くなります。また発毛治療の場合、皮膚科以外では頭髪治療専門クリニックがあります。皮膚科の診察で薄毛の原因がわかった場合、発毛促進のために頭髪治療専門クリニックを紹介してもらうことも可能です。このような専門クリニックではAGAと呼ばれる薄毛の治療を専門に行っています。最新の治療を行うので発毛促進効果があります。

おすすめの記事