薄毛に悩む人の多くが、頭皮に毛髪を植えつけるという植毛治療を受けています。植えつける毛髪は、人工のものを選択することもできますし、自分の体に生えているものを選択することもできます。このうち後者を自毛植毛というのですが、人工のものを植毛した場合と異なり、抜けても再び発毛してくるため人気があります。そしてその自毛植毛の中でも、最近特に注目を集めているのが、毛根単位で移植をおこなうFUE法という方法です。従来の自毛植毛は、後頭部などの頭皮を毛根ごと採取して、それを薄毛となっている部分に移植するという方法でおこなわれていました。この方法だと、採取した部分で薄毛が生じるというデメリットがあったのですが、FUE法の場合、そのデメリットはありません。毛根を、特に多く集まっている部分からピンポイントでひとつずつ採取して、移植することができるからです。

FUE法で植毛をしてもらうには

また、FUE法による自毛植毛の場合、毛髪だけでなく体の他の部分に生えている体毛を移植できるというメリットもあります。それにより、頭部の薄毛による悩みだけでなく、体毛が濃いことによる悩みも一緒に解決させることができます。たとえば、胸の体毛が濃い人の場合、それを採取して頭部に移植することも可能なのです。そのためFUE法による自毛植毛には高い人気があるのですが、これをおこなっているクリニックは限られています。従来の方法での自毛植毛をおこなっているクリニックも、まだ多くあるのです。そのためFUE法による自毛植毛を希望する場合には、それをおこなっているかどうかをクリニックに確認することが必要になります。確認は、電話での問い合わせやクリニックのWEBサイトの閲覧をすることで、簡単におこなうことができます。

AGAの治療ができる医療機関には、発毛クリニックか一般の皮膚科クリニックがあります。本気でAGAを治したいなら、発毛クリニックのほうがお勧めです。発毛クリニックでは、きめ細かいカウンセリングや頭皮専門医による診察があり、オーダーメイドの発毛治療ができます。一方の一般の皮膚科では、プロペシアなどの飲み薬しか処方してくれないので、人によっては発毛効果がない場合もあります。東京都内であれば、高度な発毛治療をしている発毛クリニックが沢山あります。東京にある発毛クリニックでは、初回無料カウンセリングをしています。無料で頭皮の状態を頭皮専門医に診察してもらえて、治療についての詳しい説明も聞くことができます。

クリニックの治療の種類

東京の発毛クリニックで出来る治療には、飲み薬による治療、塗り薬による治療、育毛メソセラピー、自毛植毛などがあります。また、ヘッドマッサージや、アロマテラピーを利用した心理的なストレスの緩和療法などをしている所もあります。AGAになる原因は遺伝や男性ホルモンだけとは限らず、ストレス、睡眠不足、栄養不足、運動不足、喫煙などが原因になっている場合もあります。東京の発毛クリニックでは、血液検査や毛髪ミネラル検査、AGA遺伝子検査などで、AGAの原因を特定してくれます。原因が明確になれば、発毛治療もしやすくなります。発毛クリニックでは、健康状態も検査して、体に負担がかからない、安全な発毛治療をしてくれます。

AGAは遺伝子の影響を受ける事で男性ホルモンのテストステロンと体内酵素の5α-還元酵素が結びつき、強制脱毛ホルモンに変換される事で毛周期が狂い、長く伸びる毛髪が途中で抜けてしまう事で薄毛の症状を引き起こすと言われています。そのため、AGAの治療では5α-還元酵素を阻害する医薬品を処方して治療を行う事で毛周期が正しくなるため、抜け毛が減り発毛を期待することが出来るようになります。但し、発毛の効果は医薬品だけではなく、生活習慣の乱れや食生活の乱れなどにより効果が変わるのが特徴で、AGA治療を専門に行っている病院ではカウンセリングを行って生活習慣の乱れや食生活の乱れを改善するためのアドバイスを行うのが特徴です。

