まつ毛美容液は、メーカーごとに使い方に違いがあるため、どの方法で使えば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、まつ毛美容液のスタンダードな使い方について調べてみました!

まつ毛美容液だけでなく、まつ毛育毛剤の使い方についても特別に調査。

育毛剤の使用を考えている人も、一度目を通してみて下さい!

まつ毛美容液の使い方

マスカラ画像

ステップ1:上まつ毛の外側にスッと塗る

美容液の塗り方1

https://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_eyelash

まず初めに行うのが、目頭から目じりにかけてのアイラインに塗ること。

アイライナーを引く要領で、まつ毛の生え際にスッと引くのがコツです。

美容液をまつ毛の根元につけるため、まぶたの裏側に塗ろうとする人もいますが、美容液が目に入りやすくなるので注意が必要です。

また、美容液をたくさんつけた状態でつけると、付けたあとに美容液が垂れて目に入ってしまいます。

使用する前に、余分な量の美容液を容器に戻して、つけても垂れないくらいの量を調整すると良いでしょう。

ステップ2:上まつ毛の毛先を丁寧に塗る

美容液の塗り方2

https://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_eyelash

アイラインを塗った後は、マスカラを使う要領で、まつ毛の根元から毛先に美容液を塗ります。

美容液にはまつ毛のハリ・コシをケアする成分も含まれているので、根本だけじゃなくまつ毛自体にも塗っていくわけです。

注意してほしいのが、根本のギリギリまで塗ろうとすること。

根元のギリギリに美容液を塗ろうとすると、美容液が目に入りやすくなるほか、ブラシやチップの先端が目に接触しやすくなります。

マスカラを使う時と同じように、目の近くは避け、毛先を中心にケアすると良いでしょう。

ステップ3:下まつ毛の毛先を慎重に塗る

美容液の塗り方3

https://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_eyelash

上まつ毛のケアが終わった後は、下まつ毛にも美容液を塗ります。

こちらもマスカラを塗る要領で、毛先にかけてまつ毛に塗っていきましょう。

下まつ毛の外側を塗ろうとする人もいますが、ブラシやチップが目に入りやすいため、そういった塗り方はやめておきましょう。

まつ毛育毛剤の使い方

まつ毛の画像

ステップ1:ブラシの上に1滴育毛剤を落とす

育毛剤の塗り方1

http://vst-beauty.jp/glashvista/consumer/pc/process/index03.html

グラッシュビスタ®の場合、ブラシに育毛剤を付けてから使用します。

ブラシに着ける育毛剤の量は1滴のみ。1滴以上ブラシにつけると、使用する時に育毛剤が垂れてしまう恐れがあります。

育毛剤をつけすぎると、まぶたの色素沈着のリスクが高くなるので、必要量以上はつけないようにしましょう。

ステップ2:まつ毛の生え際に育毛剤を塗る

育毛剤の塗り方2

http://vst-beauty.jp/glashvista/consumer/pc/process/index03.html

美容液と同じように、アイラインに沿って上まつ毛の外側に育毛剤を塗ります。

目頭から目じりにかけて、アイラインからはみ出ないよう気を付けながら塗りましょう。

注意してほしいのが、美容液のように上まつ毛・下まつ毛に直接塗らないようにすること。

育毛剤は余分に塗ると、まぶたの色素沈着や黒目の色素沈着のリスクが増してしまいます。

塗るときは、アイライン以外の場所は塗らないようにしましょう。

ステップ3:余分な育毛剤をふき取る

育毛剤の塗り方3

http://vst-beauty.jp/glashvista/consumer/pc/process/index03.html

まつ毛育毛剤は、美容液よりもまつ毛を成長させる高い効果があります。

しかし、効果があるということは反面、副作用も強いということ。

まつ毛育毛剤は、まぶたにつくと色素沈着などの副作用が現れるため、まつ毛以外についた育毛剤はキレイに拭き取りましょう。

拭き取る時は、ティッシュを使用するか、綿棒を使っても効果的です。

ステップ4:使ったブラシを捨てる

育毛剤の塗り方4

http://vst-beauty.jp/glashvista/consumer/pc/process/index03.html

まつ毛育毛剤の場合、使用するブラシは全て使い捨てです。

ブラシは片目に使ったら捨てるので、両目に使用する場合は2つのブラシを使うことになります。

育毛剤が処方された時、使用回数分のブラシもくれるので、使った後は遠慮せず捨てるようにしましょう。

こんな時はどうする?美容液・育毛剤Q&A

クエスチョン画像

Q:目に入った時はどうすればいいの?

 

A:水で洗い流すか、目薬を使用して対処してください。

育毛剤は目に入ると、虹彩(瞳孔周りの黒目の部分)が色素沈着してしまう恐れがあります。目に入った場合はすぐに水で洗い流しましょう。

美容液は育毛剤ほど強い副作用は現れませんが、目に入ることで刺激を感じたり、雑菌が入り込むことで炎症が起きたりする可能性があります。

育毛剤と同じく水で洗い流すか、人工涙液の目薬で洗い流すとよいでしょう。

Q:使うとどうしても液が目に入っちゃうんですが、どう使えばいいの?