専門病院での治療の方法

AGA治療ではプロペシアと呼ばれている医薬品を処方して治療を行うケースが多く在ります。プロペシアはテストステロンを強制脱毛ホルモンに変換してしまう5α-還元酵素を阻害する作用が在るため、服用することで髪の毛が生えて来ると言った実感を得ることが出来ます。また、AGAの専門病院では患者さんの症状などに合わせて効果を持つ方法で治療を行うのが特徴です。最近は、HARG療法と呼ばれている、髪の毛の育成、頭皮環境に良いとされるHARGカクテルを頭皮に注入する治療法でAGAの症状を治すことが出来る方法を取り入れている病院も増えており、HARG療法は男性のAGAだけではなく、女性のFAGAに対しての効果も在ると言われています。

脱毛に悩む方は特に男性に多いですが、最近では医療技術の進歩で治療によって脱毛を大きく改善できるようになりました。その主な治療方法は自毛植毛と呼ばれる方法で、自分の毛髪を用います。自毛植毛では料金の負担の軽減と、自宅でのケアという工夫が大切です。自毛植毛は一般的に数十万の費用が掛かることが多いですが、ほとんどのクリニックが勧めている医療ローンの活用で負担を減らすことができます。医療ローンでは自毛植毛の手術費用を分割して支払うことができるため、月々に経済面での負担を分散させることができます。自分の頭髪を移植する自毛植毛では、移植後にゆっくりと毛髪が成長していくため、頭皮のマッサージや睡眠をしっかり取るなど、十分なケアをすることも大切です。

脱毛治療が人気の理由

自毛植毛が脱毛治療の主流となって人気を博しているのには、確実な効果・安全性と少ない通院回数という理由が挙げられます。側頭部や後頭部など、脱毛が起こりづらいと言われている毛髪を移植する自毛植毛では、移植部分で確実に毛髪が成長します。更に、移植する毛は自分の頭皮にあったものなので、拒絶反応を起こすことなく安全性が確保されています。従来の人工植毛と呼ばれる方法では、頭皮に合わないなどの副作用が起こることもあり、定期的な通院が必要でした。一方で、自毛植毛は安全性の高さから手術後の通院回数が比較的少ないという特徴があります。通院回数が少ないと診察費用が節約できるため、自毛植毛は経済的な面からも人気となっています。

一度始まれば一生付き合うことになる薄毛は、なかなか良い方向へ向かわせるのが困難です。そして何より薄毛治療に欠かせないのは、自らの努力と、医療技術です。努力面では、ストレスを解消したり髪の毛を労わるなど、根本的な部分を補います。医療技術面では、育毛・発毛といった、努力だけでは改善できない部分を補います。さて、最近では薄毛専門外来などのほかに、皮膚科でも発毛治療が出来るようになっています。薄毛専門外来は総合病院に入っていることが多く、待ち時間が非常に長くなってしまいます。しかし皮膚科での治療なら、皮膚科専門病院へ行けば良いので、待ち時間を短縮する事が出来ます。長期的に通う事が必要になってくるので、待ち時間を短縮できる皮膚科での治療は人気となっています。

まずは自分に合う場所探し

一口に皮膚科で治療すると言っても、例えば飲み薬が強い病院と、塗り薬が強い病院など様々なタイプが混在しています。発毛治療・育毛治療、頭皮マッサージなど、様々な治療方法を取り扱っているので、まずは色々な病院を巡って自分の治療スタイルに合う場所を探しましょう。例えば発毛なら、塗り薬と頭皮マッサージが有名なところを探し、育毛なら飲み薬と頭皮マッサージなど、治療方法も様々です。初診から治療が始まるパターンは少ないので、まずは「どんな治療方法が合っているのか知りたい」旨を、医師に伝えておくと良いでしょう。なかなか人前で治療内容を言うのは難しいかもしれませんが、なるべく頭皮や毛髪の状態、そして普段の抜け毛量なども細かく伝えましょう。

おすすめの記事