 

A:上まぶたのアイラインにのみ塗る方法をオススメします。

まぶたの内側部分や、下まつげ部分を塗るのは非常に難しく、慣れている人でも液が目に入ってしまうことがあります。

まぶたに液を入れないようにするには、まつ毛育毛剤と同じく、上まぶたのアイラインにのみつけるとよいでしょう。

アイラインに塗った後、しばらく目を閉じることで、液を下まつげにもつけることができます。

Q:使うたびに美容液がたれて目に入ってしまいます。液だれせずに使う方法が知りたいです。

 

A:筆タイプのアプリケーターを使うか、とろみのある美容液を使うとよいでしょう。

アプリケーターとは、マスカラのブラシ部分のように、まつ毛に直接塗る部分のことです。

筆タイプのアプリケーターは、量の調節がしやすいため、使い慣れれば垂れる心配はありません。

また、まつ毛美容液の多くは液だれを防ぐため、とろみのある商品が多いです。

サラサラタイプの美容液を使っているなら、とろみのある美容液に切り替えても良いかもしれません。

他にも、上記した「上まつ毛だけに塗る」といった方法も、液だれを防ぐ方法としてオススメです。

Q:まつ毛美容液の効果をもっと高める方法ってあるんですか?

 

A:ホットタオルで目元を温める方法や、まつ育マッサージがオススメです。

まつ育の効果をさらに高めるには、まぶた周辺の血行を促進する方法が一番。

血行促進により、まつ毛を成長させる細胞に栄養を与え、まつ毛の成長を促すことができるでしょう。

血行促進させる方法は、ホットタオルを目元に載せて温める方法と、まぶた周辺のマッサージをして血行を良くする方法が挙げられます。

ただし、まぶたに直接マッサージをすると、眼瞼下垂などのリスクもあるため、マッサージする時はまぶたに触れないように注意しましょう。

Q:まつげ美容液を使っている間でも、マスカラやつけま、まつエクをして大丈夫?

 

A:特に問題はありません。

ただし、マスカラやつけまつげをつけた後に使用するのは避けましょう。

美容液が垂れてしまった場合、マスカラの成分やつけまつげののり成分が目に入ってしまう恐れがあります。

まつエクの場合も、接着剤成分が目に入る恐れがあるので、まつエクをしている間は美容液のつけすぎに注意しましょう。

育毛剤を使用している場合、副作用でまぶた周辺が敏感になっている可能性があるため、できるだけマスカラ・つけまつげ・まつエクを使用するのは避けましょう。

Q:まつ毛美容液をつける時はメガネを外さないといけないんですが、メガネを外すと上手くつけられません。どうしたらいいでしょう?

 

A:アイメイク用のメガネの購入をオススメします。

コンタクトレンズの使用が嫌な人、またはドライアイ・アレルギーなどの問題でコンタクトレンズが使えない人の場合、こうした悩みを持つことが多いはず。

そういった人にオススメできるのが、アイメイクのメガネです。

アイメイク用メガネ

https://www.glafas.com/news/flame_news/101215zoff_makeupframe.html

このメガネはレンズ部分を外すことができるのが特徴。

片方のレンズだけを外せば、もう片方の目で見ながら美容液を付けられます。

Q:まつげ美容液を使うと、目の異物感や強いかゆみが出てきます。この症状を抑える方法ってありますか?

 

A:目の周囲を冷やすと良いかもしれません。

肌が敏感な人の場合、まつ毛美容液を使うと目の異物感やかゆみなどが現れることがあります。

これらの症状は、美容液の刺激でまぶたの周囲に炎症が起きることが原因。

そのため、目の周りを濡らしたタオルや、冷却効果のあるアイマスクで冷やすことで、症状をある程度抑えることができるでしょう。

育毛剤を使用してこれらの症状が起きた場合も、目の周囲を冷やすなどの対処が効果的です。

ただし、育毛剤の場合は放置すると重大な副作用が現れる可能性があるので、症状が続く場合は必ず医師に相談しましょう。

Q:育毛剤を使うとまぶたが色素沈着すると聞きました。沈着させない方法はあるのでしょうか?

 

A:あらかじめワセリンを塗っておくことをオススメします。

まぶたの周囲にワセリンを塗ることで、育毛剤がまぶたに付いてしまっても、肌に吸収されることを防ぐことができます。

育毛剤を使用する前に、綿棒で上まぶた、目の下を塗っておくと良いでしょう。

ただし、これはあくまで色素沈着の予防方法ですので、使ったからといって確実に色素沈着を防げるわけではありません。

色素沈着を防ぐには、育毛剤の使う量・塗り方などを正しく理解した上で使用するのが一番だといえます。

Q:育毛剤って使っちゃダメな人っていますか?妊娠中の人は使っちゃダメって聞きましたが…

 

A:妊娠中の人・目の手術を受けた人・何らかの薬の服用を続けている人・過去使用中に過敏な症状が出た人は使用を避けましょう。

まつ毛育毛剤のグラッシュビスタ®の場合、以下の人の使用が禁止されています。

  • 妊娠中の女性…動物実験で胎児に悪影響が及ぼされたため、人にも問題がある可能性があります。
  • 使用前に目の手術を受けた人…目の病気の治療や、人工水晶体の挿入などの手術を受けたことがある場合、強い副作用が現れる可能性があります。
  • 何らかの薬を服用し続けている人…まつ毛育毛剤は、併用ができない薬もあります。何らかの薬を飲んでいる場合、必ず医師に相談しましょう。
  • 過去に使用中、強い痛みやかゆみなどの症状が出た人…まつ毛育毛剤の成分に、強いアレルギー反応を起こしている可能性があります。

まつ毛育毛剤は医薬品であるため、使用する場合はきちんと用法・用量を守らなければなりません。

使用するにあたって心配な事柄がある人は、必ず医師に相談しておきましょう。

まとめ

笑顔の女性

まつ毛美容液・育毛剤はそれぞれ塗り方が異なります。

使用する前に、それぞれの使い方をきちんと確認しておきましょう。

特に医薬品である育毛剤の場合、使用においてさまざまな点に注意しなければいけません。

海外からの輸入品は避け、きちんとしたクリニックで処方してもらい、使い方についてしっかり学びましょう。

おすすめの記事